北海道北湯沢温泉

北湯沢温泉(きたゆざわおんせん)は、北海道胆振支庁管内伊達市(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉であります。

交通アクセスは、

道南バス「北湯沢温泉」(国鉄・胆振線廃止代替バス)

室蘭本線・伊達紋別駅から約50分

函館本線・倶知安駅から約1時間30分

泉質は、

硫黄泉

硫化水素泉

単純泉

源泉温度70〜93 ℃

源泉は長流川の川底から湧出している箇所があります。

温北湯沢温泉の泉街は、

国道453号の長流川沿いに温泉街が広がります。

旅館は8軒存在すします。

共同浴場は存在しません。

日帰り入浴は旅館の日帰り入浴のみで可能であります。

北湯沢温泉の歴史は、

昭和32年(1957年)9月27日 - 厚生省告示第310号により国民保養温泉地に指定されました。





タグ:北湯沢温泉
posted by アリスト at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。