道の駅 だて歴史の杜

道の駅だて歴史の杜

道の駅だて歴史の杜(みちのえき だてれきしのもり)は、北海道伊達市にある道の駅であります。

駅内には、伊達市の名産の藍を用いた「藍工房」や道内では数少ない刀匠がいる「刀鍛冶工房」、伊達市に縁のある直木賞作家宮尾登美子の文学記念館があり、多くのドライバーや観光客を集めています。

01065 だて歴史の杜

道路名 国道37号
登録 第16回・2000年8月18日
開駅 2000年8月18日
営業時間 9:00〜18:00
所在地 〒052-0022 北海道
伊達市梅本町57番地1
電話番号 0142-25-5567

道の駅だて歴史の杜へのアクセス

室蘭市内より約30km

札幌市内より約120km

長万部町内より約65km

道の駅だて歴史の杜主な施設

駐車場
普通車:84台
大型車:14台
身障者用:4台

トイレ
男:大 5器(3器) 小 9器(5器)
女:9器(5器)
身障者用:1器(1器)
※()内は24時間使用可能

公衆電話:1

宮尾登美子文学記念館

観光物産館「黎明観」

藍工房

刀鍛冶工房

観光物産館

レストラン

総合公園「だて歴史の杜」

道の駅だて歴史の杜周辺

伊達紋別駅

伊達市開拓記念館

有珠善光寺

北黄金貝塚


posted by アリスト at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道の駅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。