北海道札幌市札幌ドームアクセス

札幌ドーム(さっぽろドーム)は、北海道札幌市豊平区羊ヶ丘にある多目的ドーム施設です。

野球場としては日本で6番目かつ最北のドーム球場で、サッカー用の天然芝グラウンドと野球用の人工芝グラウンドの併用が可能です。

また完全な屋内で天然芝でのサッカーの試合が出来る施設は、世界でもこの札幌ドームだけであります。

施設は札幌市が所有し、札幌市と道内財界各社が出資する第三セクター・株式会社札幌ドームが運営管理を行っています。

プロサッカーJリーグ・コンサドーレ札幌、プロ野球パシフィック・リーグ・北海道日本ハムファイターズの本拠地でもあります。

交通アクセスとしては、札幌市営地下鉄東豊線 - 福住駅から徒歩約10分。

北海道中央バス - 「札幌ドーム」バス停を利用。札幌都心部・豊平・清田・美しが丘・大谷地駅・北広島市・恵庭市・千歳市方面に路線が繋がっています。

新千歳空港連絡バス(札幌都心部発着系統)が「札幌ドーム」停に停車します。

新千歳空港から約50〜60分、1000円。

シャトルバス(プロ野球・Jリーグ・コンサート等の大規模イベント時)

大人200円、こども100円。(共通ウィズユーカード利用可、乗継割引

対象外、共通1DAYカード利用不可)

地下鉄南北線平岸駅(じょうてつ)

地下鉄南北線真駒内駅(じょうてつ)

JR白石駅(ジェイ・アール北海道バス)

地下鉄東西線南郷18丁目駅(北海道中央バス)



収容人数:53,845人(固定客席数4万1580席、野球開催時は40,572席)

野球場として利用する場合
両翼:100 m
中堅:122 m

全面人工芝
サッカー場として使用する場合
通常屋外で生育している天然芝グラウンドをホバーリング(空気圧で移動)によってドーム本体に取り入れます

共通項
有料イベントにおけるドーム使用料は1試合あたり観客数2万人まで800万円です。

それ以上は1人につき400円が加算されます。

従って入場者数が4万人を越えると使用料は1600万円超となります。

また、貴賓室など諸室の使用料も別途加算されます。

草野球など、スタンドを使用しない場合には基本使用料20万円。
電光掲示板(大型映像装置 東芝ライテック製スーパーカラービジョン)
野球で使用する場合のスコア表示は9回までです。

延長戦の場合は9回までのスコア表示を一旦消去し、改めて1回の表示部から10回以降のスコアを表示します。下部は選手表示(縦書き・横スクロール)となる
サッカーで使用する場合は左側がスコア表示、右側が選手表示(横書き)となる。Jリーグの試合では左側下部に審判員とマッチコミッショナーの氏名を表示する。

ナイター照明設備
屋外サッカー練習場
サッカー用のホヴァリング・ステージ(天然芝ピッチ)が養生されているオープンアリーナに隣接する形で天然芝と人工芝のサッカー練習場が1面ずつ設置されている。

ここではコンサドーレも定期的に練習やサテライト、ユースチームの試合に利用している他、市民参加規模の大会、練習(フットサルも可)に幅広く利用されている。

なお、天然芝の練習場は悪天候(雨天・積雪など)の場合、芝生の生育・保護のため使用することが出来ないので、利用の際確認をしておくこと。

人工芝については天候に関わらず常時使用できる。

また現在はナイター設備がないので日中のみの利用となる。


位置
北緯43.01505661010742度東経141.409454度(世界測地系)、北緯43.0126度東経141.41315度



使用状況
プロサッカー・Jリーグのコンサドーレ札幌の本拠地(札幌厚別公園競技場と併用)であり、2004年からはプロ野球・パシフィック・リーグの北海道日本ハムファイターズの本拠地としても使用されています。

また読売ジャイアンツの毎年夏恒例の北海道シリーズの2001年からの開催地としても使われている(2000年までは円山球場で開催)。

コンサドーレ札幌のクラブ事務所、北海道日本ハムファイターズの球団事務所はともにこの札幌ドームの施設内に居を構えている。

Jリーグのホームスタジアムで閉鎖式ドームが使われているのはJ1、J2を通して現在はコンサドーレのみ(大分と神戸はそれぞれ開閉式屋根)。

アメリカンフットボールにも使われているが、人工芝グラウンドで試合を行っています。

コンサートでも利用されておりイーグルスやザ・ローリング・ストーンズなど世界のスーパースターが大規模コンサートを行ないました。


posted by アリスト at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | 札幌

北海道札幌市札幌ドームビックイベント・コンサート

札幌ドームが完成したのが2001年、それからいろいろなイベントが行われました。

過去に開催したビッグイベントとしては、初のプロ野球公式戦2001年6月26日読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ
1回表中日「1番遊撃手」福留孝介がダレル・メイ・阿部慎之助の巨人バッテリーの初球をフルスイングでホームラン。(これが、札幌ドーム第1号のホームラン)結果的に「6-5」で巨人が勝利しました。

同球場初の勝利投手野村貴仁と同球場初のセーブ岡島秀樹は後に日本ハムに移籍。(野村は日本ハムが札幌にホーム移転する以前に退団)同球場初の敗戦投手は岩瀬仁紀、同球場初のビジターの先発バッテリーは山本昌・中村武志
新日本プロレス札幌ドーム大会〜2001年7月

サンヨーオールスターゲーム2001年第3戦

脳腫瘍から復活した北海道出身の大阪近鉄バファローズ・盛田幸妃が史上初の中継ぎ投手部門ファン投票選出で出場
松井秀喜(読売ジャイアンツ当時)中村紀洋(大阪近鉄バファローズ当時)両選手が大会史上初の同一年度3試合連続ホームランの大記録を札幌ドームで達成。

2002 FIFAワールドカップ(2002年)
アルゼンチン対イングランド戦など3試合を開催。

ドーム内には「2002 FIFA WORLD CUP SAPPORO」という札幌会場の証しがある。

Jリーグオールスターサッカー(2003年)
北海道での開催および室内競技場での開催は共に初めて。

アジア野球選手権2003(2003年)
この大会で日本はアテネオリンピックの出場権を獲得。

パ・リーグプレーオフ第二ステージ(2006年)
北海道日本ハムファイターズのパ・リーグレギュラーシーズン一位通過により初めての開催となった。

ファイターズVS福岡ソフトバンクホークスの対戦は、3-0のストレート勝ちでファイターズが地元で25年ぶりのパシフィックリーグ優勝。

日本選手権シリーズ(2006年)
北海道日本ハムファイターズのパ・リーグ優勝により日本シリーズ史上初の北海道開催となった。

第5戦で日本ハムが地元での日本一を果たした。
プロ野球マスターズリーグ

札幌アンビシャスの本拠地
2007年FISノルディックスキー世界選手権札幌大会(2007年)

札幌ドーム観客29,859人の中、距離女子スプリントで夏見円が五輪、世界選手権を通じ、日本距離史上最高位の5位に入った。札幌ドームの屋内に実際の雪を敷設して競技が行われた。

過去にコンサートを開催したアーティスト

海外アーティスト
エリック・クラプトン (2003年、2006年)
ボン・ジョヴィ (2003年、2006年)
イーグルス (2004年)
エアロスミス (2004年)
ザ・ローリング・ストーンズ (2006年)
ビリー・ジョエル (2006年)

日本アーティスト
B'z (2001年、2002年、2003年、2005年、2006年)
SMAP (2001年、2002年、2003年、2005年、2006年)
GLAY (2001年-2002年、2005年)
桑田佳祐 (2002年)
MISIA (2002年-2003年)
KinKi Kids (2003年)
CHAGE and ASKA (2003年-2004年)
サザンオールスターズ (2005年)
Mr.Children (2005年)

収容人数:53,845人(固定客席数4万1580席、野球開催時は40,572席)
posted by アリスト at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌

北海道札幌市時計台

札幌市時計台(さっぽろしとけいだい)は、北海道札幌市中央区北1条西2丁目にある建築物(重要文化財)であります。

正式名称は「旧札幌農学校演武場(きゅうさっぽろのうがっこうえんぶじょう」。通称「札幌時計台」または単に「時計台」と呼ばれれちます。

三角屋根の上に大時計を載せた特徴的な外観の建築物であります。

木造2階建(時計部分の塔屋を除く)で、現在は1階が展示室、2階が貸ホールとなっています。

かつては札幌市の図書館として使われていたこともあります。

敷地、及び、建物は札幌市が管理運営しており、北海道庁赤レンガ庁舎と並び、札幌市中心部の有名観光スポットであり、札幌市のカントリーサインのデザインとしても使用される札幌市の象徴的建物である。

交通アクセスは、

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩5分(市役所本庁舎北隣)くらいです。

札幌市時計台は、 観光名所としてはやはり全国的に有名です。

現在の札幌市時計台は高層ビル群に囲まれているが、北海道の雄大な自然に囲まれ、草原の只中に建っているというような誤ったイメージを持ち訪れる観光客が多いです。

これは羊ヶ丘展望台や北海道大学との混同している場合や、正面からではなく、下から上にあおる構図で写真を撮影した場合には周囲のビル群は写らず、またこの構図が構内の撮影台などでも薦められているため、その写真のみを見て誤解されたものと考えられています。

そのため実物を見た観光客からは、日本三大がっかり名所のひとつとされる事があります。

しかし当初より札幌の中心地に建ち(現在よりも約150m北側に有った)、西洋教育や北海道開拓・近代化のシンボルとされた事を考えれば、ビルに囲まれた現在の情景が自然な姿といえます。

また、時計台の向かいのビルの2階が時計台テラスとなっており、その場所からは時計台を前面から撮影できます。

現在では時計台の周辺部でしか鐘の音は聞こえないが、市内の小学校などでは、時刻によって録音された鐘の音を鳴らしています。

また、STVラジオでは、平日の午前6時から8時と、夕方4時の時報はこれに代わって札幌時計台の鐘の音を流しています。


札幌時計台
構造: 木造2階建(バルーンフレーム構造)
高さ: 19.825 m
延面積: 約760 m²

時計は4面あり、時計の表示盤は直径1.6mある。また、毎時、時間に応じた数の鐘の音が鳴ります。



時計台ホームページへアクセス
posted by アリスト at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌

北海道札幌市大倉山ジャンプ競技場アクセス

大倉山ジャンプ競技場(おおくらやまジャンプきょうぎじょう)は、札幌市中央区宮の森にある札幌市が所有するスキージャンプ場で、標高307mの大倉山の東斜面にあります。

国内の競技大会は大倉山での開催が最も多いです。

ラージヒルに分類されるジャンプ台で、K点120m、2004年導入のヒルサイズは134m。

バッケンレコードは2005年3月25日の第6回伊藤杯シーズンファイナルで金子祐介が記録した145.0m。

大会時の最大収容観客数、約3万人。

大倉山ジャンプ競技場交通アクセス

競技場の近くまで住宅地が広がっている宮の森ジャンプ競技場と違い、周囲に人家はなく、競技日以外は公共交通機関はありません。

そのため競技日以外のアクセスはタクシーか自家用車、札幌観光の定期観光バスを利用する形になります。

競技会開催日は、当地周辺は一般車両は通行規制され、自家用車での見学は基本的にできません。

札幌市営地下鉄東西線円山公園駅から臨時直行バスが運行されます。

大倉山ジャンプ競技場は、市電に西4丁目から乗車すると、晴れた日には正面に大倉山のジャンプ台がはっきりと見て取れます。

世界を転戦するFISワールドカップ(以下W杯)の開催地の一つであり、ラージヒル・ノーマルヒル併設の白馬ジャンプ競技場(長野県白馬村)などと比較して古さは否めないが、札幌市はラージヒル台がある都市としては最大であり、開催地の台の中でも最も市街地に近い台として知られています。

テイクオフの瞬間、札幌市中心部のビル群に向けて体を投げ出す感覚になるといいいます。

大倉山の風は独特で、かつ気まぐれである。ジャンパー泣かせの風としても有名であり、この風が多くの勝敗を分けました。

1972年の札幌オリンピックでは横からの突風で笠谷幸生のメダルを奪ったが、2007年FISノルディックスキー世界選手権札幌大会の団体戦では日本の銅メダルを後押しする向かい風を送った。

札幌市民にもウインタースポーツの大会といえばジャンプという位に馴染みのある競技で、古くは笠谷幸生や八木弘和や秋元正博、近年では船木和喜や葛西紀明、原田雅彦などの北海道出身選手が大倉山で活躍し、W杯などの大会の観戦も風物詩となっていいます。

現在2004年を最後に国内でのW杯は白馬が外され、大倉山でのみ転戦が組まれるようになっています。

これは白馬のプロフィールが最新のルールに合わなくなってきたことの他に、交通の利便性や道民の競技への理解度なども反映されているのではと思われます。

敷地内には当時の資料やスキーの歴史、用具などの展示、体験コーナーがあるウィンタースポーツミュージアムがあり、シャンツエや市街を見ながら食事ができるレストランも併設されています。

また、ジャンプ大会以外の日には2人乗りリフト(片道5分)を使って、展望ラウンジや屋上展望台に行くことも出来ます。



大倉山ジャンプ競技場へアクセス





posted by アリスト at 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌

北海道札幌市円山球場アクセス

札幌市円山球場(さっぽろし・まるやまきゅうじょう)は、北海道札幌市中央区宮ヶ丘の円山公園(円山総合運動場)内にある野球場です。

施設は札幌市が所有し、札幌市スポーツ振興事業団が指定管理者として運営管理を行っています。


札幌市円山球場への交通アクセスは、

東西線・円山公園駅 、徒歩で15分

同駅よりジェイ・アール北海道バス利用、
(円14・円15)にて「総合グラウンド前」下車、徒歩3分
(円16)にて「動物園正門前」下車、徒歩3分(夏季の休日のみ運転)

円山球場は25,000人の収容人員を有し、また道内の公営野球場ではこれまで最も多くのプロ及びアマの公式戦を開催しているが、照明設備は設置されていません。

これは球場近くに札幌市円山動物園があるためで、動物の生活環境を阻害しないよう配慮するための措置とのことであります。

このため、プロ野球公式戦は土・日2連戦での開催が主体だったようです。

また読売ジャイアンツ(巨人)の主催公式戦は、火〜木曜に2〜3連戦をデーゲームで開催していました。

1990年代からは他地域での地方主催試合は全てナイターとなったが、円山及び旭川市のスタルヒン球場での試合は最後までデーゲームとして行われ、これが巨人主催公式戦では唯一のデーゲームでもありました。

翌2001年の札幌ドーム開場に伴い、2000年を最後に円山球場での一軍公式戦開催は一旦終了したが、2005年には開場70周年を記念して北海道日本ハムファイターズ主催の公式戦が1試合開催され、2007年にも北海道日本ハム主催で1試合が行われています。

プロ公式戦が開催される機会は少なくなったものの、アマチュアでは現在も主要大会のメイン球場として使用されています。

長きにわたって札幌市民・北海道民から“北の甲子園”あるいは“北の後楽園”として親しまれており、道内球界のメッカとなっています。

なお、外野スタンドの左翼側上段にはアカマツの木が3本立っているが、その生い立ちや、伐採されずスタンドに残されたままとなった理由などについては一切不明であります。



施設概要は、
グラウンド面積:
両翼:98m、中堅:117m
内野:クレー舗装、外野:天然芝
スコアボード:磁気反転式
照明設備:なし
収容人員:25,000人


円山球場ホームページへアクセス
posted by アリスト at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌

北海道札幌市円山動物園アクセス

札幌市円山動物園(さっぽろしまるやまどうぶつえん)は、北海道札幌市中央区宮ヶ丘の円山公園内にある動物園。札幌市環境局が管理運営を行っています。

交通手段としては、地下鉄で札幌市営地下鉄東西線円山公園駅へこられてから 札幌市営地下鉄東西線円山公園駅バスターミナルから路線バスで10分程度です(料金は200円)。

たまに、ゆっくり円山公園を散歩しながら、動物園にいくのもいいかもしれませんね。

当然、駐車場はあります。

注意事項として、駐車場もありますが、近隣の円山球場や競技場でイベントがあると収容可能台数を超えることもあるので注意が必要です。

また休日はそれなりに車の台数もも多いので子供連れの方は早めにいかれたほうが駐車しやすいと思います。

札幌市円山動物園は、1950年(昭和25年)、上野動物園の移動動物園を開催したことが起源となっています。

長らく北海道の中核的な動物園の地位を保ってきたが、近年旭川市の旭山動物園に入場者数で大きく水をあけられたことから、インフラやサービス面の整備に力を入れ始めました。

2005年からは年間パスポート(1,000円)も発行し集客に力を入れていいます。

園内には動物の他に、熱帯植物館や音楽ホール建設に伴い同市中島公園から移築した遊園地も併設しています。

この円山子供の国「キッドランド」は小さい子供が喜んでくれる遊具があります。

喜んだ子供の顔をみることができます。

2005年12月に、ホッキョクグマのオスの赤ちゃん「ピリカ」が誕生。「デナリ」と「ララ」の子供。翌年4月1日から一般公開されている。 ホッキョクグマの赤ちゃんピリカ(2007年2月におびひろ動物園に親離れのため転園しました)

円山動物園は毎日開園しています(営業時間 9時00分〜17時00分、12月29日・30日・31日はお休みです)

■ 円山動物園
 住所 064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1
 電話 011-621-1426 FAX 011-621-1428

■ 円山子供の国「キッドランド」
(乗り物の料金等のお問い合わせはこちらへ)
 電話 011-621-1570

■ 動物科学館の連絡先
(動物に関する一般的なご相談・ご質問はこちらへ)
 電話 011-615-8080

札幌市円山動物園ホームページへアクセス




タグ:円山動物園
posted by アリスト at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌

北海道札幌市中央区 円山公園

円山公園(まるやまこうえん)は、北海道札幌市中央区にある公園。園域は同区円山から宮ヶ丘に及びます。

同園は札幌市民の憩いの場となっており、特に毎年5月上旬には花見客、6月には北海道神宮祭の参拝客で賑わいます。

園内には北海道神宮、円山動物園、円山球場、札幌市陸上競技場、庭球場、子供の国などがあり、北海道神宮以外は札幌市と市の外郭団体が運営管理を行っています。

円山公園の面積は、約68.7ha 。


円山公園内の主な施設は、北海道神宮、札幌市円山動物園、札幌市円山総合運動場、札幌市円山球場、札幌市円山競技場、庭球場(軟式用)、子供の国 があります。

最寄駅としては、円山公園駅 - 札幌市営地下鉄東西線 があります。

円山公園ホームページへアクセス

タグ:円山公園
posted by アリスト at 08:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌

北海道札幌市手稲山も実は夏冬通してレジャースポットです。

手稲山(ていねやま)は、北海道札幌市西部の西区と手稲区に跨る標高1023.7mの山です。

札幌市中心部からほぼ真西に直線で約15km、自動車で約40分の位置にあります。

古くはアイヌ語で「タンネウェンシリtanne-wen-sir」(長い・悪い・場所)と呼ばれ、南斜面に大きく広がる崖地形から名づけられたとされるが、手稲という地名は「テイネィteyne-i」(濡れている・もの)に由来し、手稲区市街地の広がる山麓の開拓される前にあった低湿地帯を指すといわれています。

札幌市の人間にとってはスポーツ・レジャー山、それが手稲山かもしれません。

手稲山は北海道の山スキー発祥の地といわれています。1926年に北海道大学スキー部創立15周年事業として、日本初のスキーヒュッテであるパラダイス・ヒュッテをスイス人建築家マックス・ヒンデルの設計により、現在のロープウェイ山麓駅から徒歩約10分の場所に建てられました。

老朽化のため1978年に閉鎖されたが、有志により1994年に原設計に忠実に復元新築されています。

1965年、三菱金属鉱業(現・三菱マテリアル)と北海道放送(HBC)が中心となってテイネオリンピアを設立しました。

北側中腹にスキー場のほかゴルフ場と遊園地をオープンさせました。

それが現在の手稲オリンピアですね。

1972年開催の第11回オリンピック冬季競技大会札幌大会では、手稲山にもアルペンスキー(回転・大回転)、リュージュ、ボブスレーの会場が置かれました。

これを契機に、その後もアジア冬季競技大会、ユニバーシアード冬季大会、などの国際大会の会場となっています。

オリンピックに先立ち、1970年に北側5合目から山頂まで札幌市によってロープウェイが設置されました。

大会終了後には王子緑化(現・王子木材緑化)がテイネハイランドスキー場を開設した。 1990年頃のスキーブームの際には、ハイランドが西野方面に拡張する計画もありましたが、多くの反対にあい頓挫しています。

手稲オリンピア、手稲ハイランドの両スキー場はスキーブームの後収益が悪化し、2002年にハイランドの運営、オリンピアの所有と運営を、2003年には財団法人札幌市公園緑化協会がロープウェイを、それぞれ加森観光に譲渡して、現在はサッポロテイネとして一体的に運営されています。

手稲山は、那須火山帯に属します。

第四紀火山と考えられていたこともあったが、現在は否定され、より古い鮮新世(約500〜160万年前)のものと考えられています。

地質は、安山岩、頁岩、凝灰岩などで構成されています。

山頂の西側には尾根が連なり、南側と北側は急峻な断崖絶壁となっています。

北側の絶壁(通称「北壁」)の下には火口のひとつがあったと考えられています。

東側には溶岩の流れた跡とされるなだらかな傾斜が続いています。

また、山頂付近は強固な岩盤であり、また石狩平野を一望できるロケーションの良さから、無線送信・中継設備が多く置かれています。

1957年に北海道放送(HBC)がテレビ放送送信所を設置以来、現在札幌圏の全ての放送局のテレビ・FMラジオの送信所が軒を連ねています。

2006年に全局一斉に開始した札幌圏の地上デジタルテレビ放送の送信所もこの山頂に置かれています。

標高1024メートルある手稲山送信所から出される地上デジタルテレビジョン放送の電波は放送区域外でも北空知地方(深川市など)の一部、上川地方の一部(旭川市、和寒町など)と十勝地方(帯広市、音更町など)の一部地域などでも常時鮮明に受信あるいは伝播状況により時々受信可能となっているが、2007年10月1日に開設される中継局のチャンネルが手稲山から送信されるチャンネルとすべて重複するため受信できるのも試験電波が発射される2007年夏頃までに限られています。

また、アナログテレビ放送やFMラジオでも放送エリア外の地域でも高性能アンテナで受信可能である(但し、雑音が入ることがある)。

また、MCA無線、業務無線、JR北海道やNTT東日本、国土交通省などの無線基地局や中継局のほか、北海道大学の気象観測施設なども置かれ、山頂はさながらアンテナ銀座の様相を呈しています。
タグ:手稲山
posted by アリスト at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌

北海道札幌市南区藻岩山 北海道3大夜景の1つであり観光名所でもあります

藻岩山(もいわやま)は、北海道札幌市南区にある標高531mの山であります。

札幌の中心から南西、南南西にあり、20世紀後半になって高い建物が林立する以前は、街からよく見えました。

展望台とスキー場によって、札幌市民と観光客の行楽地になっています。

この藻岩山、北海道の3大夜景の1つに上げられています。

人によっては、函館山の夜景よりきれいと言われる人もいます。

札幌観光では、絶対に外すことの出来ない観光スポットであります。

夜は、ナイトドライブの名所でもあり、デートスポットでもあります。

ただ、札幌の夜景が綺麗すぎて、会話にならないかもしれませんね。

藻岩山からの夜景と昼の展望違った感じがします。

出来れば、夜と昼2回は上がってみてください。

昼は昼で、札幌を一望できますし、石狩平野の大きさまで分かります。

夜は、すすきのネオンを中心にいろいろな光の色を楽しむことが出来ます。

口ではあらわすことが出来ません。

写真で見るのとは大違いです。

一度は、藻岩山へ上がってみてください。

藻岩山に登る方法としては、3通りあります。

1つは、藻岩山ロープウェーで上がることが出来ます。この場合は、展望台に行くには、ロープウェーの降り口からもう1つリフトに乗って展望台へ行きます。

もう1つは、車で上がる方法です。

藻岩山には、藻岩山観光自動車道があります。

この藻岩山観光自動車道(もいわやまかんこうじどうしゃどう)は、北海道札幌市南区北ノ沢から、同区藻岩山山頂に至る観光有料道路(一般自動車道)であります。

藻岩山南部を縦走する道路で、原生林のなかを走る快適な観光ルートであり、頂上から見る札幌の夜景は素晴しいです。

運転される方は、景色に気を取られないよう気をつけて運転してください。

なお、藻岩山観光自動車道経営は札幌振興公社が行っています。

営業時間は、
4月13日〜9月30日は、9:00〜23:00
10月1日〜11月30日は、9:00〜22:00
12月1日〜4月12日は、冬季閉鎖期間(一部は札幌藻岩山スキー場のコースとなる)

もう1つの方法としては、藻岩山登山道があります。

昔は、よく札幌の小中学校で登山遠足がありました。

もともと「モイワ」(アイヌ語で「小さな山」の意)は、アイヌの聖地とされた別の山の名でありました。

明治初期、その山に円山という新たな名がつくと、近くにある山「インカルシペ」(「いつも上って見張りをするところ」の意)に、神聖な「モイワ」の名が引き継がれた。これが現在の藻岩山であります。

札幌に近いこと、近くの豊平川を用いた水運が利用できることから、明治時代には南側で木材が伐採され、北の沢川から豊平川、創成川を経由して札幌まで流されていました。

山頂には登山道のほか、北側からロープウェイとリフトの乗り継ぎ、あるいは南側から藻岩山観光自動車道を通って行くことができます。

どちらもに有料です。

山頂展望台からは石狩平野、そして石狩湾までを一望することができ、夜には札幌市街の夜景を楽しめます。

藻岩山に最初にロープウェイが建設されたのは、1958年(昭和33年)で、3線交走式で8人乗り小型のゴンドラ30台が片道10分で往復していました。

このころのゴンドラは小さいので風でよくゆれた記憶があります。

1971年(昭和46年)に4線交走式で66人乗りの2台、片道5分に変わりました。

山上の駅からリフトに乗って頂上にいきます。

冬季休業だがさっぽろ雪まつりの期間中は観光のため営業しています。

北東斜面にはシナノキ、ミズナラ、シラカバなどの広葉樹が生い茂る藻岩原始林があり、1921年(大正10年)3月3日に北海道で最初の天然記念物に指定されました。

一度も人の手が入ったことのないという厳密な意味での原始林ではなく、天然林にあたります。

天然記念物になる以前から伐採などの利用が禁止され、現在に至っています。

291ヘクタール。

藻岩下の上、山頂から南東方に札幌藻岩スキー場がある。札幌の中心部から10km足らずという立地もあって多くの市民でにぎわっています。

山頂から冬期閉鎖中の観光自動車道をスキーなどで滑り降りることもできます。

1886年(明治19年)に山道がつくられたのを記念する山開きをして以来、毎年6月1日に山開きが行われています。

この日の御来光を拝むために前夜から山を登る「藻岩山ナイトハイク」は、北海道大学の学生の名物行事となっています。

移転前の北海道教育大学が藻岩山の麓にあったことを記念し、寮生が山開きの前日深夜から山を登り、日の出に合わせてその年の抱負を叫ぶ「太陽さんコール」が毎年の恒例行事となっています。




posted by アリスト at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 札幌

二条市場に食い処 のれん横丁

二条市場(にじょういちば)は、北海道札幌市にある市場の名称です。

中央区に位置し、北海道で獲れた魚介類を販売するほか、野菜や穀物を販売する店舗、飲食店も設置されています。

組合の正式名称は「札幌二条魚町商業協同組合」です。

二条市場の所在地は札幌市中央区南2条・南3条東1丁目から、東2丁目周辺です。

店舗によって異なるが、市場は早朝に開店し夕方頃には徐々にシャッターが閉まります。

ほとんどの店舗で札幌市中央卸売市場にて競り落とされた北海道産の魚介類が陳列・販売されており、カニやサケなどが代表的であります。

また、創成川通りに面した新二条市場では野菜や土産用の菓子が販売されています。

二条市場の起源は明治時代初期より形成された「二条魚町」にさかのぼります。

石狩浜で漁師を営む人々が札幌へ石狩川を上って入り、釣ってきた鮮魚をはじめとする魚介類をこの地で販売したことが始まりであったとされています。

魚町では13の商店が存在していたため、「十三組合」と呼ばれていた。その当時は隣接する創成川を利用して訪れる、搬送船の荷物を積み下ろしをする人々と魚介類の取引を行っていました。

その後付近一帯が大火事に見舞われて焼失したが、徐々にまた新しく魚市場が建設され、1903年頃に現在ある姿の魚市場が形成され始めました。

それまで札幌市中央区の南3条東1丁目周辺を拠点として栄えていたが、1910年には東2丁目にまで商店が立ち並ぶようになりました。

この際に建てられたはたご屋や居酒屋、そば屋などの店舗が、現在の二条市場の基礎となっています。

時代が昭和に差し掛かると、魚町は「二条市場」という名称で定着するようになりました。

第二次世界大戦が終結すると、市場には総菜や乾物を売る商店が徐々に建つようになり、中通りには加工された食品や野菜など、魚介類以外にも多くの食品を扱う商店群「新二条市場」が完成しました。

近年では1993年に改装が行われ、現在設置されている上部のアーケードが建設されました。

このアーケードは江戸時代の情緒や海をモチーフにしたものだとされています。

また、2007年2月22日には市場の一角を利用して「札幌二条市場 のれん横丁」が完成し、通路内に十数店の居酒屋や飲食店を設けました。

今までは、市場の中何軒か食べれるところはありましたが、これで食事が出来るところと宣伝も出来ます。

新鮮なもの食べることも出来ます。

お店の数もたくさんありますので北海道の名物も食べることが可能です。

ジンギスカンやスープカレーも食べることが出来ます。



二条市場へアクセス

2007年に竣工したのれん横丁の入り口も創成川通りに面しており、通路を入ると各店舗の入り口があります。

それぞれの店舗では独特の暖簾が製作されており、デザインは公式ホームページで閲覧することが可能であります。


のれん横丁へアクセス

その他、札幌市が手掛ける「創成川通アンダーパス連続化事業」では、狸小路と二条市場をつなぐ橋や広場を建設する構想も挙がっている。
posted by アリスト at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(2) | 札幌

北海道札幌市さっぽろテレビ塔はむかしから札幌の観光名所

さっぽろテレビ塔(さっぽろてれびとう)は、北海道札幌市中央区大通西1丁目の大通公園内にある、電波塔。総工費1億7千万円で1957年(昭和32年)に完成しました(同年8月24日に開業・電波の発射を開始した)。

高さ147.2メートルで設計者は内藤多仲さんです。

さっぽろテレビ塔は、昔から札幌に観光客の方がみえられた時に連れて行く1つの観光名所です。

当初は札幌圏放送局の電波発信塔(NHK札幌放送局、札幌テレビ放送(STV))としての役割を担っていました。

しかし1956年(昭和31年)に北海道放送(HBC)が手稲山を開拓して送信所を設置し、テレビ塔より広いサービスエリアを構築してからは、全ての送信所が手稲山に移り、現在残っているのはNHK札幌放送局・エフエム北海道・エフエム・ノースウェーブの中継局施設(札幌大通中継局)のみです。

2005年(平成17年)9月にはNHK札幌放送局の地上デジタル放送の手稲山の送信所へ放送波を転送するためのSTLアンテナが取り付けられました。

地上90メートルの位置に展望台があります。

展望台から西に大通公園を見おろし、遠く円山や大倉山まで見通す眺めは、札幌の代表的景色でもあります。

季節ごと、またさっぽろ雪まつりなど公園の催し事ごとに、様々な媒体に登場します。

1961年(昭和36年)に、松下電器の寄贈により展望台の下、地上65メートルの四面に電光時計が取り付けられた。「時計を付ければ必ず見てくれる」という松下幸之助の発案だったということです。

電光時計は1998年(平成10年)と2006年の(平成18年)の2度、改修工事が行われ、現在は発光ダイオード製であります。

広告表示は当初は「ナショナル」だったのが「National」になり、2006年の改修で「Panasonic」に変更されています。

2002年に内外装の大改修が実施され、2、3階部分の外壁の色が薄い緑色から、現在の濃い緑色になっています。

地下1階はさっぽろ地下街オーロラタウンと接続しており、「テレ地下グルメコート」と称する飲食店街になっています。

地上1階は案内所やチケット売場などがあり、2階は多目的ホールと管理事務所、3階には土産店とレストランが入居しています。

展望台へは入場料が必要ですが、3階までは無料で入場できます。

完成当初は市内に高層の建物が少なく、札幌市内を一望できる数少ない施設として、またプラネタリウム(現在は廃止)などの観光施設もあったため、多くの市民や観光客が訪れ、展望台に上るために一時間待つことが普通であったじきもあります。

現在は雪まつり開催時期を除き、あまり待たずに展望が可能です。

なお、今も大通の景観上重要な存在だが、周囲の建物の高層化が進み、かつての突出感はなくなりました。

また、2007年には近隣に住友不動産による40階建ての超高層マンションとなるシティタワー札幌大通が完成するため、西側から見上げた、テレビ塔のみの突出は見納めとなります。


『名古屋テレビ塔』1954年(昭和29年)・180メートル
『さっぽろテレビ塔』1957年(昭和32年)・147.2メートル
『東京タワー』1958年(昭和33年)・333メートル

さっぽろテレビ塔へアクセス



最近では、テレビ塔建て替えの構想が持ち上がっているようです。

構想は、高さ650m(展望台の高さは500m)で、地上50階、250m付近までビルとし、その上にタワーと展望台を乗せたデザインで、ビル部分と展望台の総延べ床面積は19万7800平方mになる予定です。

東京都墨田区で計画中の新東京タワーの高さ約610mを超える世界有数のタワーを目指しているようです。

ビルには、文化・スポーツ・コミュニティーの公共施設に加え、商業施設、オフィス、ホテルなど複合機能を持たせる、その他都市災害監視基地と、テレビ地上デジタル波や各種デジタルサービスの発信基地の機能も備えるみたいです。
posted by アリスト at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌

北海道札幌市 札幌ターミナル 近くに二条市場もあります

札幌ターミナル(さっぽろたーみなる)は、北海道札幌市中央区大通東1丁目にある北海道中央バスのバスターミナル。

郊外線・都市間路線を中心に乗り入れています。

札幌ターミナル周辺には、大通公園、札幌市役所、創成川、札幌市営地下鉄大通駅、バスセンター前駅、さっぽろテレビ塔 があります。

また、札幌の名所、二条市場もすぐ近くですので、時間がバスの時間街に覗いてみるのもいいと思います。

また、今は二条市場内に食事出来るところも出来ましたので食事や休憩にいいかもしれませんね。

バスターミナルは、ターミナル構内に1〜10番のりばが設置されており、乗車券の発券は販売窓口や自動券売機で行います。

アナウンス設備があり、電光掲示板にも行き先が表示されます。

また施設1〜2Fはオフィスと商店街となっている。
ターミナル前(創成川側の路上)には11〜13番のりばがあったが、創成川沿いの道路工事に関連して2006年4月から使用停止となっています。


のりばに関しては、

バスターミナルへアクセス

195バスターミナルは、6年12月、札幌市中央区北4条西4丁目にターミナルを開設、1966年12月、現在地にターミナルを新築移転しました。

到着便の降車は、ターミナルビルの南側路上で行われています。

降車場からバスターミナル内へは創成川通方面に迂回しなければなりません。

都市間路線の札幌駅前ターミナル行は、「時計台前」バス停で降車を取り扱っています。


また、地下鉄の乗り継ぎ割引は札幌ターミナル発着の路線バスには一切適用になりません。







posted by アリスト at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌

札幌ステラプレイス

札幌ステラプレイス(さっぽろ―、Sapporo STELLAR PLACE)は、北海道札幌市中央区のJR札幌駅南側に位置する大型商業施設であります。

2003年3月にオープンしました。

構造がJRタワーと一体化しており、JRタワースクエア(後述)では一番新しい施設であります。

地下鉄さっぽろ駅とも通路で直結しています。

札幌エスタ、アピア、パセオと共に「JRタワースクエア」を形成しています。

ステラプレイスのイメージカラーは■水色。

札幌駅西コンコースと東コンコースの間に位置する「センター」とJRタワーの低層階に位置する「イースト」に分けられています。

センターは地下1階から9階まで、イーストは地下1階から6階まであります。

その他に、2006年3月15日にはJRタワースクエア共通のポイントカードの発行を開始しました。

センターの東コンコース1階には、UHBとAIR-G'のサテライトスタジオ「えき☆スタ」が入居しています。

センター7階・8階はシネマコンプレックス「札幌シネマフロンティア」になっています。

スクリーン数は12。

札幌駅南口の外壁中央に設置されている時計は北海道出身の彫刻家・デザイナー五十嵐 威暢(たけのぶ)氏がデザインした物であります。

名前は『星の大時計』。

時計の下にある青い縞模様はソーラーパネルで、発電した電気は『星の大時計』などの動力源にされています。

また、最近では北海道唯一のHMV店舗が4階に開きました。


札幌ステラプレイスのホームページがあります。

札幌ステラプレスへアクセス




posted by アリスト at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌

アピア (札幌市)

アピア(あぴあ)は札幌市中央区にある地下街です。

札幌駅直結の地下街でもあります。

札幌エスタ、札幌ステラプレイス、パセオと共に、「JRタワースクエア」を形成しています。

アピアのイメージカラーは■グレーです。

また、現在建設中の地下歩道が完成すれば大通公園直下の地下鉄大通駅およびさっぽろ地下街と結ばれることになります。


接続している主な建物は、
北海道旅客鉄道(JR北海道)札幌駅
札幌市営地下鉄さっぽろ駅
西武百貨店札幌店
東急百貨店さっぽろ店
JRタワー
大丸札幌店
札幌ステラプレイス
札幌エスタ
ビックカメラ札幌店
札幌ら〜めん共和国
センチュリーロイヤルホテル
アスティ45
読売北海道ビルなどがあります。

最寄駅
JR北海道
函館本線札幌駅
札幌市営地下鉄
南北線 (N06)・東豊線 (H07) さっぽろ駅
タグ:アピア
posted by アリスト at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌

JRタワー

JRタワーは札幌の観光名所にもなりました。

札幌の中心部にあり、札幌市内360度の展望は、すばらしいです。

JRタワーの所在地 札幌市中央区北5条西2丁目 - 4丁目

建設期間 2000年 - 2003年

使用目的 駅ビル、オフィス、商業施設、駐車場

設計 日本設計 施工 鹿島建設、熊谷組、札建工業JV

アンテナ / 尖塔(最頂部) なし 屋上 173 m

階数 38階(タワー棟)、延べ床面積 274,459u(施設全体)、90,627u(タワー棟) エレベーター数 一般用26基の施設です。

JRタワー(じぇいあーるたわー)は、北海道札幌市のJR札幌駅南口に2003年3月6日にオープンした駅ビル・超高層ビルである。計画段階では「札幌駅南口総合開発ビル」という名称でした。

駅西側・中央・東側の3ブロックに分かれており、中には百貨店、シネマコンプレックス、ホテル、オフィスなどが入っています。

東側のタワー棟は高さ173m(地上38階)、2007年現在では関東以北で最も高い建築物であります。

札幌市のランドマーク的な存在でもあります。

2005年10月1日、運営会社の札幌駅南口開発(株)が札幌ターミナルビル(株)・札幌駅地下街開発(株)・札幌ステーション開発(株)を吸収合併し、社名を札幌駅総合開発(株)に変更しました。

また、合併を機に札幌ステラプレイス・札幌エスタ・Apia・パセオの共通ブランドとして「JRタワースクエア」が設けられました。

2006年3月からは、JRタワースクエア内の統一ポイントカード「JR TOWER SQUARE CARD」の発行が開始されました。

札幌駅1階の東西にあるコンコース(および、その直下にあるパセオ内の通路)と一体化した形で1階・地下1階に広い通路があり、これを境に3つに区切られています。

西側は地上9階地下4階(店舗は8階まで、地下2階以下は駐車場)で、大丸札幌店が入っています。

中央
中央部は地上9階地下1階で、多くのテナントからなる「札幌ステラプレイス/センター」と、シネマコンプレックスの「札幌シネマフロンティア」が入っています。

なお、2階の北側を東西に貫通する車道が設けられており、2ヶ所に車寄せがあります。

また4階から札幌駅ホームの屋根の上にある駐車場に出られます。

1階東側通路沿いにはえき☆スタが入っています。

東側タワー棟は地上38階(最高173m)地下1階で、地下1階から地上6階までは中央部同様「札幌ステラプレイス/イースト」が、7階から20階には多くの企業が事務所を構える「JRタワーオフィスプラザさっぽろ」、22階から36階には「JRタワーホテル日航札幌」、そして38階には関東以北一番の高さ (160m) を誇る展望室「JRタワー展望室T38(タワー・スリーエイト)」が入っています。

展望室(有料)直通エレベーター乗り場は6階。このほか立体駐車場もあります。

また、地下1階・2階・6階は隣接する商業ビル「札幌エスタ」と連絡通路で繋がっています。

JRタワーの男子トイレ。

別名、展望トイレ最上階の38階のJRタワー展望室T38(タワー・スリーエイト)北東側の男子トイレには窓に沿って小便器が並んでおり、札幌市内を一望しながら用が足せるスペースがあります。

札幌駅へ寄ったついでに展望するのもいいかもしれませんね。


JRタワーへアクセス



タグ:JRタワー
posted by アリスト at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 札幌

北海道札幌駅隣、札幌駅前バスターミナル

札幌駅前バスターミナル(さっぽろえきまえバスターミナル)は、北海道札幌市中央区にあります。

札幌駅総合開発が設置するバスターミナルです。

札幌駅南口の札幌エスタ内にあります。

北海道内主要都市を結ぶ都市間バスや市内主要地区を結ぶ定期路線バスが発着しています。

札幌駅前バスターミナルは、3レーン・各6ヶ所の乗降場を備えています。

以前は「北・中・南」3つのレーン毎に番号が振られていたが、2003年のJRタワーオープンに合わせて分かりやすく1〜18番までの通し番号制に改められました。

旧北レーン1〜6番乗り場→1〜6番乗り場
小樽方面行高速バス、ジェイ・アール北海道バス(一部を除く)

旧中レーン1〜6番乗り場→7〜12番乗り場
道南バス、沿岸バス、じょうてつ、ジェイ・アール北海道バス(一部)、北海道中央バス(定期観光の一部)
旧南レーン1〜6番乗り場→13〜18番乗り場

北海道中央バス(小樽方面行高速バスを除く)、定期観光(一部を除く)、共同運行各社
※6番乗り場の後ろ側に降車場があるため、正式には乗り場は19ヶ所となります。

従来は各レーン間の直接の行き来ができず、2Fまたは地下へ移動してから再度階段を上り下りする必要があったが、バリアフリー化の一環として構内中央に押しボタン式信号機(遮断機と音声アナウンス付き)を設置、利便性が格段に向上しました。

営業窓口としては、
ジェイ・アール北海道バス

3番乗り場付近にあります。

窓口は路線案内のみ対応をしています。

小樽方面行高速バス乗車券自動券売機、ジェイ・アールバスカード、札樽間高速バス共通カード、共通ウィズユーカードの自動販売機が設置されています。

その他の発券業務などは地下1階のJRトラベルセンター・アピア店で取り扱っています。

道南バス

10番乗り場付近に設置。都市間路線の予約と発券、バスカード発売業務を取り扱う。

じょうてつ・沿岸バス

12番乗り場付近に設置。予約・発券業務を取り扱う。ジェイ・アール北海道バスが委託を受けています。

発券業務などは地下1階のJRトラベルセンター・アピア店でも取り扱っています。

北海道中央バス

15番乗り場付近にあります。

乗車券は片道券と往復券は自動券売機での扱いで、予約制の紋別行や回数券等の一部乗車券、中央バスカード、札樽間高速バス共通カード、共通ウィズユーカードは窓口と一部乗車券のみ地下1階のJRトラベルセンター・アピア店で販売しています。

定期観光バスの予約は2階窓口で受け付けています。

いずれも早朝・夜間は営業していない。


のりば 
1 ジェイ・アール北海道バス
  北海道中央バス 高速おたる号(北大経由・円山経由) 小樽駅前

  北海道中央バス 高速おたる号(望洋台経由) 小樽築港駅
   高速よいち号 余市梅川車庫前
   高速しゃこたん号 積丹神威岬※夏期運行 美国
   高速いわない号 岩内ターミナル
   高速ニセコ号 ニセコいこいの村

2 ジェイ・アール北海道バス
2 北郷線 北郷5条3丁目
5 米里線(バスセンター経由)白陵 高校前
7 米里線(サッポロファクトリー経由) 白陵高校前
6 米里線 上新川
8 米里線(米里経由) 大麻11丁目

3 ジェイ・アール北海道バス
1 新札幌線 新札幌駅
1-3 新札幌線(札幌コンベンションセンター経由) 新札幌駅
13 上野幌線(新札幌駅経由) 厚別営業所前
15 もみじ台団地線(新札幌駅経由) もみじ台団地
22 開拓の村線(新札幌駅経由) 開拓の村
24 大麻団地線(新札幌駅経由) 大麻11丁目
26 江別線(新札幌駅経由) 江別駅

4 ジェイ・アール北海道バス
高速えりも号 えりも駅
高速ひろおサンタ号 広尾6丁目
高速えりも・ひろお号※繁忙期運行 広尾駅
新日本海フェリー連絡バス※期間限定運行 苫小牧東港
33 北広島線 北広島駅,椴山

5 ジェイ・アール北海道バス
42 発寒団地線 手稲山口団地
55 手稲線 手稲営業所前
57 手稲鉱山線 手稲鉱山
66 小樽線 張碓
80 試験場線 運転免許試験場

6 ジェイ・アール北海道バス
快速64 手稲線・快速ていねライナー 手稲鉱山通
快速95 山口団地線・ショッピングライナー※土曜・休日運行 手稲山口団地
16 動物園線(動物園正門前経由)※夏期運行 大倉山競技場前
高速 ていね山線(札樽道経由)※冬期運行 テイネハイランド
高速 札幌国際スキー場線(札樽道経由)※冬期運行 札幌国際スキー場

7 ジェイ・アール北海道バス
51 啓明線(医大病院前経由)
53 啓明線(中央区役所前経由) 啓明ターミナル
じょうてつ 南54 真駒内線 真駒内本町

8 北海道中央バス
さっぽろ散策バス※夏期運行 札幌駅前ターミナル
定期観光バス

9 じょうてつ
南55 藻岩線 硬石山

10 道南バス
高速ハスカップ号 苫小牧駅前
高速おんせん号 登別温泉
高速白鳥号 室蘭フェリーターミナル
室蘭産業会館前
高速室蘭サッカー号 室蘭大谷高校前
札幌伊達線 伊達駅前
札幌洞爺湖線 東町サンパレス前
洞爺湖温泉
札幌豊浦線 豊浦しおさい前
高速ひだか号 日高ターミナル
高速ペガサス号 優駿の里
浦河ターミナル
ニセコマウンテンライナー※冬期運行 ホテル日航アンヌプリ

11 道南バス
10番のりば出発便増便時に使用 

沿岸バス 特急はぼろ号(高速経由) 豊富営業所
特急はぼろ号(高速経由・増毛経由) 本社ターミナル

12 じょうてつ
7 豊平峡温泉線(川沿16条2丁目・藤野3条11丁目経由)
8 豊平峡温泉線(石山中央・藤野3条11丁目経由) 豊平峡温泉
7 定山渓線(川沿16条2丁目・藤野3条11丁目経由)
8 定山渓線(石山中央・藤野3条11丁目経由) 定山渓車庫前
7 定山渓線(川沿16条2丁目・藤野3条11丁目経由)
8 定山渓線(石山中央・藤野3条11丁目経由)
8 定山渓線(石山中央・簾舞小学校経由) 豊滝
7 定山渓線(川沿16条2丁目・藤野1号線経由) 藤野4条11丁目

13 北海道中央バス
高速いわみざわ号 岩見沢ターミナル
高速みかさ号 三笠市民会館
高速びばい号 美唄駅前

14 北海道中央バス
高速たきかわ号(直行・砂川経由) 滝川営業所
高速しんとつかわ号 新十津川役場
高速るもい号(深川経由・滝川経由) 留萌ターミナル
北海道中央バス 高速あさひかわ号 旭川ターミナル
ジェイ・アール北海道バス高速あさひかわ号 旭川ターミナル
道北バス 高速あさひかわ号 旭川ターミナル

北海道中央バス 高速えんがる号 遠軽ターミナル 中湧別文化センタートム
北海道北見バス 高速えんがる号 遠軽ターミナル 中湧別文化センタートム
道北バス(到着のみ) 高速えんがる号 遠軽ターミナル 中湧別文化センタートム

北海道中央バス 高速流氷もんべつ号(直行・旭川経由) 紋別ターミナル
ジェイ・アール北海道バス高速流氷もんべつ号(直行・旭川経由) 紋別ターミナル
道北バス 高速流氷もんべつ号(直行・旭川経由) 紋別ターミナル
北紋バス 高速流氷もんべつ号(直行・旭川経由) 紋別ターミナル

15 北海道中央バス
高速とまこまい号 苫小牧フェリーターミナル,苫小牧駅前
札幌・桂岡線 薬大前
札幌支笏湖線※夏期運行 支笏湖

北海道中央バス 高速なよろ号 名寄駅前
道北バス 高速なよろ号 名寄駅前

16 北海道中央バス
高速くりやま号 栗山駅
高速ゆうばり号 夕張石炭歴史村
高速ふらの号 富良野ターミナル,芦別ターミナル
高速むろらん号 室蘭フェリーターミナル,室蘭産業会館前,室蘭大谷高校前

札幌第一観光バス 札幌国際スキー場連絡バス(定山渓経由)※冬期運行 札幌国際スキー場
じょうてつ 札幌国際スキー場連絡バス(定山渓経由)※冬期運行 札幌国際スキー場

17 北海道中央バス
定期観光バス
シュプールライナー札幌富良野号※冬期運行 新富良野プリンスホテル
札幌・ニセコ号※冬期運行 甘露の森

18 北海道中央バス
定期観光バス
Mt.レースイ スキーバス※冬期運行 ホテルシューパロ
北海道中央バス キロロ線※冬期運行 キロロリゾート
ジェイ・アール北海道バス キロロ線※冬期運行 キロロリゾート

到着のみ
北海道中央バス ドリーミントオホーツク号網走バスターミナル、北見バスターミナルより到着 13番〜18番の空いている乗場に到着,出発は札幌ターミナル

北海道北見バス ドリーミントオホーツク号網走バスターミナル、北見バスターミナルより到着 13番〜18番の空いている乗場に到着,出発は札幌ターミナル

網走バス ドリーミントオホーツク号網走バスターミナル、北見バスターミナルより到着 13番〜18番の空いている乗場に到着,出発は札幌ターミナル

北海道中央バス スターライト釧路号 くしろバス前より到着 13番〜18番の空いている乗場に到着,出発は札幌ターミナル
くしろバス スターライト釧路号 くしろバス前より到着 13番〜18番の空いている乗場に到着,出発は札幌ターミナル
阿寒バス スターライト釧路号 くしろバス前より到着 13番〜18番の空いている乗場に到着,出発は札幌ターミナル

北海道中央バス ポテトライナー 十勝川温泉、帯広駅バスターミナルより到着 13番〜18番の空いている乗場に到着,出発は札幌ターミナル

ジェイ・アール北海道バスポテトライナー 十勝川温泉、帯広駅バスターミナルより到着 13番〜18番の空いている乗場に到着,出発は札幌ターミナル

北都交通 ポテトライナー 十勝川温泉、帯広駅バスターミナルより到着 13番〜18番の空いている乗場に到着,出発は札幌ターミナル

十勝バス ポテトライナー 十勝川温泉、帯広駅バスターミナルより到着 13番〜18番の空いている乗場に到着,出発は札幌ターミナル

北海道拓殖バス ポテトライナー 十勝川温泉、帯広駅バスターミナルより到着 13番〜18番の空いている乗場に到着,出発は札幌ターミナル

北海道中央バス 高速はこだて号 湯の川温泉東より到着 13番〜18番の空いている乗場に到着,出発は札幌ターミナル
北都交通 高速はこだて号 湯の川温泉東より到着 13番〜18番の空いている乗場に到着,出発は札幌ターミナル
道南バス 高速はこだて号 湯の川温泉東より到着 13番〜18番の空いている乗場に到着,出発は札幌ターミナル



降車
ジェイ・アール北海道バス、じょうてつ、道南バス、小樽方面からの高速バスは、ターミナル後ろ側・札幌駅寄りの降車停留所で取り扱います。

その他の会社は割り当て乗り場付近の空いている乗り場で取り扱います。



posted by アリスト at 10:57 | Comment(5) | TrackBack(1) | 札幌

北海道札幌市南区は、札幌市の中で面積は一番広いところです

札幌市、南区(みなみく)は、札幌市の南西部一帯を占める行政区であります。

区域面積657.23 km2は全市の6割に達し、東京都の23特別区の合計面積を上回っており、南区の面積よりも広い政令指定都市は仙台市、静岡市、浜松市、京都市、広島市だけであります。

しかし、その大部分は山林であります。

南区は、面積 657.23km² 総人口 151,636人(推計人口、2007年3月1日)

南区の地理的には区域の大半は支笏洞爺国立公園にも属する山岳地帯で、後志山地の北東部にあたります。

札幌岳、余市岳など標高1,000 mを超える山が17座あります。

豊平川上流の定山渓は温泉地として知られ、年間200万人を超える観光客を集めています。

定山渓に近い豊羽鉱山は銀・亜鉛・インジウムなどを産するが、鉱量不足のため2006年3月をもって操業を休止しています。

北東部の豊平川沿いの平地にある藤野地区、真駒内地区、澄川地区、藻岩山周辺の丘陵にある藻岩地区、南沢地区、真駒内川沿いの常盤地区には住宅街が広がっています。

南区役所は真駒内にあります。

山岳: 余市岳(1488.1 m)、無意根山(1464 m)、中岳(1388 m)、札幌岳(1293 m)、狭薄山(1296 m)、漁岳(1318 m)、空沼岳(1251 m)、白井岳(1301.6 m)、迷沢山(1005.7 m)、烏帽子岳(1109.7 m)、天狗山(1144.9 m)、長尾山(1211 m)、砥石山(826.7 m)、観音岩山(498 m)、硬石山(371 m)、藻岩山(531 m)、木挽山(102 m)

河川: 豊平川、小樽内川、白井川、北の沢川、真駒内川、精進川、山鼻川

交通アクセスは、人口が集中する北東部には、北から地下鉄南北線が入って真駒内まで通じています。

1969年までは同じ路線を通る定山渓鉄道が定山渓まで延びていました。

札幌市営地下鉄としては、 南北線 : 澄川駅 - 自衛隊前駅 - 真駒内駅

バスは、以前は市交通局がバス路線を多数運営していたが、段階的に民間事業者に路線移譲され、南区内の路線バスは現在は以下の事業者により運営されています。

じょうてつ(本社:札幌市)

北海道中央バス(本社:小樽市)

ばんけい観光バス(本社:札幌市)

道路としては、一般国道、国道230号、国道453号があります。

観光名所としては、定山渓温泉、豊平峡温泉、小金湯温泉、札幌芸術の森、札幌市アイヌ文化交流センター(サッポロピリカコタン)、フッズスノーエリア(スキー場・藤野リュージュコース)、真駒内公園 - 札幌市豊平川さけ科学館、真駒内屋内競技場、真駒内屋外競技場、真駒内中央公園 - エドウィン・ダン記念館、石山緑地、旧黒岩家住宅(旧簾舞通行屋)、滝野すずらん丘陵公園 などがあります。

また、真駒内スキー場や藻岩山市民スキー場などが手軽なものから大規模なものまで数箇所あります。

札幌南区も、観光名所などいろいろとたくさんあります。

季節によっていくところは変わりますが、通年温泉もありますし、南区も探索するといろいろと子供と遊ぶところもあります。

ドライブしながら、いろいろと南区を探索してみても面白いとおもいます。





タグ:札幌市南区
posted by アリスト at 09:59 | Comment(1) | TrackBack(4) | 札幌

札幌市地下鉄の運賃と乗り継ぎわかりますか

札幌市の地下鉄に色があること知っていましたか。

私は、あまり知りませんでした。

路線とラインカラーの関係を次の表に示す。


緑      N  南北線   麻生駅 - 真駒内駅 14.3
橙      T  東西線   宮の沢駅 - 新さっぽろ駅 20.1
スカイブルー H  東豊線   栄町駅 - 福住駅 13.6

路線図2006年1月26日から各路線を表すために記号(アルファベット)と駅番号が導入された。路線記号の由来は次の通り。

南北線 (N):南北 (Namboku) 線の頭文字から。

東西線 (T):東西 (Tozai) 線の頭文字から。

東豊線 (H):東豊 (Toho) 東西線のTとの重複を避けるため、豊のHを採ったようです。

各路線間の相互乗換は、大通駅・さっぽろ駅にてともにホーム同士を結ぶ連絡通路を利用して行います。

改札を出ると途中下車として取り扱われるため、切符は回収され、共通ウィズユーカードは精算されるので注意が必要です。

実際、間違う乗客が居るためか、改札口には切符が回収される旨の大きな掲示が見受けられます。

乗継運賃は、基本的に通常運賃の合算額から80円引きとなっているが、(2)区のみ100円引きとなっています。

これはかつて、「地下鉄とバスの乗り継ぎに限り、(2)区は1区と同じ運賃とする」という制度が存在していたためで、1997年の運賃制度改正で1区と2区の中間額となりました。

この変則的な制度は電車との乗継には適用されなかったため、電車との乗継運賃は(2)区も2区も同じであります。

地下鉄から電車・バス(1区)へ乗り継ぐ場合は、地下鉄駅で購入した乗継券のみでそのまま乗継が可能です。

電車・バスから地下鉄へ乗り継ぐ場合は、電車・バスの降車時に通常運賃+地下鉄1区分相当の乗継運賃(120円)を払って乗継券を受け取り、地下鉄の乗車区間が1区を超えた場合は下車駅で精算します。

ただし、バス2区や対キロ区間(札幌市内のみ)のように、バスの運賃がバス1区の運賃(200円)を上回る場合は、その差額分だけ乗継運賃も加算される。

このため
地下鉄→バスの乗り継ぎの場合は、バス降車時に乗継券に加え、運賃表の表示金額から200円を差し引いた差額分を支払う。

バス→地下鉄の乗り継ぎの場合は、バス降車時に、バスの通常運賃+地下鉄1区分相当の乗継運賃(120円)を払って乗継券を受け取とります。

なお、1997年の運賃制度改正以前は主要の中央バス路線との乗り継ぎは20円高く設定されていました。

札幌市地下鉄と 乗継可能なバス会社、ジェイ・アール北海道バス、じょうてつバス、北海道中央バス、ばんけい観光バス、夕鉄バス 。


バスとの乗継割引適用の条件
札幌市内の区間で乗り継ぐ場合に限り乗継割引が適用される(一部例外あり)。

かつて札幌市営バスとして運行されていた路線やそれと運行エリアの近い路線を除き、札幌都心部(さっぽろ駅・大通駅・バスセンター前駅・すすきの駅・豊水すすきの駅)での乗継は原則として乗継割引対象外です。

「バスセンター」を乗継指定停留所としているバス路線の場合、地下鉄側では大通駅とバスセンター前駅のどちらで乗り継いでもよい。逆に、大通駅のみを乗継指定しているバス停(「南1西1」「大通西4」など)とバスセンター前駅での乗り継ぎは乗継割引対象外です。

郊外部の駅で都心部方面に向かうバスに乗り継ぐ場合、乗継割引が適用されなかったり、乗継割引の適用される区間に制限が設けられている場合があります。

例えば麻生駅では、札幌ターミナル・札幌駅北口〜麻生駅〜郊外方面というバス路線が多数存在する。これらの場合、麻生駅とそこから都心寄りにあるバス停との間でバスを利用する場合は乗継割引対象外である。

一つのバス路線が複数の地下鉄駅と接続している場合は、そのうち最も郊外側にある駅で乗り継ぐ場合しか乗継割引が適用されない場合がある。この規定については、かつてはかなり厳格に適用されていたが、1990年代後半以降、当時札幌市営バスとして運行されていた路線は、かなり緩和されている。

例えば月寒中央駅と福住駅の両方に停車するバス路線は、福住駅で乗り継ぐ場合にしか乗継割引が適用されない。

都市間バスについては、札幌市内相互間での利用が可能な路線であっても乗継割引対象外である。(ただし共通ウィズユーカードは利用できるバス路線もある)

これらの例には当てはまらないものとして、ばんけい観光バスとの真駒内駅・発寒南駅での乗り継ぎも乗継割引対象外である。
なお、地下鉄とバスとの連絡定期券は地下鉄の定期券販売所でしか販売しておらず、バス会社の定期券販売所では購入できません。


乗車カードには、

共通ウィズユーカード

昼間割引カード(地下鉄専用、2000円で2500円分乗車可能。午前10時から午後4時まで乗車の場合に使用可能。)

一日乗車券

地下鉄のみ

地下鉄専用1DAYカード(800円)

ドニチカキップ(500円) - 地下鉄専用1DAYカードと効力は同じ。土曜・日曜・祝日のみ利用可能。

他交通機関も利用可能

共通1DAYカード(地下鉄・市電・バス、1000円)

バスは札幌市内で利用できるが、区間に制限がある(参照:バスの共通1DAYカード利用区間(外部リンク))。

この区間は、札幌市内の均一運賃(200円)あるいは2区間運賃(1区200円、2区230円)が適用される区間に相当する。

また利用できるバスは北海道中央バス・ジェイ・アール北海道バス・じょうてつバスのみであり、均一運賃区間でもばんけい観光バス・夕鉄バスで共通1DAYカードは利用できない。

エコキップ(地下鉄・市電・バス、700円)- 毎月5・20日のみ発売
バスは札幌市内で利用できるが、区間に制限がある(参照:バスのエコキップ利用区間(外部リンク))。この区間は、エコキップ導入時点で札幌市営バス路線であった区間に相当する(均一運賃・2区間運賃に含まれない区間は除く。また、若干の例外あり)。

とありますが読んでもわからないことたくさんあると思います。

いろいろと自分で体験して覚えていかないとわかりませんね。

posted by アリスト at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 札幌

北海道札幌市交通局の地下鉄は、世界でも珍しいゴムタイヤ地下鉄です

札幌市営地下鉄(さっぽろしえいちかてつ)は札幌市交通局が運営する地下鉄で、ゴムタイヤを用いた案内軌条式鉄道であります。

現在南北線、東西線、東豊線の3路線が営業中で、手稲区と清田区を除く市内全域で運行しています。

札幌の地下鉄は、中央にある1本のレール(案内軌条)をゴムタイヤで挟み込み、案内軌条の両側にある走路上を別のゴムタイヤで走行するという世界でも珍しい方式であります。

東京などの地下鉄に比べ、音はかなり静かです。

なお世界においては、この方式を「SAPPORO式」と呼ぶ場合がある[要出典]。

ゴムタイヤを使用した地下鉄としては、日本国外ではパリ地下鉄やメキシコシティ地下鉄などにゴムタイヤを使用した地下鉄がありますが、通常の鉄道と同じ2本の鉄製レールが案内軌条に相当し、鉄車輪を案内車輪としています。

札幌方式はそれらとは異なり、「地下モノレール」に近い存在であるともいえます。

同じ札幌市営地下鉄でも、南北線と東西・東豊線では下記のような違いがあります。

集電方法は、(南北線は第三軌条方式、東西・東豊線は架空電車線方式)

案内軌条の形状は、(南北線はT字型、東西・東豊線はI字型)

走行路面の材質は、(南北線は樹脂製、東西・東豊線は鉄板)

ゴムタイヤは、(南北線はダブルタイヤ、東西・東豊線はシングルタイヤ)の違いがあります。

通常の鉄車輪式と比較すると以下のような長所があります。

加速・減速性能に優れている(ただし、鉄車輪式と大差は無い。南北線5000形の起動加速度4.0km/h/sは阪神電気鉄道の各駅停車用車両、同じく東西線8000形の3.5km/h/sは京浜急行電鉄や日本各地の地下鉄などで多くの例がある)。

ゴムタイヤは粘着性が比較的高いため、急勾配における登攀性に優れている(ただし札幌市営地下鉄の最急勾配は43‰であり、鉄車輪式でも大きな問題はない)。

乗り心地が良く、保線の必要が少ない(しかし近年は路盤の老朽化による凹凸が目立ち、以前よりも乗り心地は悪化している。札幌市交通局では路盤の補修工事も順次実施中である)。

騒音が少ない(ただし、札幌市営地下鉄の車両は全車非冷房であり、夏場は窓を開けるため非常にうるさい)。

一方、短所としては

ゴムタイヤ方式のためタイヤの磨耗が激しく保守費用がかかる上、車体幅が3.1mもあるため、北海道旅客鉄道(JR北海道)との相互直通運転が難しい。

加えて、札幌市営地下鉄は直流電化、JR北海道は交流電化という違いもあるため、直通運転は一層困難であります。

近年日本の鉄道業界では、車両の基本設計の共通化による大幅なコスト削減が進んでいるが(E231系やA-trainなど)、札幌市営地下鉄は完全に独自規格のため、それが困難です。

製造メーカーが川崎重工業一社のみであるため、メーカー間の競争も起こらないです。

また、中古車両の地方私鉄への譲渡がほぼ不可能に近い(上記の直通運転にも影響を与えています)。

など、色々と問題を抱えている。

また、路線建設に費やしたキロメートル当たりの建設費用の高さも累積赤字の増大の一因になっています。

車両に関しては、札幌市営地下鉄の車両の車体幅は3080mmで、新幹線を除く日本の鉄道車両で現在営業中のものとしては最大であります。

冷房装置を搭載していないため、夏は送風装置や窓からの風と取り付けられる風鈴で暑さをしのぐ状態です。

貫通扉がない六角形の広い連結部が特徴であるが、大邱地下鉄放火事件を教訓とした2005年12月の法改正により、2006年度に落成した新車(東西線用8000形)からはガラス製の貫通扉が設置されました。

開業時以来、すべての車両で座席上の荷棚(網棚)が設置されていない。

これは乗客の忘れ物防止、乗車時間が比較的短いことなどが理由とされている[1]。

しかし、通常は荷棚がある位置に立客用の掴み棒が設置されているため、一見荷棚があるかのように錯覚しやすい。

このため、載せようとした荷物が下の座席に座っている乗客の上に落ちる、という危険な事態が後を絶たない[要出典]。

また大きな荷物も床に置かざるを得ないため、限られた車内スペースの有効活用の観点からも問題視されることがあります。

いわゆる「シルバーシート」については、一般的な優先席とはせず「専用席」としている。

混雑時、周囲に高齢者など、席を必要とする乗客がいない場合でも空いていることが多いのも特徴です。






posted by アリスト at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌

北海道札幌市東区は冬の札幌雪祭り会場としても有名なサッポロさとらんどがあります

札幌市(さっぽろし)は、北海道の市で、道庁所在地ならびに石狩支庁所在地です。

札幌市の中で、東区(ひがしく)は、札幌市の北東部を占める行政区であります。

札幌市東区は、面積 57.13km² 総人口 254,766人(推計人口、2007年3月1日)

地理的には、区内は平坦で、地形図に名が記されるような山はなありません。

しかし2004年6月、モエレ沼公園内に建設残土などを使い造成されていた人工の山「モエレ山」(標高62.4 m)が、国土地理院の電子版地形図に記載されました。

東には豊平川や石狩川が流れています。

これらは白石区、江別市、当別町との境界になっています。

西に流れる創成川を隔てて北区と接しています。

山: モエレ山 (62m)

河川: 創成川、旧琴似川、伏籠川、雁来新川、篠路新川、豊平

川、石狩川

湖沼: モエレ沼

1972年(昭和47年) 札幌市の政令指定都市化に伴い、東区が誕生しました。


交通アクセスとしては

札幌市内に空港があります。

札幌飛行場(丘珠空港)です。

しかし、滑走路のが短いので大型機の離陸着陸は出来ません。



札幌市営地下鉄(札幌市交通局)は、

東豊線 : 栄町駅 - 新道東駅 - 元町駅 - 環状通東駅 - 東区役所前駅 - 北13条東駅 の駅があります。

バスに関しては、以前は市交通局がバス路線を多数運営していたが、段階的に民間事業者に路線移譲され、東区内の路線バスは現在は以下の事業者により運営されています。

北海道中央バス(本社:小樽市)※東区の大部分。古くから地盤があった上に、市バス路線が加わる。

道路に関しては、高速道路、札樽自動車道 : 札幌北IC 伏古IC 雁来IC、一般国道、国道5号、国道231号、国道274号、国道275号があります。

観光名所としては、モエレ沼公園(2002年度グッドデザイン大賞)、サッポロさとらんど、札幌コミュニティドーム(つどーむ)、丘珠獅子舞(市無形文化財第1号)、札幌村郷土記念館、サッポロビール園、苗穂地区の工場・記念館群(北海道遺産)、GOLDENマーケットなどがあげられます。

中でもサッポロサトランドは、冬の札幌市のイベント札幌雪祭りの会場としても有名です。

サッポロさとらんどは、北海道札幌市東区にある農業をテーマにした公園で、札幌市公園緑化協会が管理しています。

場所的には、モエレ沼公園の南西にあり、1995年に開園しました。

面積は36haあります。


サッポロサトランドは、北は北海道道112号札幌当別線(伏古拓北通)、南は苗穂中通に面しています。

公園の中央を東西にさとらんど通が横切る感じです。

東の縁を雁来新川が流れ、中央を丘珠藤本川が西から東に貫流しています。

雁来新川の東方に、モエレ沼公園がある。347台収容の駐車場を備えています。

また、公園周辺には工場が多く立地しています。

収穫体験ができるふれあい農場、馬・羊・山羊・豚・鶏がいるふれあい牧場、見学可能なサツラク農業協同組合の牛乳工場があります。

さとらんどセンターやさとらんど交流館では、バターやソーセージなど農業製品の製造体験の機会を用意しています。

貸し出し用の市民農園、芝生の広場などもありますし他に、敷地内に札幌農業指導センターとその農場があります。

2006年から、真駒内会場(陸上自衛隊真駒内駐屯地)の代替地としてさっぽろ雪まつりの会場となっています。

交通アクセスとしては、東豊線環状通東駅より東61中沼小学校通行、南北線北34条駅または東豊線新道東駅より東76中沼小学校通行に乗車しいずれも丘珠高校前下車(徒歩10分)

また、土曜日・日曜日・祝日の日中は北34条駅発着のバスがさとらんど経由で運行されています。
※全て北海道中央バスが運行しています。


詳しくは、ホームページをご覧ください。


サッポロさとらんどへアクセス





posted by アリスト at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 札幌
アフィリエイトなら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。