阿寒バス 路線 都市間路線

阿寒バス

阿寒バス株式会社 路線 都市間路線

乗り入れる市町村
釧路市、白糠町、札幌市、津別町、北見市、上川町、愛別町、当麻町、旭川市、標茶町、中標津町、標津町、羅臼町、斜里町、鶴居村、弟子屈町、美幌町、大空町、網走市

都市間路線

「スターライト釧路号」用車両スターライト釧路号 釧路・白糠・音別〜札幌(くしろバス・北海道中央バスと共同運行)

サンライズ旭川釧路号 釧路・阿寒〜津別〜温根湯温泉・層雲峡温泉・旭川(道北バスと共同運行)

特急釧北号 釧路・阿寒〜津別〜北見(北海道北見バスと共同運行)

空港連絡路線

釧路空港連絡 釧路MOOバスターミナル - 釧路駅 - 大楽毛駅 - 釧路空港

阿寒湖シャトル 阿寒湖温泉 - 阿寒湖 - 釧路空港

女満別空港連絡 美幌北2丁目 - 美幌駅 - 女満別空港

一般路線

釧路市内

栄町6丁目 - 鳥取分岐
釧路駅 - 鳥取分岐 - 釧路西高校 - 大楽毛駅 - 高専
釧路駅 - 鳥取分岐 - イオン釧路 - 大楽毛駅 - 高専
釧路駅 - 鳥取分岐 - 釧路西高校 - 昭和 - 釧路北病院
釧路駅 - 鳥取分岐 - イオン釧路 - 昭和 - 釧路北病院

釧路〜近郊・市外

市立病院 - 釧路駅 - 別保 - 共春 - 中標津 - 標津 - 峰浜 - 羅臼
釧路駅 - 鳥取分岐 - 大楽毛駅 - 釧路空港 - 鶴公園 - 阿寒町 - 阿寒湖
市立病院 - 釧路駅 - 鳥取分岐 - 中鶴野 - 動物園 - 山花温泉 - 阿寒町 - 布伏内
市立病院 - 釧路駅 - 鳥取分岐 - 大楽毛駅 - 鶴公園 - 阿寒町 - 布伏内
釧路駅 - イオン - 鳥取分岐 - 鶴野 - 動物園 - 山花温泉
釧路駅 - イオン - 鳥取分岐 - 大楽毛駅 - 釧路空港 - 動物園 - 山花温泉
市立病院 - 釧路駅 - 鳥取分岐 - 鶴野 - 湿原展望台 - 夢の杜団地 - 鶴居 - つるい保養センター
市立病院 - 鳥取分岐 - 中鶴野 - 湿原展望台 - 夢の杜団地 - 鶴居 - つるい保養センター
市立病院 - 釧路駅 - 鳥取分岐 - 鶴野 - 湿原展望台 - 夢の杜団地 - 中幌呂 - 新幌呂

標茶・中標津・標津・羅臼

標茶駅 - 西春別 - 計根別 - 中標津 - 川北 - 標津(JR北海道標津線廃止代替)
中標津役場 - 中標津 - 標津
西町団地 - 中標津 - 団地中央
中標津 - 計根別 - 中標津農高
標津 - 尾岱沼 - 白鳥台
羅臼 - 羅臼温泉 - 知床峠 - ウトロ(4月〜10月、斜里バスと共同運行)
羅臼 - 岩見橋詰
羅臼 - 植別橋

弟子屈・川湯

弟子屈高校 - 摩周温泉 - 美留和 - 川湯温泉
摩周温泉 - 屈斜路プリンスホテル - 和琴半島 - 摩周温泉
倖和園 - 鐺別温泉 - 弟子屈高校正門 - 摩周温泉 - 摩周駅 - 遊園地 - 下鐺別
摩周駅 - 摩周温泉 - 摩周湖第1展望台
川湯温泉駅 - 川湯温泉

阿寒湖・美幌

阿寒湖 - 摩周駅 - 摩周湖第1展望台 - 川湯温泉 - 屈斜路湖(砂湯) - 美幌峠 - 美幌駅 - 女満別空港 - 網走駅
知床ウトロ号・阿寒号 阿寒湖 - 摩周駅 - 摩周湖第1展望台 - 川湯温泉 - 屈斜路湖 - 美幌峠 - 美幌駅 - 女満別空港 - 網走駅 - 網走バスターミナル - 知床斜里駅 - ウトロ(網走バスと共同運行)
阿寒湖 - 北見相生 - 津別 - 活汲 - 美幌駅 - 女満別空港 - 網走駅
阿寒湖 - 雌阿寒温泉 - オンネトー - キャンプ場(オンネトー湯の滝入口)
美幌駅 - 美幌北2丁目 - 峠の湯 - 古梅
美幌駅 - 美幌北2丁目 - 美幌町役場 - 自衛隊官舎 - 青山 - 美幌南3丁目 - 鳥里南公園 - 美幌駅

主な廃止路線

釧路駅 - 釧路空港 - 鶴公園 - 阿寒町 - 阿寒湖 - 津別 - 美幌駅
市立病院 - 釧路駅 - 鶴野 - 湿原展望台 - 鶴居 - 摩周温泉 - 美留和 - 川湯温泉
現在は冬期のみ「ひがし北海道周遊バス」として、釧路駅 - 鶴見台 - 摩周温泉 - 川湯温泉を運行
川湯温泉 - 藻琴山 - 藻琴山温泉 - 東藻琴(網走交通(現網走交通バス)と共同運行)
川湯温泉 - 美留和 - 摩周温泉 - 磯分内 - 標茶駅
市立病院 - 釧路駅 - 標茶駅 - 中標津ターミナル - 標津
中標津空港連絡 中標津 - 中標津空港(根室交通の根室 - 中標津 - 中標津空港便に統合)

車両

創業以来の丹頂鶴が羽ばたく姿に「Welcome to Akan」または「Welcome to Akan Shiretoko」の文字が描かれるカラーリングが特記されています。

最近では知床カラー(2007年7月現在、ワンステップバス・ノンステップバスのみ)や、まりもカラーも登場しています。

観光タイプの車両も多いが、釧路市内では都市型の路線車も多く導入されています。

近年は、低床車(ワンステップバス・ノンステップバス)も積極的に導入しており、標津線廃止代替路線を中心に運用されています。

貸切車については、全車両が東北海道貸切バス事業協同組合の共通色となっています。


posted by アリスト at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。