北海道雷電温泉

雷電温泉(らいでんおんせん)は、北海道後志支庁管内岩内郡岩内町(旧蝦夷地、明治以降の旧後志国)にある温泉です。

雷電温泉郷とも呼ばれます。


交通アクセスは、

鉄道:函館本線小樽駅よりバスで約90分で岩内バスターミナルへ。

そこからタクシーで約10分くらいです。

泉質は、石膏泉

源泉温度54℃

雷電温泉の温泉街は、

日本海に面した国道229号沿いに、3軒の旅館ホテルが存在します。

近くには刀掛岩などの景勝地であり、また義経や弁慶にまつわる伝説も残ります。

地名の雷電の由来は、この地にやってきた義経がアイヌの酋長チパの娘メヌカと別れる際に「来年戻る」と言ったとされ、来年が訛って雷電となったとされています。

雷電温泉の歴史は、

温泉宿が開業したのは、当地に国道が開通した昭和40年代であります。










タグ:雷電温泉
posted by アリスト at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。