観光スポット 幣舞橋 北海道釧路市の代表的な観光名所です 釧路十景にも数えられています

観光スポット 幣舞橋

幣舞橋(ぬさまいばし)は、北海道釧路市にある橋です。

釧路川を越え、同市北大通と同市大町を結びます。

全長124m、幅33.8m。日本初の橋上彫刻「四季の像」があり、釧路を代表する観光名所の一つ。

釧路十景に数えられています。

現在の橋は五代目(1977年竣工)。


幣舞橋 名の由来
アイヌ語の「ヌサオマイ」(nusa-oma-i 幣場があるところ)に基づくとされています。

幣舞橋への交通アクセス

釧路駅より徒歩で約10分

四季の像

橋と欄干の像欄干に立つ「四季の像」は、日本を代表する彫刻家4人の手によるものです。

春の像 舟越保武 作
夏の像 佐藤忠良 作
秋の像 柳原義達 作
冬の像 本郷新 作


posted by アリスト at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 釧路
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。