北海道伊達市は、北の湘南と言われ大滝と合併後きのこでも有名になりました

伊達市(だてし)は、北海道の胆振支庁管内にある市です。

2006年3月、伊達市と大滝村が合併しました。

伊達市は、面積 444.28km²※境界未定部分あり、総人口 37,602(2006年11月30日)


地理的には、胆振支庁西部沿岸に位置、内浦湾(噴火湾)に面しています。 道内では温暖な気候を誇り、「北の湘南」の異名を持っています。

山: 有珠山、ホロホロ山(1322.4m)、徳舜瞥山(1309m)、白老岳(968m)、紋別岳(714.5m)、稀府岳(702.1m)、円山(555.3m)

河川: 長流川、気門別川、紋別川、シャミチセ川、谷藤川、牛舎川、気仙川、尻別川、徳舜瞥川

その他: アルトリ岬

交通アクセスは、

空港は、新千歳空港(千歳市)が利用されることが多いです。
JRなら特急北斗・スーパー北斗を利用する(南千歳駅乗換)。伊達紋別駅から約1時間20分。
直通バスも1日1往復ある(高速伊達湘南号)。

JRは、室蘭本線 : 有珠駅 - 長和駅 - 伊達紋別駅 - 北舟岡駅 - 稀府駅 - 黄金駅

かつては胆振線(伊達紋別駅〜倶知安駅)も存在したが、1986年に廃止されました。


バスに関しては、

道南バス
(旧)伊達市内 - 国道37号を中心とし、東西に横断している。また、近隣の各市町村へ向かう路線がある(室蘭港行き、壮瞥町経由洞爺湖温泉行き、洞爺駅経由洞爺湖温泉行き、豊浦町行きなど)。
(旧)大滝村内 - 胆振線代替バスが壮瞥町・伊達紋別駅方面および、喜茂別町・倶知安駅方面へ運行されている。

高速バスは、札幌伊達線と、高速伊達湘南号が運行されている。
かつてはJR北海道バスが市内路線の一部を運行していた。1996年に撤退、全便を道南バスに移管した。

道路は、高速道路、道央自動車道 伊達IC(士別市/士別剣淵IC〜札幌市〜山越郡八雲町/八雲IC)

バイパスは、白鳥新道(白鳥大橋)(室蘭市)

一般国道は、国道37号(長万部町〜室蘭市)、国道276号 (岩内郡岩内町〜苫小牧市)、国道453号(札幌市〜伊達市)

観光名所に関しては、伊達温泉、伊達市噴火湾文化研究所HP、北湯沢温泉、三階滝、有珠善光寺、北黄金貝塚、有珠海水浴場 などが有名です。

祭に関しては、

有珠磯まつり(7月)
伊達武者祭り(8月)
だて噴火湾縄文まつり(9月)
だて物産まつり(10月)が有名です。

名産物に関しては、きんきいずし 、伊達かぶとまんじゅう、藍染め製品、むぎ入り納豆、有珠メロン、高原ながいも、きのこ

この名産物の中にきのこがあります。

これは伊達市が合併した大滝が有名です。

現地へ行きますときのこばかりです。

大滝のきのこ大国へ行きますと良くわかります。

また大滝の道の駅へ行くとまたきのこを楽しむことができます。

当然、すぐにそこで食べることの出来るきのこ料理、きのこのおみあげもたくさんあります。

道の駅は、道の駅フォーレスト276大滝といいます。

この道の駅フォーレスト276大滝(みちのえき フォーレスト276おおたき)は、北海道伊達市(旧大滝村)にある道の駅であります。

新千歳空港と洞爺湖・ニセコ方面を結ぶ国道276号沿いにあるため、観光バスの立ち寄りが多いです。

運営は道内リゾート会社最大手の加森観光で行っています。

時間があるときはよってみる価値はあります。



posted by アリスト at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊達
アフィリエイトなら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。