温泉饅頭

温泉饅頭(おんせんまんじゅう)とは、温泉地で売られている饅頭のことです。

主に白色または茶色の薄皮饅頭であります。

温泉饅頭の発祥地は、群馬県伊香保温泉という説があります。

明治時代、温泉地の名物となりうる甘味を開発する際に、薄皮饅頭が注目されました。

伊香保の源泉の色を再現するにあたり、当初は源泉や湯の花を配合したがいい結果が得られず、最終的に当時容易に手に入るようになりつつあった黒糖を利用し、茶褐色の饅頭が作られました。

温泉地で売られる饅頭、ということで「温泉饅頭」と呼ばれるようになり、温泉地の土産の定番として、あるいは旅館で出される茶菓子として定着していきました。

伊香保温泉で発祥した時点では温泉饅頭の原料、製造に温泉は全く関わっていなかったが、他の温泉地では源泉を配合したり、高温蒸気を用いて製造する場合もあります。

温泉蒸気を用いて饅頭を製造した例は、江戸時代に熱海温泉の源泉の一つ「風呂の湯」で行われた記録が残ります。

但し土産物としてではなく主食としての製造であります。


タグ:温泉饅頭
posted by アリスト at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 食材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

温泉まんじゅうをいっぱい集めました
Excerpt: 400円】 賞味期限 約4日間 保存方
Weblog: まんじゅうの思い入れ
Tracked: 2007-07-26 12:40
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。