札幌市札幌市電山鼻9条停留場周辺

山鼻9条停留場(やまはなくじょうていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市電山鼻線の停留場です。

山鼻線の通る西7丁目通と菊水旭山公園通との交差点に位置します。

本来この周辺は「西創成」地区であり、「山鼻」地区ではありません。

名称に山鼻が冠されているのは「山鼻線の9条」の意味と推測されます。

2004年4月に「創成小学校前」が「資生館小学校前」に改称され、「創成」のつく停留場がなくなったため、近隣住民には「西創成9条」などへの改称を求める声もあります。

当停留場から隣の「東本願寺前」までの間は、現存路線中では最も勾配の大きな区間となっています。

山鼻9条停留場周辺は、

札幌エクセルホテル東急
ノボテル札幌(旧ホテルアーサー札幌)
札幌パークホテル
札幌市営地下鉄南北線 (N09)「中島公園駅」(乗継指定駅)
などがあります。

山鼻9条停留場は、2面2線の対向式です。

交差点を挟んで南側(南9条西6丁目)にすすきの方面、北側(南8条西6丁目)に西4丁目方面の乗り場があり、安全地帯が設けられています。

安全地帯にはロードヒーティングが施され、上屋が設置されています。

近隣のバス停留所
ジェイ・アール北海道バス「南9西7」があります。

山鼻9条停留場の歴史は、

1923年8月12日 開業。

1962年 山鼻9条停留場から中央保健所前停留場(ちゅうおうほけんじょまえ - )に改称しました。

1993年4月 札幌市中央保健所が移転したことに伴い、現在の名称に戻りました。




posted by アリスト at 16:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌市電
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。