網走交通バス 東急グループに所属 網走郡大空町(旧東藻琴村)を中心に運営するバス会社

網走交通バス

網走交通バス(あばしりこうつう - )は北海道網走郡大空町(旧東藻琴村)を中心に運営するバス会社です。

東急グループに所属しています。

概要

同社のルーツは戦前、東藻琴地区の入植者の足として北海道庁が建設した殖民軌道であります。

実際の管理は沿線利用者らで組織する運行組合が行ったが、戦後、運行組合は並行するバス路線を買収し、旅客はバス、貨物は軌道と、客貨分離を実施しました。

1950年に会社組織として東藻琴交通会社が設立された(後に網走交通株式会社)に社名変更)。

このような経緯から、同社はバスとともに東藻琴村営軌道の受託運行も行っていました。

東藻琴村営軌道はもっぱら貨物輸送を行っていたが、1960年に自走客車(レールバス)が導入され、同社によって旅客輸送が再開されたものの、1965年に廃止されました。

バスはかつて東藻琴〜川湯温泉、東藻琴〜美幌駅〜北見なども運行し、一時は三菱鉱業が美唄、夕張の旧炭鉱地区で運行していた美鉄バス(旧美唄鉄道)を傘下に収めたが、川湯線は1990年代半ばに、美幌線は2004年に相次いで休廃止され、現在運行しているのは旧村営軌道を網走まで延長した路線のみであります。


本社・営業所

本社    網走郡大空町東藻琴北1区

千歳営業所 千歳市豊里2丁目9-2


路線

網走線

原紺商店〜バス会社前〜北区〜東小学校〜藻琴駅〜網走バスターミナル〜網走駅

平日5.5往復、土曜・日曜・祝日・学校休校期間3往復
山園線

バス会社前〜原紺商店〜宮前〜末広〜藻琴山温泉〜山園

平日2往復、土曜・日曜・祝日・学校休校期間は運休

その他

網走線網走行は整理券番号が16番から始まりました。

これは川湯線があった時の名残で、運賃表には現在も川湯からの運賃が表示されています。

網走バスと経路重複(藻琴駅〜大橋商店前〜網走バスターミナル〜網走駅間)、停留所ポール共用区間(駒場8丁目〜網走バスターミナル〜西7丁目間)があるが、定期券・回数券は乗車した会社の物のみ使用可能です。

大橋商店前は網走バスつくし団地中央と同一場所。網走バスが網走駅方面行のみ停車する桂町2丁目には停車しません。

貸切バスは、ハイデッカー車がバスセンターカラー、スーパーハイデッカー車が自社カラー(ハマナスカラー)となっています。

このほか、旧美鉄バスから引き継いだ車に東急カラー、契約車に専用カラー(読売旅行・農協観光)があります。

テレビ番組等で、珍しいバス停留所名として紹介されている「○○さん前」は、網走線に2箇所、山園線に5箇所あります。

停留所補修時に一部で「○○宅前」「○○(呼び捨て)」としているが、車内放送は「○○さん前」で変更はないです。
posted by アリスト at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | バス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61230479
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 網走バス網走バス(あばしり - )は、北海道網走市を中心に運営するバス会社である。乗合事業、貸切事業、旅行業、自動車整備事業等を行なっている.wikilis{font-size:10px;color:..
Weblog: 北海道の企業
Tracked: 2008-01-28 13:41
アフィリエイトなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。