北海道瀬石温泉

瀬石温泉(せせきおんせん)とは、北海道羅臼町にある温泉のことです。

カタカナでセセキ温泉と表記する場合もあります。

海岸線の際にあり、満潮時には海没することから珍しがられ、ガイドブックへの掲載やTV番組撮影などにより有名になりました。

交通アクセスは、

北海道道87号知床公園羅臼線を羅臼町市街地から北上。海側に大きな標柱を持つ駐車場が目印です。

泉質は、食塩泉。

泉源は40〜60度程度。

干満の影響のため、泉温は一定しないようです。

瀬石温泉の温泉街は周辺には漁師の番屋があるのみです。

自動販売機すらないようです。

注意点としては、

野湯ではあるが、羅臼町が近隣の漁業者に管理を委託している形態です。

24時間、自由に入れるということはできない(一部のガイドブックには、自由に入れることを匂わせる記述があることに注意)。

あくまでも入浴には、管理者に一言断りを入れ了解を得る必要があります。

入浴料は無料です。

開湯期間は不定期(夏期限定)で、干潮時のみの入浴可となります。

いつも、オープンしているとは限らないです。

確実に入りたいのであれば、羅臼町役場環境管理課に問い合わせをする必要があります。

瀬石温泉の標柱が立った駐車場はあるが、数台程度しか止められないです。

近隣の空き地、海岸付近の砂利のスペースはコンブ干場になっています。

車両の立ち入りはもちろんのこと焚き火、キャンプは厳禁であります。

浴槽が海没するたびゴミ取りなどの清掃が必要なこと、知床半島が世界自然遺産に指定後に観光客が激増しマナーが悪化するなど、管理上の負担は見かけ以上に大きいために、2006年には管理人が決まらず閉鎖寸前になりました。





タグ:瀬石温泉
posted by アリスト at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。