北海道で毛がにで有名な紋別市 オホーツクの観光名所

紋別市(もんべつし)は、北海道網走支庁管内にある市です。

私は、この紋別は、昔から蟹のイメージがかなり強いところで
す。

でも、全国的には、やはり流氷ですかね。

紋別市名の由来は、アイヌ語の「モウペット」(静かな川)からきています。

日高支庁の旧門別町(現日高町)と読みが同じだったため、「オホーツク紋別」または「北見紋別」と呼んで区別する事が多いですね。


面積 830.70km²※境界未定部分あり 総人口 26,242人(2006年11月30日。


レジャー施設としては、コムケ国際キャンプ場、市営大山スキー場、オホーツク庭園、森林公園、大山山頂園 などがあります。

観光としては、

流氷・流氷砕氷船ガリンコ号2(北海道遺産)

オホーツクタワー

北海道立オホーツク流氷科学センター

オホーツクとっかりセンター

オホーツク健康プール「ステア」

紋別公園

市立博物館

オムサロ遺跡公園

オムサロ原生花園

オホーツクスカイタワー

オホーツク流氷公園(建設中)などいろいろな観光名所があります。


祭りとしては、

紋別観光港まつり(7月下旬)

紋別グルメまつり(10月中旬)

紋別流氷まつり(2月中旬)があります。

紋別は、全国的に流氷の街であり、毛がにの街というイメージが全国的流れているところであります。

紋別でも、有名になった流氷砕氷船ガリンコ号は、乗ってみるとかなり寒いです。

でも、一面が流氷の景色を見ると感動します。

なんか心が大きくなった感じがします。

また、流氷が岸にたどり着くと、流氷って鳴くのです。

私も、2回くらいしかまだ聞いていませんが不思議ですね。

交通アクセスは、

空港としては、オホーツク紋別空港があります。

JRは、廃止され、現在ありません。

今現在一番近い駅で、石北本線の遠軽駅(遠軽町約50 km)があります。

バスは、市内及び近郊路線を北紋バスが運行しています。

紋別・札幌間の都市間バス「高速流氷もんべつ号」を北海道中央バス、道北バス、北紋バス、ジェイ・アール北海道バスが4社共同で運行しています。

また、紋別・旭川間の都市間バス「特急オホーツク号」を道北バスが運行しています。

札幌から車で行く場合は、時間的には、7時間くらいは見たほうがいいですね。

そして、紋別に車で行くには、1泊2日は無理ですね。

1泊2日ですと、移動時間ばかりかかってしまいます。

やはり、2泊3日みて、紋別で観光名称を回りをしてオホーツクを楽しんでくることをお勧めします。

毛がにに関しては、やはり紋別港もありますから、当然安く食べることが出来ます。

また、当然新鮮な魚を食べることもできます。

刺身もうまいですよ。

それに、取れたての釜茹での毛がにを食べたらやめられないですね。

絶対にやめられませんね。

毛がにの地元みたいなところですから 行ってみる価値は、あります。





posted by アリスト at 09:23 | Comment(1) | TrackBack(3) | 紋別
アフィリエイトなら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。