北海道ニセコ昆布温泉

ニセコ昆布温泉(にせここんぶおんせん)は、北海道後志支庁管内虻田郡ニセコ町、、北海道後志支庁管内磯谷郡蘭越町にある温泉で、ニセコ温泉郷の一つです。

交通アクセスは、

函館本線ニセコ駅からニセコバスで約20分くらいです。

泉質は、塩化物泉、炭酸水素塩泉

源泉温度39〜58℃

ニセコ昆布温泉の歴史

最古の歴史を持つ宿「鯉川温泉旅館」の開業は明治32年(1899年)であります。

昭和33年11月1日 - 厚生省告示第327号により、ニセコ温泉郷の一部として国民保養温泉地に指定されています。








posted by アリスト at 13:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
はじめまして♪

私のブログにトラバしてくださってありがとうございます。

昨年話題だった地価が日本一高騰したというニセコ町の景色も興味シンシンで見ごたえがありました。

冬はスキーが楽しめますが新緑の中の散歩も気持ちが良くって・・・・

カッコーが鳴いていたりして♪

ニセコ甘露水もお勧めしょうかな

ホテル「甘露の森」のすぐ近所の羊蹄山からの湧き水、冷たくって美味しくて自然の恵みですね。
Posted by バカボンボン at 2007年07月07日 01:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。