北海道でカキを食べるなら厚岸町かな

旨いカキを食べに、私は、厚岸町へ札幌から車で走ります。

町全体が、カキの町というイメージがあります。

釧路から、1時間弱かかります。

車で釧路までは最低6時間は見なくてはなりませんから、厚岸まで行くのにはノンストップで7時間はかかってしまいます。

この時間をかけても、札幌で味わうことの出来ないカキが、厚岸で食べれるのです。

ただ、焼いて食べるだけで、なぜこうも違うのか不思議ですね。

厚岸町(あっけしちょう)は、北海道釧路支庁管内の厚岸郡にある町です。

町名の由来は、アイヌ語の「アッケケシ」(牡蠣の多いところ)から。

「アッケシュトー」(小沼)からという説もあるみたいですね。

厚岸町の面積 734.82km²※境界未定部分あり 総人口 11,627人(2006年12月1日)

観光としては、愛冠岬、厚岸湖、厚岸味覚ターミナル「コンキリエ」厚岸コンキリエ、あやめヶ原、国泰寺跡、道立厚岸自然公園、厚岸神社(神明宮) 最上徳内が建設したと言われる神社などがあります。

車で札幌から行く場合は、国道を走り、帯広、釧路を抜け、国道44号線を走って行くのがわかりやすいと思います。

また飛行機は、釧路空港で降り、車か、釧路駅からJRで行くのがわかりやすいと思います。

厚岸で毎年行われている、牡蠣祭りは、牡蠣も安く買うことが出来ますし、食べることが出来ますのでねらい目ですね。
posted by アリスト at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 厚岸
アフィリエイトなら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。