札幌市北海道立総合体育センター きたえーるへアクセス

北海道立総合体育センター(ほっかいどうりつそうごうたいいくせんたー)は、北海道札幌市豊平区豊平5条にあるスポーツ施設です。

愛称は「きたえーる」です。


札幌中島体育センター別館の老朽化に伴い豊平墓地跡地への移築・改築が進められ2000年2月にオープンしました。

2006年バスケットボール世界選手権では、グループDの会場となりました。

2007年10月からは、日本バスケットボールリーグに新規参入するレラカムイ北海道のホームアリーナとして使用される予定であります。

(ただし、メインは月寒グリーンドームとなる模様)

きたえーるの由来は、「鍛える」と共に「北」・「エール」という言葉もかけています。

沿革としては、

2000年2月 - オープン

2006年 - 2006年バスケットボール世界選手権の会場となりました。

施設は、

メインアリーナ(3,886m2)

サブアリーナ(1,647m2)

弓道場(302m2)

剣道室(450m2)・柔道室(451m2)

フリークライミングウォール(15m)

トレーニング室

健康体力測定室

講堂・視聴覚室

研修室

スポーツ情報室・資料室

交通アクセスは、

札幌市営地下鉄東豊線豊平公園駅直結 です。



きたえーるのホームページへアクセス










タグ:きたえーる
posted by アリスト at 10:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 札幌
この記事へのコメント
きたえーるはレラカムイ北海道のホームアリーナではないですよ。
ホームアリーナは、つきさむグリーンドームです。
Posted by at 2007年06月30日 11:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。