北海道洞爺湖温泉

洞爺湖温泉(とうやこおんせん)は、北海道胆振支庁管内虻田郡洞爺湖町(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国、旧虻田町)にある温泉です。

交通アクセスは、

自動車利用の場合、高速道路経由であれば道央自動車道・虻田洞爺湖ICが近いです。

一般道経由の場合、西側に国道230号、東側に国道453号が通じています。

路線バスは道南バスが乗り入れています。

洞爺駅より約20分、室蘭市より約2時間、札幌駅より約2時間40分くらいです。

泉質は、ナトリウム・カルシウム - 塩化物泉

毎分2000リットルの湧出量があります。

洞爺湖温泉の温泉街は、

洞爺湖湖畔に温泉街が広がります。

洞爺湖温泉のほかにも、壮瞥温泉、財田温泉、洞爺温泉、洞爺村温泉、仲洞爺温泉などの温泉が洞爺湖畔に存在します。

洞爺湖温泉が中心地であり、旅館ホテルの数も多いです。

遊覧船の発着場であり、観光の中心地となっています。

2000年の有珠山の噴火で出来た噴火口が温泉街の間近に存在します。

温泉街では、2005年4月20日から同年8月末までの間、手湯、足湯を巡るスタンプラリーが開催されています。

スタンプラリーに参加し、その後懸賞に応募することで懸賞品を手にすることが出来ます。

洞爺湖温泉の歴史は、

開湯は1917年であります。

洞爺湖の湖水が熱い場所があることを知った三松正夫、杉山春巳、安西岩吉の3人が、湖岸で43℃の源泉を発見したことが温泉の始まりであります。

その後、北海道庁から温泉利用許可を取得し、「竜湖館」という旅館を開業されました。

開湯当初は「床丹温泉」という名前であったが、後に湖名に因んで洞爺湖温泉となりました。





タグ:洞爺湖温泉
posted by アリスト at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。