北海道沙流川温泉

沙流川温泉(さるかわおんせん)は、北海道日高支庁管内沙流郡日高町(旧蝦夷地、明治以降の旧日高国)にある温泉です。

交通アクセス

鉄道 : 石勝線占冠駅より車で約20分くらい。

泉質は、単純硫黄冷鉱泉

源泉温度11.3℃

湧出量 毎分127リットル

沙流川温泉の温泉街は、

日帰り入浴施設と宿泊施設を兼ねた一軒宿「沙流川温泉 ひだか高原荘」が存在します。

冬は日高国際スキー場のロッジにもなります。

沙流川温泉歴史は、

1972年- 開湯です。

1999年- 改装しました。






タグ:沙流川温泉
posted by アリスト at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道門別温泉

門別温泉(もんべつおんせん)は、北海道日高支庁管内沙流郡日高町(旧蝦夷地、明治以降の旧日高国)にある温泉です。

交通アクセス

鉄道 : 日高本線富川駅より車で約5分です。


泉質は、ナトリウム─塩化物泉

源泉温度33.4℃

湧出量 毎分483リットル

温門別温泉の泉街は、

日帰り入浴施設である日高町営の温泉施設「門別温泉とねっこの湯」が存在します。

門別温泉の歴史は、

1999年-開湯です。

タグ:門別温泉
posted by アリスト at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道新冠温泉

新冠温泉(にいかっぷおんせん)は、北海道日高支庁管内日高郡新冠町(旧蝦夷地、明治以降の旧日高国)にある温泉です。

交通アクセスは、

鉄道:日高本線新冠駅より車で約5分くらい。

泉質ナトリウム・塩化物泉

源泉温度33.1℃

湧出量 毎分72リットル

新冠温泉の温泉街は、

日帰り入浴施設と宿泊施設を兼ねた一軒宿、新冠温泉レ・コードの湯、ホテルヒルズのみが存在します。

新冠温泉の歴史は、

1998年-開湯です。


タグ:新冠温泉
posted by アリスト at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道豊浦温泉

豊浦温泉(とようらおんせん)は、北海道虻田郡豊浦町(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉です。

交通通アクセスは、

鉄道 : 室蘭本線豊浦駅から徒歩15分くらいです。

泉質現在源泉は2本存在しています。

カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉

豊浦町ヌキベツ臨海温泉 2号井 源泉温度 - 53度

豊浦町ヌキベツ臨海温泉 3号井 源泉温度 - 46.5度

豊浦温泉の温泉街は、

日帰り入浴施設と宿泊施設を兼ねた一軒宿「天然豊浦温泉しおさい」が存在し、加森観光が運営しています。

豊浦温泉の歴史

2000年-開湯です。




タグ:豊浦温泉
posted by アリスト at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道伊達温泉

伊達温泉(だておんせん)は、北海道伊達市(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉です。

交通アクセスは、

鉄道 : 室蘭本線伊達紋別駅から車で5分くらいです。


泉質は、ナトリウム塩化物泉

源泉温度68.2度

温伊達温の泉泉街は、

日帰り入浴施設と宿泊施設を兼ねた一軒宿「伊達温泉」のみが存在します。

伊達温泉歴史は、

1972年-開湯です。
タグ:伊達温泉
posted by アリスト at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道静内温泉

静内温泉(しずないおんせん)は、北海道日高支庁管内日高郡新ひだか町(旧蝦夷地、明治以降の旧日高国)にある温泉です。

交通アクセスは、

鉄道:日高本線静内駅よりバスで約15分くらい。

泉質は、含重曹硫黄泉

源泉温度10.5℃の冷鉱泉であります。

源泉の色は茶褐色で透明度を有します。

静内温泉の温泉街は、

町営の宿泊施設である、「新ひだか町町民休養ホーム」が存在します。

他に宿泊施設、入浴施設は存在しません。

日帰り入浴も同施設を利用することになります。

静内温泉の歴史は、

開湯は1899年であります。

古くは有勢内温泉という名称でありました。

当初は旅館が存在したものの、1950年代以降、温泉を利用する施設は存在しなかったようです。

1977年に町営の宿泊施設が作られました。




タグ:静内温泉
posted by アリスト at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道鶴の湯温泉

鶴の湯温泉(つるのゆおんせん)は、北海道胆振支庁管内勇払郡安平町早来北町(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉です。

同名の温泉が秋田県仙北郡田沢湖町、東京都西多摩郡奥多摩町、和歌山県日高郡みなべ町にあります。

交通アクセスは、

室蘭線早来駅より車で約5分

新千歳空港から車で約15分

泉質は、含硫黄ナトリウム塩化物炭酸水素泉

14度の冷泉で、加熱して使用しています。

皮膚病や慢性婦人病など多くの疾患に効能があり、飲用すれば慢性消化器病や糖尿病に効くといわれています。

鶴の湯温泉の温泉街は、

旅館1軒のみがあります。

早来町による再開発計画があるが、町財政の悪化から2006年度以降へ先送りとなっています。




タグ:鶴の湯温泉
posted by アリスト at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道盃温泉

盃温泉(さかずきおんせん)は、北海道後志支庁管内古宇郡泊村(旧蝦夷地、明治以降の旧後志国)にある温泉です。

盃温泉郷と呼ばれることもあるが、一般的には盃温泉であります。

交通アクセスは、

鉄道:函館本線小樽駅よりバスで約90分で岩内バスターミナルへ。

そこからバスを乗り継いで約50分くらいです。

泉質は、硫酸塩泉

源泉温度46℃

盃温泉の温泉街は、

国道229号沿いの積丹半島の西側の付け根に10軒の旅館が存在します。

温泉街は、弁天島のそばのエリアと、茂岩川に沿いのエリアに分かれています。

海岸には盃海水浴場もあり、夏場は海水浴客でにぎわいます。

また、磯釣りを楽しむ人も多いようです。

温泉街の外れには、国設の野営場も存在します。

盃温泉の歴史は、

昭和50年7月5日 - 環境庁告示第44号により、国民保養温泉地に指定されました。






タグ:盃温泉
posted by アリスト at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道雷電温泉

雷電温泉(らいでんおんせん)は、北海道後志支庁管内岩内郡岩内町(旧蝦夷地、明治以降の旧後志国)にある温泉です。

雷電温泉郷とも呼ばれます。


交通アクセスは、

鉄道:函館本線小樽駅よりバスで約90分で岩内バスターミナルへ。

そこからタクシーで約10分くらいです。

泉質は、石膏泉

源泉温度54℃

雷電温泉の温泉街は、

日本海に面した国道229号沿いに、3軒の旅館ホテルが存在します。

近くには刀掛岩などの景勝地であり、また義経や弁慶にまつわる伝説も残ります。

地名の雷電の由来は、この地にやってきた義経がアイヌの酋長チパの娘メヌカと別れる際に「来年戻る」と言ったとされ、来年が訛って雷電となったとされています。

雷電温泉の歴史は、

温泉宿が開業したのは、当地に国道が開通した昭和40年代であります。








タグ:雷電温泉
posted by アリスト at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道朝里川温泉

朝里川温泉(あさりがわおんせん)は、北海道後志支庁管内小樽市(旧蝦夷地、明治以降の旧後志国)にある温泉です。

交通アクセス

鉄道 : 函館本線小樽築港駅よりバスで約15分。

マイカー : 札樽自動車道朝里インターチェンジより北海道道1号小樽定山渓線で5分。

泉質は、食塩泉

源泉温度30〜42℃

朝里川温泉の温泉街は、

小樽市街からも近い山間に、8軒の旅館、ホテルが存在します。

温泉地はスポーツ施設が整備されており、夏場はテニスやゴルフを、冬場は朝里川温泉スキー場でスキーを楽しむことができます。

日帰り入浴施設は1軒、「ゆらぎの湯」が存在します。

朝里川温泉の歴史は、

開湯は昭和29年であります。

2002年11月から実施した新源泉開発の際、既存の源泉へ影響が発生し、2002年12月16日〜26日の間温泉が供給できなくなりました。

その間は水道水を貯湯槽に貯めて配湯しました。

この行為は、2004年に発生した温泉偽装問題で報じられました。

タグ:朝里川温泉
posted by アリスト at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道蟠渓温泉

蟠渓温泉(ばんけいおんせん)は、北海道胆振支庁管内有珠郡壮瞥町(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉です。

交通アクセスは、

鉄道:室蘭本線伊達紋別駅よりバスで約40分くらい。

泉質は、含食塩石膏泉

源泉温度65℃

蟠渓温泉の温泉街

国道453号沿い、長流川沿いに4軒の旅館が存在します。

日帰り入浴施設は1軒、「蟠渓ふれあいセンター」が存在します。

また、「蟠渓温泉健康センター」の裏、長流川の川原には無料入浴可能な露天風呂「オサル湯」が存在します。

但しこのオサル湯は利用者のマナーが問題にもなっています。

オサル湯の周囲には温泉が湧出している場所が多数あり、即席で野湯ができます。

蟠渓温泉の歴史は、

古くからアイヌの人々が利用する湯治場でありました。

温泉名はアイヌ語の温泉名「パンケユ」に由来しています。

温泉街が整備されたのは明治中期であります。

その頃は芸奴衆もいたが、現在では鄙びた温泉地になっています。


タグ:蟠渓温泉
posted by アリスト at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道北湯沢温泉

北湯沢温泉(きたゆざわおんせん)は、北海道胆振支庁管内伊達市(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉であります。

交通アクセスは、

道南バス「北湯沢温泉」(国鉄・胆振線廃止代替バス)

室蘭本線・伊達紋別駅から約50分

函館本線・倶知安駅から約1時間30分

泉質は、

硫黄泉

硫化水素泉

単純泉

源泉温度70〜93 ℃

源泉は長流川の川底から湧出している箇所があります。

温北湯沢温泉の泉街は、

国道453号の長流川沿いに温泉街が広がります。

旅館は8軒存在すします。

共同浴場は存在しません。

日帰り入浴は旅館の日帰り入浴のみで可能であります。

北湯沢温泉の歴史は、

昭和32年(1957年)9月27日 - 厚生省告示第310号により国民保養温泉地に指定されました。



タグ:北湯沢温泉
posted by アリスト at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道支笏湖温泉

支笏湖温泉(しこつこおんせん)は、北海道石狩支庁管内千歳市(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉です。

交通アクセスは、

鉄道:千歳線千歳駅より北海道中央バスで約40分くらい。

または、函館本線札幌駅よりバスで約80分くらいです。

泉質は、炭酸水素塩泉

塩化物泉:湧出温度39℃

支笏湖温泉の温泉街は、

支笏洞爺国立公園内、支笏湖の東岸に支笏湖温泉が、北西側に丸駒温泉、伊藤温泉が存在すします。

いずれも湖畔に位置します。

支笏湖温泉は遊覧船の発着場所に位置して、飲食店やみやげ物屋なども多く温泉街を形成しています。

丸駒温泉、伊藤温泉はそれぞれ一軒宿であります。

いずれの温泉でも、阿寒湖から支笏湖に移植されたヒメマス(チップ)を使った料理などが名物となっています。

支笏湖温泉の歴史は、

丸駒温泉の開湯は大正4年です。

かつては湖畔を行く船のみが交通手段でありました。

現在は陸路が確保されています。
タグ:支笏湖温泉
posted by アリスト at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道弁景温泉

弁景温泉(べんけいおんせん)は、北海道有珠郡壮瞥町(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉です。

交通アクセス

鉄道 : 室蘭本線伊達紋別駅からバスで45分くらい。

泉質は、ナトリウム - 塩化物・硫酸塩泉

源泉温度63.1度

弁景温泉の温泉街
源泉から約5キロメートル離れた久保内地区に、壮瞥町営の日帰り入浴施設「久保内ふれあいセンター」が存在します。

源泉から施設までは引湯を行っています。

なお、源泉付近には会員制の入浴施設が存在します。 

温泉は入浴目的以外にも、ビニールハウスや病院、小学校の暖房としても利用されています。

弁景温泉の歴史は、

1880年 - 開湯 です。




タグ:弁景温泉
posted by アリスト at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道財田温泉

財田温泉(たからだおんせん)は、北海道虻田郡洞爺湖町(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉です。

交通アクセスは、

鉄道 : 室蘭本線伊達紋別駅から車で30分。

泉質は、カルシウムーナトリウム硫酸塩・塩化物泉

源泉温度49℃

財田温泉の温泉街

日帰り入浴施設を兼ねた宿泊施設の「財田温泉・湖岸の家 癒しの郷」の1軒宿です。

財田温泉の歴史は、

2004年-財田温泉・湖岸の家 癒しの郷開業しました。


タグ:財田温泉
posted by アリスト at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道仲洞爺温泉

仲洞爺温泉(なかとうやおんせん)は、北海道有珠郡壮瞥町(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉です。

交通アクセスは、

鉄道 : 室蘭本線伊達紋別駅から車で30分くらい。

泉質は、カルシウム硫酸塩泉

源泉温度45℃

仲洞爺温泉の温泉街は、

日帰り入浴施設「来夢人の家」(きむんどのいえ)。


タグ:仲洞爺温泉
posted by アリスト at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道壮瞥温泉

壮瞥温泉(そうべつおんせん)は、北海道胆振支庁管内有珠郡壮瞥町(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉です。

交通アクセスは、

鉄道 : 室蘭本線洞爺駅よりバスで洞爺湖温泉へ。

洞爺湖温泉から壮瞥温泉行きのバスで約10分です。

泉質は、炭酸水素塩泉

源泉温度67〜91℃

湧出量毎分1,200リットル

壮瞥温泉の温泉街は、

洞爺湖の湖畔に温泉地が広がり、9軒の旅館が存在します。

洞爺湖温泉の東側に位置し、両者は距離が近いことから観光案内では併せて紹介されることも多いです。

温泉地の南側には有珠山、昭和新山が位置します。
タグ:壮瞥温泉
posted by アリスト at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

温泉スタンド

温泉スタンド(おんせん - )とは、温泉を販売している施設、または自動販売機のことをいいます。

ペットボトルなどに詰められた温泉を販売するのではなく、貯湯タンクに貯められた温泉水を、購入者が持参したポリタンクなどの容積が大きい容器に入れ持ち帰る形を取っているところが多いです。

その様は、ガソリンスタンドにおける燃料の販売形態にも似ています。

温泉スタンドで販売される温泉水は、自宅の風呂などで温泉に入浴することを目的で販売されています。

そのため、温泉スタンドで販売されている源泉は飲用の許可を得ていない場合が大半であり、飲泉には適されていません。

温泉スタンドが設置される目的は、豊富に湧出する源泉の有効利用、温泉の効能を多くの人に味わってもらうため、新たに開かれた温泉地が宣伝を目的とした設置、などが挙げられます。

温泉が湧出した際に、温泉入浴施設が整備できるまでのサービスとして温泉スタンドを設置する場合もみられます。
posted by アリスト at 12:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | 温泉

北海道洞爺村温泉

洞爺村温泉(とうやむらおんせん)は、北海道胆振支庁管内虻田郡洞爺湖町(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国、旧洞爺村)にある温泉です。

交通アクセスは、

道南バス「洞爺水の駅」
洞爺湖温泉より約30分
壮瞥町中心部より約40分
札幌駅前バスターミナルより約1時間40分
くらいです。

泉質は、

単純温泉

源泉温度60℃

無色透明の源泉。

含食塩芒硝泉

源泉温度45℃

若干黄色い透明な源泉。

温洞爺村温泉の泉街は、

洞爺湖の北岸に沿うように温泉地が広がります。

ホテルが一軒、村営の日帰り入浴施設が一軒、とこじんまりとした温泉地であります。

また、温泉スタンドも設置されており、温泉を持ち帰ることが出来ます。

洞爺村温泉の歴史は、

平成9年5月1日 - 環境庁告示第22号により、洞爺・陽だまり温泉として国民保養温泉地に指定されました。
タグ:洞爺村温泉
posted by アリスト at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

北海道洞爺湖温泉

洞爺湖温泉(とうやこおんせん)は、北海道胆振支庁管内虻田郡洞爺湖町(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国、旧虻田町)にある温泉です。

交通アクセスは、

自動車利用の場合、高速道路経由であれば道央自動車道・虻田洞爺湖ICが近いです。

一般道経由の場合、西側に国道230号、東側に国道453号が通じています。

路線バスは道南バスが乗り入れています。

洞爺駅より約20分、室蘭市より約2時間、札幌駅より約2時間40分くらいです。

泉質は、ナトリウム・カルシウム - 塩化物泉

毎分2000リットルの湧出量があります。

洞爺湖温泉の温泉街は、

洞爺湖湖畔に温泉街が広がります。

洞爺湖温泉のほかにも、壮瞥温泉、財田温泉、洞爺温泉、洞爺村温泉、仲洞爺温泉などの温泉が洞爺湖畔に存在します。

洞爺湖温泉が中心地であり、旅館ホテルの数も多いです。

遊覧船の発着場であり、観光の中心地となっています。

2000年の有珠山の噴火で出来た噴火口が温泉街の間近に存在します。

温泉街では、2005年4月20日から同年8月末までの間、手湯、足湯を巡るスタンプラリーが開催されています。

スタンプラリーに参加し、その後懸賞に応募することで懸賞品を手にすることが出来ます。

洞爺湖温泉の歴史は、

開湯は1917年であります。

洞爺湖の湖水が熱い場所があることを知った三松正夫、杉山春巳、安西岩吉の3人が、湖岸で43℃の源泉を発見したことが温泉の始まりであります。

その後、北海道庁から温泉利用許可を取得し、「竜湖館」という旅館を開業されました。

開湯当初は「床丹温泉」という名前であったが、後に湖名に因んで洞爺湖温泉となりました。



タグ:洞爺湖温泉
posted by アリスト at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
アフィリエイトなら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。