ジンギスカンは北海道の郷土料理 外で食べると特別に旨いです

ジンギスカンは、日本で発生した羊肉料理で、マトン(成羊肉)やラム(仔羊肉)を用いた焼肉料理の一種です。

「成吉思汗」という漢字名で表記されることもあります。

ジンギスカンの特徴

戦前に出現した当初は、酒の肴、おかずとして羊肉のみを焼いたものであり、戦後に至って野菜を加えて焼くようになりました。

後に野菜を敷いた上で羊肉を蒸し焼きにする方法や、うどんを入れる焼き方も行われるようになりました。

北海道の郷土料理として知られているが、他にも本州でも岩手県の県北沿岸部や遠野市、長野県上水内郡信州新町、岡山県真庭市の蒜山高原など、局地的に常食されている地域があります。

これらの地域では花見をはじめとした宴会や集会の打ち上げなどで食べられることが多く、俗に「盆・暮れ・正月・花見にジンギスカン」とまで言われています。

北海道では学生を中心にジンギスカンを肴に集まるパーティーを「ジンパ」と略して称するほど、親しまれています。

また「焼肉」がすなわちジンギスカンを指す場合すらあり、各種イベントには欠かすことができないものとなっています。

北海道を象徴する料理の一つとして、2004年10月22日、北海道遺産に選定されました。







posted by アリスト at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジンギスカン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。