北海道屈斜路湖の周りには温泉地もたくさんあります 観光としてはベストです

屈斜路湖(くっしゃろこ)は北海道東部、弟子屈町にある湖。全域が阿寒国立公園に属します。

謎の生物クッシーの棲む湖として一時期話題となりました。

当然、クッシーは見つかっておりません。

湖畔を掘ると温泉が出てくるところです。

何回かは、湖畔でキャンプをしたことがありますが、一番の思いでは、この湖畔の掘ると出てくる温泉ですかね。

地理的には、藻琴山、サマッカリヌプリなどを外輪山とする屈斜路カルデラ内にできた、日本最大のカルデラ湖(です屈斜路カルデラも長径約26km、短径役20kmの日本最大のカルデラであります)。

周囲から小河川が流入し、南端から釧路川として流れ出しています。この流出部付近に集落があり、アイヌ語で「クッチャロ」(喉・口、湖からの流出部を意味する)と呼ばれていたのが名の由来です。

湖中央部には、日本最大の湖中島である中島(面積5.7km²、周囲12km)が浮かんでいます。

中島はそれ自体二重式火山であり、中央の溶岩円頂丘に最高点(355m)がある。

また、南岸には和琴半島が突出しています。

中島と同様、火山の山頂が湖中島になったものであったが、尾札部川の扇状地から成長した砂州により陸繋島となったようです。

島 : 中島

流入河川 : 湯川、尾札部川、オンネナイ川、跡佐川、トイコイ川、オンネシレト川、シケレペンベツ川

流出河川 : 釧路川

屈斜路湖は、

所在地 北海道(釧路支庁)

面積 79.3 km²

周囲長 57 km

最大水深 117.0 m

平均水深 28.4 m

貯水量 2.25 km³

水面の標高 121 m

成因 カルデラ湖

淡水・汽水 淡水

湖沼型 酸栄養湖

透明度 6.0 m の湖です。


交通アクセスとしては、釧路市・美幌町から国道243号が通じています。

釧網本線摩周駅・川湯温泉駅、根室本線釧路駅、石北本線北見駅ほかからバスあります。

屈斜路湖の周りには、数多く温泉があります。

この地区は火山地帯であることから、周囲には火山や温泉が多数存在し、湖岸を掘ると湯が湧き出す砂湯は観光名所となっています。

湖畔にある温泉としては、和琴温泉 、三香温泉 、コタン温泉 、池の湯温泉 、砂湯温泉 、仁伏温泉、川湯温泉(湖畔からは若干離れている)などが有名です。

札幌から行くには、やはり2泊3日コースがいいと思います。

札幌からは屈斜路湖へは、時期のもよりますが、6時間はかかると思います。

屈斜路湖近くの温泉に宿泊をして、道東の観光名所を周るのもいいと思います。


posted by アリスト at 12:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 屈斜路湖
アフィリエイトなら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。