達古武沼 釧路町にある淡水湖 北東岸にオートキャンプ場が整備されており、カヌーなどが利用できます

達古武沼

達古武沼(たっこぶぬま)は北海道東部、釧路町にある淡水湖。釧路湿原国立公園に含まれます。

達古武沼
所在地 北海道(釧路支庁)
面積 1.36 km²
周囲長 4.9 km
最大水深 3.0 m
平均水深 1.9 m
貯水量 0.0026 km³
水面の標高 3 m
成因 海跡湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 腐食型

地理的のは

流入河川 : 主な流入河川として達古武川が南東から流入する他に、中小河川が何本か流入しています。

流出河川 : 沼北西の釧路川に流出しています。

歴史

成因は海の後退による海跡湖です。

湖の名前の由来はアイヌ語の「タプコプ」(盛り上がった形の丘)。

自然

釧路湿原国立公園の指定区域です。

鳥類:オジロワシ、アオサギ、トビ、タンチョウなど。

魚類:冬季はワカサギ釣りが盛んです。

外来種であるウチダザリガニの侵入が確認されています。

絶滅危惧種の藻類マリモが生息しています。

付近は釧路湿原再生事業の対象地に指定されています。

利用

北東岸にオートキャンプ場が整備されており、カヌーなどが利用できます。

交通

北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線

細岡駅下車です。




posted by アリスト at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 道東
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
アフィリエイトなら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。