北海道仁木町 サクランボ、ぶどうなどフルーツで有名です

仁木町(にきちょう)は、北海道の後志支庁の北部に位置し、果樹栽培が盛んな町です。

町の木としてもサクランボですから、フルーツのイメージがかなり強い町です。

サクランボ狩り、ぶどう狩りなどが出来る果樹園がたくさんあります。

また、りんごも多いような気がします。

やはり、収穫時期は、サクランボ狩りやぶどう狩りは、子供が喜びます。

スーパーで並んでいるサクランボやぶどうなどが、木になっているわけですから、子供は当然喜びますし、それを取って食べることが出来わけですから、大人も楽しいですよね。

そんなことが出来るところ、仁木町です。

仁木町は、面積 167.93km² 総人口 4,066人(2005年3月31日)

地理的には、町域は余市川流域とその周りの山地であります。

余市川は「し」の字を描くように、町の南東から入って北に抜けれます。

川は上流で赤井川村を流れています。

下流部の河口付近は余市町中心部なので、仁木町は余市川の中流に広がっていることになります。

仁木町内で両岸に1、2キロメートル幅の平地があり、最も川下にあたる町境付近では幅4キロメートルほどにもなります。

その平地は、川上の大江地区までは主に水田に利用され、仁木地区では山の裾野とともに果樹園に利用されています。

町の中心市街は仁木地区の仁木駅前と国道5号沿いに広がっています。

余市川沿いの住所地名は川上側から、尾根内、長沢南、銀山、その川下に大江、さらに下流の平野に南町・東町・西町・北町となります。

余市川下流で、平地は川の東に発達し、西は狭いです。

その狭い西側流域には、川上側から、然別川の合流点付近に然別、砥の川の合流点付近に砥の川、仁木町中心部と川をはさんで向かい合い旭町があります。

山: 大黒山(724.8m)、二ツ森(679.7m)、銀山(640.5m)、頂白山(460.8m)

河川: 余市川、砥の川、然別川、ポン然別川、大黒川、土木川

産業的には、山が多いため、耕地は町の面積の10.5%(2002年)しかないが、主な産業は農業であります。

特に仁木地区で果樹の栽培が盛んで、りんご、ぶどう、さくらんぼが作られています。

また、野菜も盛んに作られています。

水田に関しては、耕地の半分近くだが、農業産出額の中では13%(2002年)にとどまっています。

交通アクセスとしては、

JR函館本線  銀山駅 - 然別駅 - 仁木駅

道路としては、最も重要な道路は町を南北に通る国道5号で、北に余市町、小樽市を経由して札幌市に通じ、南には共和町と連絡して遠く函館市まで通じています。

北の余市町の近くとは平地続きのため道路網が発達しているが、他の町村との連絡は経路が限られています。

国道5号は稲穂峠の下の稲穂トンネルによって南の共和町に出ます。

稲穂峠に向かうため余市川を離れる国道5号からは、北海道町1022号仁木赤井川線が分岐して、なお東に余市川沿いに走り、隣の赤井川に入ります。

北海道道36号余市赤井川線は冷水峠によって赤井川村と余市町を結ぶもので、仁木町を通るのは冷水峠付近のごく一部であります。

余市川の左岸(西岸)を余市町から南に然別川まで通じるのが北海道道755号然別余市線で、この道道は北西に折れてポン然別川の上流にある然別の廃坑そばまで通じています。

一般国道は、国道5号(稲穂国道)があります。

観光スポットとしては、農村公園 フルーツパークにき が有名です。

posted by アリスト at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 余市・仁木

北海道余市町は、フルーツ(りんご)で有名で観光の街でもあります

余市町(よいちちょう)は、北海道の西部、日本海の余市湾に面し、余市川沿いに発達した町であります。

小樽市の西隣にあります。

余市町は、どちらかというと、フルーツの町のイメージが強い町です。

それもりんごですかね。

小樽からも近く、ドライブで少し足を伸ばして余市町を訪れるのもいいと思います。

また、海岸線は、観光名所のローソク岩などもたくさん見ることの出来る場所ですし、当然港がありますから新鮮な海産物を食べたり、買ったり出来るところです。

余市町の中に、安いお店もありますから、探索してみてください。

札幌から身近でいける観光スポットの1つになりまし、北海道でフルーツが取れる時期は、たくさんの観光客で賑わうところでもあります。

余市町は、江戸時代には鰊の漁場として栄え、明治時代以降は果樹栽培が盛んになりました。

余市町は、面積 140.60km² 総人口 22,867人(2005年3月31日)

地理的には、北海道後志支庁管区の北部、日本海の余市湾に面しています。

町の中央を南から北に流れる余市川下流の平地を中心に、その東西の海岸と奥の山地を町域にあります。

余市平野の南半分は仁木町に属するので、余市町は東西に長く中央部でくびれた形をしています。

余市川の東部では海岸沿いに平地があります。

余市川のすぐ西側にはヌッチ川・梅川が流れ、下流が港町となっていますが、それよりさらに西の海岸は険しく、断崖が迫り自然の景勝をなすところも多いです。

海岸部はニセコ積丹小樽海岸国定公園の一部である。

山: 天狗岳(872.3m)、毛無山(650.4m)、大登山(565.0m)、小登山(514.7m)など

河川: 余市川、ヌッチ川、梅川、登川、畚部川、湯内川、出足平川

湖沼・ダム: 余市ダム(ヌッチ川)

岬: シリパ岬、モイレ岬、畚部岬、蛸穴の岬、滝の澗岬、ワッカケ岬、烏帽子岬、オトドマリ岬

産業にかんしては、農業では明治時代から果樹の栽培が盛んで、北海道一のリンゴ、生食ブドウ、ワインブドウ、梨の生産量を誇ります。

特にリンゴは日本で最初に栽培されたことで有名であります。

ニシン漁が途絶えてからも漁業はなお盛んで、余市港付近には北海道立中央水産試験場が設置されています。

1934年にニッカウヰスキーが創業した地としても知られ、スコットランドの情緒あふれる余市蒸留所は今でも伝統的な製造法を守っており、町内一番の観光名所となっています。

創業者の竹鶴政孝は、気候がスコッチウイスキーの王国スコットランドに似ていたことと、ウイスキーの製造に欠かせないピート(泥炭)が入手できたことから、この地を選んだと言われています。

交通機関としては、JR:函館本線 余市駅、北海道中央バス ニセコバスがあります。


余市の歓呼名所としては、ニッカウヰスキー北海道工場 余市蒸留所ニッカウヰスキー北海道工場 余市蒸留所(登録有形文化財、北海道遺産)、余市宇宙記念館、旧下ヨイチ運上屋(重要文化財)、旧余市福原漁場(史跡)、フゴッペ洞窟(史跡)、よいち水産博物館、ジャンプ王国余市展示ホ−ル、円山公園、ローソク岩・えびす岩・大黒岩 などが有名でお祭りに関しては、北海ソーラン祭り が有名です。

この余市町は、メインの観光はやはりニッカウィスキーが一番ですかね。

工場を見学をすることができます。

ウィスキーの製造工程や歴史を見ることが出来ます。

また、見学の途中でウィスキーの試飲やジュースを飲むことも出来ます。

ここも子供から大人まで楽しめる観光名所の1つになります。





posted by アリスト at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 余市・仁木
アフィリエイトなら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。