札幌市中央区の国の重要文化財 豊平館

豊平館(ほうへいかん)は、札幌市中央区中島公園内にある西洋館です。


豊平館は、1880年、今の大通に面する位置に高級西洋ホテルとして開拓使が建造しました。

最初の利用者は明治天皇で、以後要人の宿泊、祝賀会、各種大会に用いられていました。

後に公会堂となり、第二次世界大戦中に日本軍、戦後にアメリカ軍に接収されました。

1958年に中島公園に移設され、以後は市営の結婚式場として利用されています。

国の重要文化財になっています。

平面積562.194m2。

豊平館の設計は、開拓使工業局営繕御用掛の安達喜幸により、工事は大岡助右衛門が請け負いました。

1879年に建築をはじめ、翌年11月に完成、12月3日に落成式が催されました。

完成当時、完全な西洋式のホテルは日本にほとんどなかったようです。

豊平館最初の宿泊客は明治天皇で、札幌行幸のとき、1881年8月30日から9月2日までの4日間、行在所に用いととうです。

これによって開拓使は面目をほどこし、豊平館の格式もあがりました。

同年11月6日に開拓使は旅館と料理店の経営を民間に委ねました。

しかし、天皇が泊まった2階客室に他の人を泊めることをはばかり、1階だけを利用させたため、ただでさえ少ない客室がさらに減ることになり、料金も高く、ホテルとしての利用は低調でありました。

中央の高官の宿泊のほか、祝賀会や各種式典の場として用いられました。

札幌市の発展とともに式典・大会会場の需要が高まったため、札幌市は1921年に宮内省に願い出て豊平館を譲り受け、1926年に豊平館の裏に新しい建物を作って連結しました。

豊平館と新しい建物は市の中心部にある公会堂として盛んに利用されました。

昭和初期に、明治天皇ゆかりの場所を聖跡(聖蹟)として崇拝する運動が現れると、豊平館もそのうちに数えられました。

この流れの延長で、1933年に国の史跡(史蹟)に指定されました。

豊平館は、第二次世界大戦中に北部軍に利用され、戦後にアメリカ軍に接収されました。

後にアメリカ軍が三越札幌支店を接収すると、三越にかわりの店舗として貸与されました。

アメリカ軍が近郊に建設したキャンプクロフォードに移転した1947年に、札幌市のもとに戻りました。

以後、新旧の建物は公民館、市民会館として利用されました。

長く大通公園の東の端にあった豊平館は、1957年に中島公園への移築のため解体されました。

跡地には新しい市民会館が建てられました。

移築の対象は明治時代からの古い建物だけで、翌年に建築当時の姿に近い形で復元されました。

以後の豊平館は、市営の結婚式場として利用されています。

この間、天皇崇拝にもとづく史跡指定は1948年に解除されたが、1964年に明治時代の歴史的建築物として改めて重要文化財に指定されました。



豊平館へアクセス





タグ:豊平館
posted by アリスト at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。