北海道千歳市は、空の窓口新千歳空港あり、近郊には観光名所もあります

千歳市(ちとせし)は、北海道石狩支庁管内にある市であります。

北海道の空の玄関である新千歳空港を擁し、市域の西部には支笏湖があります。

新千歳空港は、空の北海道の玄関口でもあります。

近年は物流拠点として発展している。

また、千歳には陸上自衛隊第7師団と航空自衛隊第2航空団が存在し、自衛隊の町といった側面もあります。

千歳市の人口9万人のうち、約3万人が自衛隊関係者といわれている。(2007年7月7日、沖縄県でのF-15訓練の一部を航空自衛隊千歳基地に移転する事を正式表明。)

かつてこの地はアイヌ語で「シコツ(大きな窪地、又は谷)」と呼ばれていたが、音の響きが「死骨」に通じる事が憚られたため、当時この地に多くの鶴がいた事にちなみ「鶴は千年、亀は万年」の言い伝えによる縁起を担いで1805年(文化2年)に「千歳」と命名されました。

しかしながら「支笏湖」には現在に至るまで旧称がその名を留めています。

面積 594.95km²※境界未定部分あり 総人口 92,464人(2007年2月1日) 隣接自治体 札幌市(南区)、恵庭市、

交通アクセスは、

空港は、

新千歳空港

JRは、

千歳線(本線) : 美々駅 - 南千歳駅 - 千歳駅 - 長都駅

千歳線(支線) : 新千歳空港駅 - 南千歳駅

石勝線 : 南千歳駅

室蘭本線 : 市の東部を通過するが、駅はない。

この他、王子製紙が明治期に敷設した森林鉄道の廃線跡が千歳市街と支笏湖を結ぶサイクリングロード(下記の北海道道872号支笏湖公園自転車道線)として整備されています。


バスとしては、

北海道中央バス

千歳相互観光バス

あつまバス

以下、新千歳空港連絡路線のみ乗り入れされている。

北都交通

道南バス

夕鉄バス(季節便のみ)

ニセコバス(季節便のみ)などもあります。

道路としては、

高速道路
道央自動車道 千歳恵庭JCT・千歳IC

道東自動車道 千歳恵庭JCT・千歳東IC

バイパスがあります。

一般国道に関しては、国道36号、国道234号、国道274号、国道276号、国道337号、国道453号があります。

観光スポット・祭に関しては、

支笏湖(湖畔、モーラップ、幌美内(ポロピナイ))

オコタンペ湖(北海道3大秘湖の一つ)

樽前山(山頂は苫小牧市域だが主な登山口は千歳側にある)

支笏湖温泉・丸駒温泉・支笏湖いとう温泉

支笏湖いとう温泉HP

苔の洞門・美笛の滝

千歳湖

千歳サケのふるさと館

箱根牧場(千歳市東丘)

キウス周堤墓群

千歳アウトレットモール・レラ

千歳市温水プール

千歳・支笏湖氷濤まつり

千歳基地航空祭

東千歳駐屯地創立記念祭などがあり、千歳含め、近郊でも、たくさん観光名称はあります。

札幌から、千歳まで高速で20分くらいで着きます。

後は、高速以外の道の時間を計算すると、千歳空港などに行くときは、時間が読めます。

また、天気のいい日は、千歳空港の屋上で飛行機を見ていてもあきません。

飛行場の隣に、自衛隊の滑走路もあり、自衛隊機の離陸や着陸も見ることが出来ます。

posted by アリスト at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 千歳
アフィリエイトなら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。