札幌手稲オリンピアスキー場もまだ滑れます

札幌手稲オリンピアスキー場もまだまだ滑ることができます。

現在

ハイランドゾーン手稲山山頂気温:
-1℃

積雪:
250 cm

オリンピアゾーン白樺平気温:
1℃

積雪:
135 cm

営業時間は
ハイランドゾーン
9:00〜16:00(パラダイスゲレンデは16:30)

オリンピアゾーン
9:00〜21:00(金・土は22:00まで、ナイター開始は16:00)

札幌オリンピックでも使用されたコースある手稲オリンピアスキー場は、初級者から上級者まで楽しむことが出来るスキー場として有名です。

手稲オリンピアスキー場も、都心から近いですから今のうちにスキーをたくさん楽しんでおきましょう。

アクセスは車が一番です。

自家用車やタクシー・直行バス以外でアクセスしているのはJRバスです。

冬休み期間以外の平日はJR手稲駅からの運行。

冬休み期間と土・日・祝日はJR手稲駅からの運行に加え、JR札幌駅や地下鉄宮の沢駅からの運行もあります。

JR各列車をご利用になり、JR手稲駅からJRバス

冬休み期間と土・日・祝日は地下鉄宮の沢駅からJRバス

また、昨年から『市内直行バス』が運行しています。
posted by アリスト at 09:45 | Comment(0) | スキー

札幌都心から近い札幌国際スキー場

札幌国際スキー場は、北海道札幌市南区にあるスキー場である。

札幌市や小樽市からのアクセスが良く、また北海道のスキー場でも有数の面積を誇るため、地元客のみならず道外からのリピーターも多いスキー場として知られています。

運営は札幌リゾート開発公社がしています。


所在地
北海道札幌市南区定山渓937番地 にあります。

標高
(標高差) 1,100 m / 630 m
( 470 m )
コース数 7 本
コース面積 - ha
最長滑走距離 3,600 m
最大傾斜 30 度
索道数 5 本

現在、積雪は3.8メートルまだまだ滑ることが可能です。

営業は連休ぐらいまで予定しているみたいですが、連休近くは各になしてから行かれたほうがいいと思います。
posted by アリスト at 09:25 | Comment(0) | スキー

富良野スキー場も大好きです

富良野スキー場は、札幌から高速の道央道を通り、国道38号経由で平均2時間半の距離があります。

富良野スキー場は、実は私が一番好きなスキー場であります。

でも、少し札幌からの距離があるため1年に何回も行けないのが残念です。

ここも、スキーのコースはたくさんあり、初心者コースが11コース、中級者コースが8コース、上級者コースが5コースと数も多いです。

設備としては、ロープウェー1機、ゴンドラ2機、リフトは、7機かびされた大きなスキー場です。

この富良野スキー場は、大きく右と左のコースに分かれています。

右側は、下に初心者コースもあり、慣れていない人がコースにたくさんいます。

私的には、どちらかというと左のコースの方が好きです。

この富良野スキー場は、標高1千2メートル級の山ですから、ゴンドラで上がり、一気に滑ってくるとかなり足が疲れます。

昔は、上級者コースを好んで滑りましたけど、今は、中級者コースが良いです。

もう、せめるスキーはあまりおもしろくなくなりました。

今は、歳もとってしまったので楽なスキーが楽しいですね。

この富良野スキー場は、プリンス系のスキー場で山のふもとにはホテルのレストランもあり、美味しい食事を楽しむことは出来ます。

いろいろな食事の施設も整っていますのでお弁当なしでもOKです。

また、当然プリンスホテルですからスキーパックもあり、宿泊には最適なところだと思います。

ただ、札幌から少し離れているので、札幌と併用した観光スキーにはちょっと向いていないかもしれません。

でも、スキーが好きで、粉雪が好きな人は絶対に一度は行く価値のあるスキー場だと思います。

ちなみに、営業はゴールデンウィークまでやることに、なっているみたいです。
posted by アリスト at 10:31 | Comment(0) | スキー

札幌からスキー場は近いのに、スキー行くことが出来ませんでした

今日は、スキーへ行こうと張り切って計画は立てていましたが、結局、スキーへは行くことは出来ませんでした。

実は、今父親が入院していて、様態があまり良くありません。

その病院へ、母親が毎日、看護に行っている状態でありましたが、毎日の疲れか、母親も調子が悪くなり、その手伝いで、スキーには行くことが出来ませんでした。

本当は、今日は、スキーへ行った感想を書こうと思っていましたが、仕方ないです。

今、自分が、父親に、なにをしてやることが出来るか、考えた場合、今自分が出来る事をしないと、悔いが残る感じがするわけです。

そこで、今日は、スキー場情報を書きたいと思います。

今日は、スキーに行こうと思っていたスキー場は、札幌国際スキー場です。

ここは、ゴンドラが2機あり、リフトも10機近くあるスキー場です。

また、スノーボードのコースとスキーのコースが分かれており、衝突の危険性も少ないスキー場でもあります。

コースに関しては、上級者から初心者まで滑れるコースは、完備され、誰が行っても楽しめるスキー場です。

家族連れでも、ぜんぜんOKです。

この札幌国際スキー場は、大きなスキー場として、札幌からの距離が一番近いスキー場であるための一番混むスキー場でもあります。

ちなみに札幌の都心部から1時間少々で着きます。

私は、この混むのが嫌いなので、この札幌国際スキー場へは、朝一番で現地にに着き、ゴンドラにに乗るのに先頭の方に並びスキーを滑り始めます。

休みの日は、当然混みますが、本当に混んでくるのは11時過ぎくらいからです。

私は、その混んでくる11時をめどに、あと1本滑るか決めて、スキー場を後にします。

この時間で、山の頂上から滑れる本数は7本くらいですね。

スキー場では、当然、1日券を買います。

ゴンドラとしては、5本滑れると、元が取れますので、7本滑べれればOKです。

帰り際に、本当はあまりいいことではありませんが、その時間に来た人に、その1日券を人にただで渡してきます。

すごく喜んでくれます。

現在、札幌国際スキー場は、積雪が4メートルあり、まだまだ滑れる状態です。

今年は、雪が少ないと言われてきましたが、この前の雪で例年と変わりはありません。

この札幌国際スキー場は、5月の連休まで滑ることが出来ますので、これから計画を立ててスキーに行くのもいいかもしれませんね。

posted by アリスト at 21:48 | Comment(0) | スキー

札幌からスキー場へはやはり車で行きます

私は、スキー場へは車で行きます。

ニセコスキー場、札幌国際スキー場、富良野スキー場などは、札幌から3時間圏内で到着するスキー場です。

また、高速道路で行けば、カムイリンクススキー場があります。

私としては、車の免許を取った大学時代から、やはり多く行ったのは、ニセコスキー場と札幌国際スキー場、富良野スキー場が行った回数からすると多いと思います。

なぜこの3スキー場に行くかといいますと、ゴンドラを降りてスキー滑走をしてゴンドラの乗り口までの距離がある程度長いからです。

簡単に距離でいいますと、スキー場のリフを4箇所つないだ距離ぐらいですかね。

スキーを1本滑って距離がありますから、スキーを滑ったという気持ちになります。

まずは、ゴンドラから降りて、スキーを履き、滑り始めてノンストップで下まで滑り降り、ゴンドラの中で休憩というスキーを今までしてきたものでうからやはりコースが長いところを選んでしまいます。

そして、7本前後、滑って昼前にスキーから帰るようなスキーをしてきました。

でも、今は歳もとってきたから、こうゆうすべり方はもう無理だと思います。

また、自分としては、このスキー場から出て地方地方で名物的なものを食べてくるのが好きです。

これから、その地方地方の旨いものめずらしいものも紹介していきたいと思います。
posted by アリスト at 16:44 | スキー

たまにはスキーをしに行きたいです

札幌は、今日は快晴、雪が降るのがやっとおさまりました。

こんな日は、仕事をサボって、スキーでも行きたいところですね。

札幌近郊のスキー場もいいですけど、やはり今一番行きたいスキー場は、ニセコかな。

ニセコには、大きなスキー場として、比羅夫スキー場、アンヌプリスキー場、東山スキー場があります。

ここで一番好きなスキー場は、私は東山スキー場です。

ここは、スキー場下にプリンスホテルがあり、昼食などプリンスホテルで食事をするとかなりリッチな気分を味わうことが出来るかもしれません。

ニセコのスキー場は、比羅夫スキー場、アンヌプリスキー場、東山スキー場は、各スキー場からゴンドラで上がっていくと、実は上でつながっています。

ですから、比羅夫スキー場からゴンドラで上がって、東山スキー場を滑って下りることや、アンヌプリスキー場を滑ってくることが出来るわけです。

ただし、車で行かれた方は、もう一度上がって、自分が車を止めたスキー場へ滑って下りないと大変なことになります。

私もしばらくニセコに行っていませんのではっきりしたことは判りませんが、ニセコの各スキー場は経営者が違うので共通リフトゴンドラがあるかないかは調べてから滑ったほうがいいかもしれません。

ちなみに、私が初心者や家族連れの場合は、アンヌプリスキー場をお勧めします。

私も、初心者や大勢の団体でスキー旅行など計画するときはアンヌプリスキー場を指定することが多いです。

今、ニセコは、地価が上がっています。

実は、日本と気候が正反対のオーストラリア人がスキーを夏場にするためにかなり来られています。

そして別荘としてニセコの土地を買い建物を建てて、バカンスを楽しまれている状態です。

ニセコにある、レストランなどに入ると、オーストラリア人ばかりで、英語がとびかっている状態みたいです。

そのレストランなどに入ると、なんか別世界に旅行した感じになるみたいです。

ちなみに、ニセコに有名レストランも進出していますし、中にはスキーシーズンだけ営業のレストランも今年からオープンをしました。

一回は、行ってみようと思います。
posted by アリスト at 11:22 | スキー

スキー場は大喜び、札幌は冬に逆戻り

朝起きて、びっくりです。

なんと、雪が20センチ以上積っているのです。

当然、まだ雪は降り止んではいません。

また、雪かきです。

車を動かすのも、まずは雪かきをして、それから出勤。

会社に着いたら、当然駐車場は、雪だらけ、車を置く場所10台近いスペース、この雪を除雪するのに1時間、かなり、ハードな仕事です。

でも、やらなくては、車を置くことも出来ません。

今日は、朝からかなり きつかったです。

今日は、雪がこれだけ降り、喜んでいるのは札幌近郊のスキー場です。

さっぽろの中心から市内で1時間圏内で行けるスキー場は4箇所以上あります。

一番大きいところは、手稲オリンピア、ここは、昔札幌オリンピックが行われたところです。次に大きいところは、藻岩スキー場でしょうか、ここは、札幌市の市民スキー場として、古いスキー場です。

後は盤渓スキー場、真駒内スキー場などがあります。

札幌近郊スキー場は、どちらかというと家族向けのスキー場だと思います。

また札幌から離れてはいますが、札幌国際スキー場、ニセコスキー場 富良野スキー場は、山の高さもありますから、4月でもスキーを楽しみ事は出来ます。

手稲オリンピア、藻岩スキー場はゴンドラがあり、ここから見る札幌を一望出来ますので、スキーが出来なくても一度はあがってみる価値あります。

今回の雪で、各スキー場の営業日が少し伸びたのではないかと思います。

でも、雪質はもうシャーベット状態、夜は冷えてくるのでアイスバーン状態です。

でも、今回の雪でスキーを滑ることはしばらく出来ると思います。

また、札幌昨日のスキー場で夜間が楽しめるのは藻岩山スキー場と盤渓スキー場がいいと思います。

スキーが終わったら、アフターは、当然すすきのですね。

札幌は、スキーが終わり、帰ってきてから食事をしに、すすきのへ出るのもいいと思います。

食事するところでも、12時過ぎまで営業している店は沢山あります。

昼間スキーをして、夜はすすきの、一日いっぱい遊ぶ事も出来るのが札幌です。

寝るのがおしいと、思われる方はホテルを取らず すすきので遊んでいることもできます。

すすきのは24時間眠らない場所でもあります。

これは予断ですけど、朝までやっている店は数えたことはありませんが数十店はあると思います。

朝すすきのを通るとすすきのから飲んでかえる人、これから出勤する人がすれ違うわけですから、変な感じがします。
posted by アリスト at 14:19 | スキー

スキーのシーズンは

北海道のスキーシーズンは、毎年12月から春スキーまで入れると5月のゴールデンウィークまであります。

今年は、例年より、かなり温暖な年ですからいつまで出来るのでしょうかね。

札幌近郊のスキー場は今日現在はまだすべることは出来ます。

しかし、北国のパウダースノーとは行きません。

山の上の方は、アイスバーンで下に来るとシャーベット状態になっていることもある時期に入ってきています。

アイスバーンでは、何とか滑ることは出来ますが、シャーベットになると曲がることも少しきつくなってきます。

スキーの技術にもよりますけど、やはり楽しさは少しへるかもしれません。

でも、この時期になってくると滑っていて寒さを感じなくなるので、スキーで汗を流すことが出来ます。

そうゆう意味では、寒いのが嫌いな人が滑るにはいい時期なのかもしれません。

北海道はたくさんスキー場があります。

今、まだそれなりに滑るとすると、ニセコ、富良野のがいいかもしれません。

また、札幌に近いところで札幌国産スキー場もまだ大丈夫だと思います。

今、スキー人口も少しずつ減ってはいるみたいですけど、滑ったらかなり面白いです。

スノーボードとはまた違った感じを受けると思います。

実は、スキーが出来れば、スノーボードが滑ることが出来るかといいますと、ほとんど滑れないのが現状です。

スキー、スノーボードは曲がるときの体重移動が逆なのでスキーを昔から滑ってきた人には最初はかなり難しいです。

私もスキーに関しては、幼稚園時代からやっていますのでそれなりに滑ることが出来ます。

でも、スノーボードはチャレンジしましたが滑ることができませんでした。

かなり難しいです。

これからもう一度挑戦したいと思っています。




posted by アリスト at 09:53 | スキー
アフィリエイトなら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。