北海道 ジンギスカン鍋 昔は家庭にありましたけど現在は家の中でジンギスカンする家庭は少ないですね

ジンギスカン鍋

調理には専用の鍋として、鉄の浅い帽子のような形をした鋳物製のジンギスカン鍋を用います。

ジンギスカン鍋の形は時代によって変化した。この種の鍋が現れた昭和初期の時点では、ストーブのロストル(火皿)のように平行の溝が設けられていました。

取っ手は無かったため、すき焼き鍋の鍋掴みに似た器具、若しくは鍋面にある専用の穴に栓抜き型の取っ手を差し込んで鍋を動かしました。

戦前のジンギスカン料理店「成吉思荘」の初期の鍋は特に大型だったようです。

移動させるときは氷屋の氷を運ぶ大きなやっとこのような専用の運搬具を使い、鉄製焜炉ごと運びました。

重すぎて女性の腕力では容易に運べず、運搬専門の男子を雇っていました。

戦後、鍋の頂上から周辺に向かって星形に溝が作られ、取っ手が両脇に付いた。さらに室内用やガス焜炉用に、なるべく煙が出ないよう単に凹凸をつけるだけで、火の中に肉から出る脂や肉汁を落とす隙間のない鍋も出現しました。

また、その周囲にドーナツ状になっている平坦な部分(汁溜り)に野菜を乗せることによって、焼く段階で、肉汁や脂肪分(調理法によっては肉から染み出したタレも)を野菜に染み込ませる調理法が定着してきました。

遠野市では、屋外でジンギスカンを調理する際、金属製のバケツに通風孔を開けたものを七輪代わりに使用することが多いようです。

このバケツはジンギスカンバケツと呼ばれています。

七輪と比べ、軽くて持ち運びが容易であり、ジンギスカン鍋の座りも良いです。

遠野市内の金物店では、最初からジンギスカン用に作られた穴あきバケツが売られています。


ジンギスカン鍋以外によるジンギスカン

近年の家庭ではジンギスカン鍋を使わずにホットプレートで代用されることも多く、花見など屋外の場合は焼肉用の金網、鉄板を使うこともあります。

この場合、材料以外には一般の焼肉や鉄板焼きとの差異は大きく見出しがたいです。

特異な鉄板代用の例としては、北海道の一部地域に波形トタン板を用いるスタイルがあったが、ジンギスカン鍋が安く入手できるようになった今も残っているとは考えにくいです。

どちらにしろ、七輪で焼いて食べるジンギスカンは、一番旨いです。

また、家の中より外で食べるジンギスカンは、最高ですね。


posted by アリスト at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(2) | ジンギスカン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

金子精肉店 和寒ジンギスカン(辛口)
Excerpt: 今日の昼は、父の知り合いから頂いた   金子精肉店   の   和寒ジンギスカン   を食べました。   先月買ってきた時は中辛でしたが、頂
Weblog: オザシンページ 〜気の向くままに独り言(^^;〜
Tracked: 2007-07-01 16:18


Excerpt: ジンギスカン鍋ジンギスカンは、日本で発生したヒツジ|羊肉料理で、マトン(成羊肉)やラム(仔羊肉)を用いた焼肉料理の一種。「成吉思汗」という漢字名で表記されることもある。.wikilis{font-si..
Weblog: 鍋物ファンよ!集まれ!
Tracked: 2007-08-08 12:59
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。