北海道湯の川温泉

湯の川温泉(ゆのかわおんせん)は、北海道渡島支庁管内函館市(旧蝦夷地、明治以降の旧渡島国)にある温泉です。

交通アクセスは、

鉄道:函館市交通局湯の川温泉駅、または湯の川駅下車すぐです。

泉質は、

ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

湯の川温泉の温泉街は、

函館市街の北東部、函館空港、函館競馬場近くの海岸沿いに温泉街が広がります。

ホテル、旅館の数は多く、28軒存在します。

公衆浴場は3軒、日の出湯・長生湯・永寿湯が存在します。

どれも地元の人が多く通う浴場であります。

中でも永寿湯は湯の温度が40〜45度と熱いので有名です。

湯の川温泉の歴史は、

開湯は1653年であります。

松前藩主の息子(後の松前高広)の病気療養場所を探した際に発見されたと言われています。









タグ:湯の川温泉
posted by アリスト at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。