北海道の最南端、襟裳岬も観光名所としては、忘れることが出来ません

えりも町(えりもちょう)は、北海道南部、日高支庁管内にある町です。

1町で幌泉郡をなしているのはめずらしいです。

北海道主部における最南端である襟裳岬がります。

町名の由来は、アイヌ語で「エンルム」(突き出た頭の意)からきているみたいです。

面積 283.93km² 総人口 6,002人(2005年3月31日)

地理てきには、北海道南部、日高山脈の南端に位置する町です。

南端部には観光名所の襟裳岬があります。

非常に風の強い地域で、最も風の強い襟裳岬では、風速10mを超える日が年間290日以上あります。

産業的には、漁業が主です。

襟裳は、コンブ、サケ、ウニなどが獲れるところでも有名ですが、特に日高昆布は、全国的に有名です。

観光的には、

風の館(2004年11月21日)襟裳岬

襟裳岬灯台

襟裳岬「風の館」

しゃくなげ公園

望洋台

黄金道路 (国道336号)

百人浜オートキャンプ場 など観光名所がたくさんありますが、この中でも、全国的に有名なのは襟裳岬が観光名所としては有名です。

祭は、えりも岬寒風マラソン大会、海と山の幸フェスティバル 10月第一日曜日、灯台まつり 8月14日〜16日 などがあります。

また、襟裳で有名なのは、黄金道路 えりも町庶野から十勝支庁広尾町に至るまでの国道があります。

日高山脈と太平洋に挟まれた断崖絶壁に走る道路で、建設に湯水のごとく金がかかった事から「黄金道路」と呼ばれています。

交通アクセスとしては、

JRはありません。

最寄駅は日高本線の様似駅で、列車に接続してJR北海道バス日勝線が運行しています。


道路は、高速道路はありません。

一般国道としては、国道336号(黄金道路)が、あります。

札幌からは、車で5時間前後はかかると思います。

襟裳岬は、観光客も多く、岬では、森進一の襟裳岬が流れ、食堂やおみあげやさんがあります。

先ほども書きましたが、かなり風の強いところでもありますから、かなり寒いですので、防寒着を持っていかれたほうが良いかもしれませんね。


posted by アリスト at 09:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 襟裳岬
アフィリエイトなら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。