北海道ウトロ温泉 知床観光の拠点

ウトロ温泉(ウトロおんせん)は、北海道網走支庁管内斜里郡斜里町(旧蝦夷地、明治以降の旧北見国)にある温泉です。

別名を、知床温泉ともいわれています。

交通アクセスは、

鉄道 : 知床斜里駅よりバスで約60分です。

アクセス詳細としては
斜里バス

知床斜里駅より約60分

網走駅より約1時間50分

女満別空港より約2時間10分

網走バス(季節運行)

知床斜里駅より約45分

網走駅・網走バスターミナルより約1時間30分

女満別空港より約2時間

北海道中央バス・斜里バス(イーグルライナー)

札幌ターミナルより約7時間10分


泉質は、含重曹食塩泉、含ホウ酸食塩重曹泉

源泉温度61℃

ウトロ温泉の温泉街は、

知床半島の西岸、オホーツク海側に温泉地が存在します。

6軒のホテルが存在します。

他に、民宿などの中小規模の宿泊施設も多いです。

知床観光の拠点にもなっていることから、規模が大きいホテルが多いのが特徴であります。

共同浴場は一軒、「夕陽台の湯」が存在します。

オホーツク海を一望する露天風呂が有名であります。

隣には国設のキャンプ場が存在します。

ウトロ温泉に歴史は、

開湯は1971年(昭和46年)であります。

ボーリングを実施して源泉開発がされました。

なお、最初のボーリング時の源泉の1つは、高台にある温泉民宿の敷地内にあります。







タグ:ウトロ温泉
posted by アリスト at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。