北海道で競馬の馬の産地といえば浦河町、観光名所もありますよ

浦河町(うらかわちょう)は、北海道の日高支庁管内にある町です。

浦河町は、日高支庁所在地でもあります。

また、地震が大変に多いところでも有名です。

町名の由来は、アイヌ語の「ウララペツ」(霧の深い川の意)より来ているみたいです。

面積 694.24km² 総人口 15,462人(2006年4月30日)

気候的は、太平洋に面しているため、北海道としては気候は穏やかでケッペンの気候区分では西岸海洋性気候に分類されています。

夏はやませの影響を受けるため気温が低いです。

冬は雪が少なく、日照時間が比較的長いのが特徴です。

観光的は、オロマップ展望台、西舎桜並木、浦河町立郷土博物館、うらかわ優駿ビレッジAERU などがあります。

浦河町は、競馬の馬の生産地として全国的に有名です。

競馬で、有名な馬たちの原産地でもあります。

また、今まで競馬で活躍をしてきた、馬が引退して余生を送る場所としても有名です。

競馬の馬を見るなら、やはり浦河町に行くしかありません。

観光としては、いろいろありますが、浦河町まで行きましたら、全国的に有名な観光名所襟裳岬も近いです。

交通アクセスとしては、

JRは、
日高本線 : 荻伏駅 - 絵笛駅 - 浦河駅 - 東町駅 - 日高幌別駅

道路としては、一般国道、国道235号、国道236号、国道336号 があります。

車では、札幌から浦河町までは4時間前後はかかります。

たまに、日高沿線の黄金道路を走るのも良いかもしれませんね。



posted by アリスト at 08:53 | Comment(6) | TrackBack(0) | 浦河
アフィリエイトなら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。