北海道三石温泉

三石温泉(みついしおんせん)は、北海道日高支庁管内日高郡新ひだか町(旧蝦夷地、明治以降の旧日高国)にある温泉です。

交通アクセスは、

鉄道:日高本線日高三石駅よりバスで約15分くらい。

泉質は、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

源泉温度12℃の冷鉱泉であります。

湧出量毎分22リットル

源泉は茶褐色のにごり湯であります。

三石温泉の温泉街は、国道235号の道の駅みついしの近く、海岸沿いに日帰り入浴施設および宿である「みついし昆布温泉 蔵三」が存在します。

両施設は併設かつ建物はつながっています。

三石温泉の歴史

1979年-開湯です。

「三石温泉老人福祉センター」および宿である「三石温泉はまなす荘」開設 しました。

2005年-立替が行なわれ、「みついし昆布温泉 蔵三」としてオープンしました。





タグ:三石温泉
posted by アリスト at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

北海道移住者情報@新ひだか町 【北海道・旅行移住計画】
Excerpt: ◆北海道の旅行情報、移住情報をお届けしています、あべん@北海道です♪ 今回は、北海道新聞に、新ひだか町の移住促進事業である「お試し移住」を体験されたご夫婦のお話です。 新ひだか..
Weblog: 北海道・旅行・移住計画【北海道を愛す人へ】
Tracked: 2007-07-05 17:41
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。