北海道長万部町は、カニめしが有名です

長万部町(おしゃまんべちょう)は、北海道渡島支庁北部にある町です。

町名の由来はアイヌ語の「オサマムペツ」(川尻が横になっている)もしくは、 「オ・シャマンベ」(ヒラメのいる所の意)からきているみたいです。

長万部町の面積 310.75km² 総人口 6,952人(2006年9月30日)

私は、長万部町は、札幌から函館へ来るまでドライブや観光する場合は必ずよるところです。

食事をしたり、トイレタイム、小休止をする場所です。

食事をする場合は、やはり名物、かにめしの定食を頼んでしまいます。

これは、旨いです。

また、時間がない場合は、かにめしのお弁当も買うことはありますし、たまに、函館から帰ってくるときは、おみあげで買って帰ることもあります。

このかにめしを食べると長万部に来たという感じになりますね。

長万部は、地理的に渡島支庁北部に位置します。

内浦湾(噴火湾)に接していて、三方を山に囲まれている状態です。

山: 長万部岳(972.4m)

写万部山(498.8m)

河川: 長万部川

交通アクセスは、

JRは、
函館本線 : 北豊津駅 - 国縫駅 - 中ノ沢駅 - 長万部駅 - 二股駅 - 蕨岱駅

室蘭本線 : 長万部駅 -(旭浜駅)- 静狩駅

※かつては国縫駅から瀬棚線が分岐していましたが、現在は廃止されています。

※旭浜駅は、利用者皆無の為、2006年(平成18年)3月18日に廃駅となりました。

道路としては、高速道路、道央自動車道 国縫IC、長万部IC 、一般国道、国道5号、国道37号 静狩峠、国道230号などがあります。


観光名所としては、長万部温泉、二股ラジウム温泉、平和祈念館 、植木蒼悦記念館 町民センター(郷土資料室/鉄道村)があります。

長万部町の行事としては、
6月 - 毛がにロードレースinおしゃまんべ
7月 - おしゃまんべ毛ガニまつり
8月 - 飯生神社例大祭
12月 - どーんと花火だ!108発(大晦日)が有名です。

名物としては、やはりカニめしですね。

長万部で、 長万部温泉、二股ラジウム温泉は、とても良いと評判が高い温泉です。

時間が取れるときは、1度寄ってみてください。





posted by アリスト at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長万部
アフィリエイトなら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。