高速いわみざわ号 北海道中央バス 都市間バス路線

高速いわみざわ号

高速いわみざわ号(こうそくいわみざわごう)は、北海道中央バスの都市間バス路線です。

1983年の道央自動車道札幌IC〜岩見沢IC開通に伴い新設しました。

当初は岩見沢IC経由便をA特急、江別西IC経由便をB特急とし、岩見沢発着のA特急を「高速いわみざわ号」としました。

1989年4月のダイヤ改正で江別ターミナル経由便を廃止し、全便岩見沢IC経由に統一されました。

高速いわみざわ号新設当初は岩見沢IC以北の高速道路が未開通だったため、特急札滝線や特急札芦線など岩見沢経由の路線も運行されていたが、高速道路の延伸と共に段階的な減便が実施され、2006年12月1日のダイヤ改正をもって特急札滝線が全便廃止しました。

岩見沢〜滝川間を結ぶ特急バスが消滅しました。

運行経路

札幌市 - (札幌IC) - (道央自動車道 江別市 - 岩見沢市) - (岩見沢IC) - 岩見沢市

本数・所要時間

2007年4月1日現在

岩見沢行き53本、札幌行き56本(土曜・日曜・祝日は55本)
日中は15分間隔で運行されています。

2006年12月1日、特急札滝線を短縮して高速いわみざわ号としたため、11往復の増発となりました。

札幌駅前ターミナル - 岩見沢ターミナル間 約50〜55分。

札幌〜岩見沢間同経路の高速みかさ号(1日2往復)も利用できます。

使用車両

札幌北営業所・岩見沢営業所管轄

正座席45人乗り 4列シート(定員が若干異なる車両の場合あり)


中央バスカードの利用はできないです。

駒園車庫にてパーク&ライドを行っている。最寄りのバス停は駒園8丁目。

2000年4月から2002年12月まで、岩見沢ターミナルから先の岩見沢市役所まで乗り入れていた(1日3往復のみ)。

夏休み限定で三井グリーンランド直行便も運行されていました。



posted by アリスト at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。