北海道で奥尻島は、観光名所、グルメ食材、温泉の3拍子がそろっています

奥尻島(おくしりとう)は、北海道南西部の日本海上に浮かぶ島です。

面積は142.97km²。島全体で檜山支庁奥尻郡奥尻町です。

町制移行は1966年1月1日。人口3675人(2006年)。

島の中心部から南西部よりの位置に、島内最高峰の神威山(標高584m)がある。また西部では温泉が湧出しています。

主な産業は漁業および観光です。

特に夏はとれたてのうにやいかが食べられ、これはかなり旨いです。

交通アクセスとしては、奥尻空港があり、函館空港から1往復就航しています。

また奥尻港には江差町との間に通年日に往復2便、せたな町との間に夏季のみ日に1便または2便、フェリーが運航しています。

1993年7月12日に起こった北海道南西沖地震では、島の南西部の青苗地区を中心に津波の被害を受け200人あまりの死者を出しました。

当時の人口は約4700人ほどであったが、被害による転出などがあり人口は減少傾向にあります。

北海道南西沖地震のあと、防波堤などの大規模な津波対策がなされました。

スマトラ沖地震のあと、島における津波対策の先進地ということで各国の防災担当者から注目をあびることとなりました。

奥尻島の観光名所としては、奥尻周辺、稲穂岬周辺、青苗岬周辺 、神威脇周辺です。

奥尻島は、食べるものが本当に美味しいです。

簡単に言えば、奥尻島の絶品グルメの宝庫ですね。

奥尻島には、都会にない美しい景色や美味しい空気、きれいな澄み切った海など自然美あふれるものが多く、また、新鮮で美味しい魚介類などが豊富なことから、毎年この島に観光で訪れる方が後を絶ちません。

とくに近年は、グルメ嗜好の高まりとともに本当に美味しいものを求めて来られる方が多いことから、奥尻島ではその要求に応えるために新鮮な魚介類を中心としたグルメを数多く準備していますが、その中でも、奥尻島ならではの味覚として評判な絶品グルメがありますので、その一部を紹介します。

●うに丼
●うにルイベ丼
●うに一夜漬け
●うに鍋
●あわびの地獄焼き
●あわび弁当
●あわびのかんぽう
●三平汁
●ホッケのしゃぶしゃぶ
●ホッケの飯寿司
●いかの塩辛
●奥尻和牛
●キトビロ
●ボラ

聞いただけ、よだれが出てくるような新鮮な海産物がたくさんあります。

このグルメに関しての問い合わせは、下記へどうぞ

奥尻島の絶品グルメに関する詳しいお問い合わせ先
奥尻町役場 産業建設課 商工観光係
 電 話:01397―2―3408(課直通)
 または01397―2―3111(内線211)
 または01397―2―2351(観光専用)
 FAX:01397―2―3139(課直通)
 または01397―2―3445(代表FAX)
 

また、温泉もいいみたいですし、キャンプ所もたくさんあります。

奥尻島は、観光良し、食べることに関しても良し、温泉も良しの3拍子がそろった島です。

時間をとってゆっくり奥尻島見学もいいと思います。

なお、詳しくはホームページをご覧ください。



奥尻島へアクセス




posted by アリスト at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 奥尻
アフィリエイトなら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。