北海道拓殖バス 本社所在地は河東郡音更町 帯広市内と、河東郡を中心に路線バスを運行している他、空港連絡バス、都市間バスも運行

北海道拓殖バス

北海道拓殖バス(ほっかいどうたくしょく - )は、北海道十勝支庁を中心に運営するバス会社です。

本社所在地は河東郡音更町然別北5線西37。

概要
北海道拓殖鉄道は1928年12月15日に新得〜鹿追で鉄道事業を開始しました。

後に上士幌まで延長されたが、大東亜戦争後に、廃止がはじまり、1968年には全線廃止になっています。

なお、会社そのものは、運送業者として現在も存続しています。

一方バス事業は、戦前は傍系会社の北海道拓殖自動車が運営していたが、1944年5月に帯広乗合自動車(現:十勝バス)に統合されました。

しかし1952年同社が分割され、北海道拓殖鉄道が一部路線を譲受して営業再開しました。

その後1960年12月に子会社の当社が設立され、翌1961年1月にバス事業を譲渡されました。

現在は帯広市内と、河東郡を中心に路線バスを運行している他、空港連絡バス、都市間バスも運行しています。

営業所・案内所

本社営業所
上士幌営業所
鹿追営業所
新得営業所
帯広駅バスターミナル案内所

主要路線

ポテトライナー

(芽室経由) 十勝川温泉 - 帯広 - 芽室 - 清水 - 大谷地 - 札幌

(音更経由) 帯広 - 木野 - 音更 - 大谷地 - 札幌

北海道中央バス、北都交通、ジェイ・アール北海道バス、十勝バス共同運行

ノースライナー

帯広 - 芽室 - 清水 - 新得 - 幾寅 - 富良野 - 上富良野 - 美瑛 - 旭川

道北バス、十勝バス共同運行。

ノースライナーみくに号

帯広 - 音更 - 上士幌 - 糠平 - 十勝三股 - 層雲峡 - 上川 - 旭川

道北バス、十勝バス共同運行。

糠平〜十勝三股間は、国鉄士幌線廃止代替バスとしての扱いも兼ねています。

エアポートシャトル

帯広市内ホテル - とかち帯広空港

上士幌線(国鉄士幌線廃止代替バス)

帯広駅バスターミナル - 音更 - 士幌 - 上士幌 - 上士幌営業所
鹿追然別湖線

帯広駅バスターミナル - 音更 - 鹿追営業所 - 瓜幕 - 然別湖
鹿追新得線

帯広駅バスターミナル - 音更 - 鹿追営業所 - 新得駅前 - 南新得

その他

北海道旅客鉄道自動車事業部(現ジェイ・アール北海道バス)帯広営業所廃止の際に一部路線を引き継いで運行しています。

子会社のたくしょく交通に一部路線を譲渡したが、2005年2月より再度北海道拓殖バスの運行に戻っています。

2005年9月で上士幌〜足寄間、足寄案内所が廃止となりました。


posted by アリスト at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。