北海道遺産 第1回選定分(2001年10月22日公表)

北海道遺産(ほっかいどういさん)とは、北海道に関係する自然・文化・産業などの中から、北海道遺産構想推進協議会によって選定されたものを指します。

現在52件が指定されています。

北海道遺産を活用することで、北海道民自身によって北海道に新たな活力を生み出す運動を北海道遺産構想と呼びます。

北海道遺産構想推進協議会は北海道遺産構想を推進するために設置された民間主体の機関であります。

北海道遺産の目的は、北海道ならではの価値を掘り起こし、観光などへ活用することによってそれらの価値をさらに高め、将来へ繋げていくことにあります。

歴史
1997年4月に、当時の堀達也北海道知事により提唱された「北の世界遺産構想」が始まりであります。

同年8月に北海道庁内に設置された「北の世界遺産推進方策検討プロジェクトチーム」により1999年5月に発表された報告書によって、北海道遺産構想の枠組みが出来上がりました。

1999年から2000年にかけて北海道が北海道遺産の候補を公募しました。

2001年に設立された北海道遺産構想推進協議会により北海道遺産が選定され、同年10月22日、応募総数約1万6000件の中から第1回選定分の25件が決定しました。

2003年、第2回選定分の候補が公募されました。

応募総数9107件の中から、2004年10月22日に第2回選定分27件が決定した。

第1回選定分(2001年10月22日公表)

旧士幌線 第五音更川橋梁 (2005年6月)

旧士幌線 タウシュベツ橋梁 (2005年9月)
稚内港北防波堤ドーム - 稚内市
留萌のニシン街道(佐賀番屋、旧花田家番屋、岡田屋と生活文化) - 留萌地域
増毛の歴史的建造群(駅前の歴史的建造群と増毛小学校) - 増毛町
空知の炭鉱関連施設と生活文化 - 空知地域
石狩川 - 流域48市町村
北海道大学 札幌農学校第2農場 - 札幌市
小樽みなとと防波堤 - 小樽市
京極のふきだし湧水 - 京極町
昭和新山国際雪合戦大会 - 壮瞥町
内浦湾沿岸の縄文文化遺跡群 - 南茅部町(現函館市)
姥神大神宮渡御祭と江差追分 - 江差町
上ノ国の中世の館(たて) - 上ノ国町
福山(松前)城と寺町 - 松前町
函館山と砲台跡 - 函館市
路面電車 - 函館市、札幌市 (札幌市電、函館市交通局を参照せよ)
螺湾(らわん)ブキ - 足寄町
旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群 - 上士幌町
霧多布湿原 - 浜中町
摩周湖 - 弟子屈町
根釧台地の格子状防風林 - 中標津町など
ワッカ/小清水原生花園 - 常呂町(現北見市)、小清水町
ピアソン記念館 - 北見市
アイヌ語地名 - 北海道各地
アイヌ文様 - 北海道各地
北海道のラーメン - 北海道各地



タグ:北海道遺産
posted by アリスト at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。