高速るもい号 北海道中央バス 都市間バス路線

高速るもい号

高速るもい号(こうそくるもいごう)は北海道中央バスの都市間バス路線です。

運転区間

滝川経由便

札幌市 - (札幌IC) - (道央自動車道 江別市 - 岩見沢市 - 美唄市 - 砂川市) - (滝川IC) - 滝川市 - 雨竜郡雨竜町 - 雨竜郡北竜町 - 留萌市

深川経由便

札幌市 - (札幌IC) - (道央自動車道 江別市 - 岩見沢市 - 美唄市 - 砂川市 - 滝川市) - (深川IC) - 深川市 - 雨竜郡秩父別町 - 雨竜郡北竜町 - 留萌市

所要時間

夏ダイヤ(4月1日〜11月30日)

札幌駅前ターミナル〜留萌ターミナル:滝川経由便2時間46分、深川経由便2時間39分

冬ダイヤ(12月1日〜3月31日)

札幌駅前ターミナル〜留萌ターミナル:滝川経由便2時間59分、深川経由便2時間58分

停留所

2007年8月1日現在


滝川経由便

札幌市
札幌駅前ターミナル - 北2条西3丁目(札幌行きのみ) - 時計台前(札幌行きのみ) - 札幌ターミナル(留萌行きのみ) - サッポロファクトリー前 - 菊水元町7条 -
道央自動車道上
野幌 - 高速栗沢 - 東山 - 高速茶志内 - 砂川吉野 - 砂川石山 -
滝川市
土木現業所前 - 東町8丁目 - 東町5丁目 - イーストタウン - 緑町2丁目 - 市立病院前 - 滝川ターミナル -
雨竜町
雨竜市街 - 追分市街 -
北竜町
北竜役場 - ※北竜中学校 - 碧水 -
留萌市
幌糠 - 東橋 - 合同庁舎前 - 錦町 - 本町十字街 - 留萌ターミナル
雨竜市街・追分市街・北竜役場前の各停留所は、2003年3月1日に札沼線転換バス(滝川〜雨竜〜北竜〜沼田)がジェイ・アール北海道バスから北海道中央バスへ移管された際の減便に対する、代替措置として設置。

2002年4月1日に「雨竜」・「北竜役場前」新設、2003年4月1日に「雨竜市街」・「追分市街」新設(雨竜市街新設に伴い雨竜を廃止)。

※北竜中学校は、ひまわりまつり開催期間中(7月中旬〜8月中旬)のみ臨時停車。札幌行き・留萌行きともに乗降可能です。

深川経由便

札幌市内
札幌駅前ターミナル - 北2条西3丁目(札幌行きのみ) - 時計台前(札幌行きのみ) - 札幌ターミナル(留萌行きのみ) - サッポロファクトリー前 - 菊水元町7条 -
道央自動車道上
野幌 - 高速栗沢 - 東山 - 高速茶志内 - 砂川吉野 - 砂川石山 - 高速江部乙 -

深川市
道立青年の家 - 音江中学校前 - 深川市立病院前 - 深川十字街 - 曙団地入口 -
秩父別町
秩父別役場前 -
北竜町
碧水 -
留萌市
幌糠 - 東橋 - 合同庁舎前 - 錦町 - 本町十字街 - 留萌ターミナル

乗降制限

札幌駅前ターミナル〜菊水元町7条間は、留萌行きは乗車のみ、札幌行きは降車のみです。

土木現業所前〜合同庁舎前間(滝川経由便)・道立青年の家〜合同庁舎前間(深川経由便)は、留萌行きは降車のみ、札幌行きは乗車のみです。

ただし滝川ターミナル・深川市立病院前・深川十字街については、以下の区間でも利用可能です。

「滝川ターミナル」と「雨竜市街〜北竜役場(〜北竜中学校)」との間

「滝川ターミナル」と「幌糠〜合同庁舎前」との間

「深川市立病院前・深川十字街」と「幌糠〜合同庁舎前」との間

運転頻度

12往復(滝川経由5往復、深川経由7往復)

この他、休日・繁忙期限定で国道231号・雄冬経由の日本海るもい号が1往復運行しています。

他路線の利用

日本海るもい号 

札幌 - 石狩 - 厚田 - 濃昼 - 柏木 - 浜益 - 雄冬 - 増毛 - 留萌

札幌ターミナル発着。国道231号経由で運行する。札幌駅前ターミナルや駅北口には乗り入れない。

留萌市内は幸町と本町十字街、錦町、開運町、留萌ターミナルに停車します。

特急はぼろ号(沿岸バス)

(雄冬経由便)札幌 - 厚田 - 柏木 - 浜益 - 雄冬 - 増毛 - 留萌 - 小平 - 苫前 - 羽幌

札幌駅前ターミナル発着。日本海るもい号とほぼ同じ経路を運行するが、停車停留所が少ないです。

留萌市内は寿町と本町十字街、錦町、開運町、留萌駅前、春日町に停車します。

(直行便)札幌 - 道央道・深川留萌道経由 - 留萌 - 小平 - 苫前 - 羽幌 - 初山別 - 遠別 - 天塩 - 幌延 - 豊富
要予約。

深川留萌自動車道経由で運行するため、高速るもい号より所要時間が短いです。

但し、留萌市内の停車停留所は東橋、元川町、春日町のみで市内中心部には乗り入れないです。

この他、札幌〜滝川間は高速たきかわ号や高速しんとつかわ号、深川〜留萌間は沿岸バスの留萌旭川線・快速留萌旭川線が並行しています。

その他

中央バスカードの利用はできません。

空知中央バス音江車庫(音江中学校前より乗車 深川経由のみ)、滝川駅前操車場(滝川ターミナルより乗車 滝川経由のみ)、留萌ターミナルでパーク&ライドを実施しています。

高速栗沢・砂川吉野・高速江部乙にも駐車場あります。

前身は留萌と札幌を結ぶ特急札留線。留萌より碧水・秩父別・深川ターミナル・妹背牛ターミナル・雨竜・江部乙・滝川ターミナル・砂川ターミナル・奈井江駅通・美唄ターミナル・岩見沢ターミナルを経て札幌まで約3時間50分で結んでいます。

旅行業者の北都観光がグループ会社の道北観光バス(銀嶺バスの前身)を用いて札幌〜留萌間に会員制貸切バスを運行。所要時間は3時間、札幌市内と留萌市内をノンストップで結びました。

しかし、企画旅行としての運行だったため、乗合認可を受けている北海道中央バスの路線を圧迫するとして北海道運輸局や運輸省(現・国土交通省)を巻き込んだ騒動に発展しました。

中央バスは特急札留線の一部を高速るもい号に振り替えて直行便(滝川ターミナル・野幌のみ乗降取り扱い)として運行を開始しました。

当初は2往復のみだったが、増回を重ねて道北観光バスに対抗した。最終的に道北観光バスは同路線より撤退しています。

運行当初は滝川ターミナルのみの停車だったが、後に深川ターミナル経由も新設しています。

道央自動車道の深川IC延伸に伴い、現在は深川経由便の方が所要時間が短くなっています。

深川と札幌を結ぶ「高速ふかがわ号」も運行されました。

当初は砂川ターミナル・奈井江駅通・美唄ターミナルを経由するなど、高速たきかわ号に準じた運用がされていた。深川IC開通後は直行便として運行したが、現在は高速るもい号に統合される形で廃止となっています。

深川IC開通前は江部乙中央通でも乗降を取り扱っていました。

深川IC開通後は同停留所を廃止、高速江部乙に振り替えられています。

また、深川市音江地区の停留所として音江分岐点(後に青年の家入口)を新設している。このほか、特急運行時に停車していた秩父別役場・碧水・幌糠も相次いで新設しました。

2002年のジェイ・アール北海道バスの空知地区事業縮小により、滝川経由便の雨竜・北竜地区での乗降取り扱いも開始しました。

また2006年以降、北竜ひまわり畑に近い北竜中学校バス停に臨時停車しています。

競合する沿岸バスとはこれまで何度か相互で停留所開放を実施しており、留萌市内の東橋・五十嵐町1丁目(後に合同庁舎前に変更)および日本海るもい号の増毛ターミナル(さらに、後に雄冬〜増毛〜留萌間の乗降取り扱い)を得ています。

代わりに沿岸バスは特急はぼろ号直行便の春日町・五十嵐町1丁目(後に元川町に変更)・東橋と増毛経由便の留萌駅前・開運町2丁目・錦町・留萌十字街・寿町・浜益・柏木・厚田支所を得ています。

2007年7月31日深川ターミナル廃止に伴い、8月1日より深川市立病院前と深川十字街停留所新設。片道乗車券の取扱を廃止し往復券と回数券のみ市立病院売店などで販売しています。








posted by アリスト at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | バス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。