札幌市札幌市電中央区役所前停留場周辺

中央区役所前停留場(ちゅうおうくやくしょまえていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市電一条線の停留場であります。

市電の通る南1条通と、石山通(国道230号)との交差点に位置します。

中央区役所前停留場周辺には
札幌市中央区役所
札幌プリンスホテル
中央車庫跡地に建てられた。
札幌市消防局
北洋銀行札幌西支店
北海道銀行南1条支店
札幌市営地下鉄東西線 (T08)「西11丁目駅」(乗継指定駅)
などがあります。

近隣のバス停留所は、

じょうてつバス、ジェイ・アール北海道バス「中央区役所前」

じょうてつバス、ジェイ・アール北海道バス「西11丁目駅前」(地下鉄乗継指定) があります。



posted by アリスト at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌市電

札幌市札幌市電西8丁目停留場周辺

西8丁目停留場(にしはっちょうめていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市電一条線の停留場です。

路面電車が走る南1条通と、西8丁目通との交差点に位置しています。

停留場周辺は、
三吉神社
東急ハンズ札幌店
大通公園
札幌テレビ放送・STVラジオ本社・札幌放送局 などがあります。

西8丁目停留場は、2面2線の対向式です。

交差点を挟んで東側(南1条西7丁目)にすすきの方面、西側(南1条西8丁目)に西4丁目方面の乗り場があり、安全地帯が設けられています。

安全地帯にはロードヒーティングが施され、上屋が設置されています。

近隣のバス停留所は、

じょうてつバス、ジェイ・アール北海道バス「大通西8」

posted by アリスト at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌市電

札幌市札幌市電西4丁目停留場周辺

西4丁目停留場(にしよんちょうめていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区南1条西4丁目にある札幌市電一条線の停留場であります。

札幌市営地下鉄の大通駅がすぐ近くにあり、乗継指定駅となっています。

西4丁目停留場周辺ぬは、
札幌市営地下鉄南北線 (N07)・東西線 (T09)・東豊線 (H08)「大通駅」(乗継指定駅)
4丁目プラザ
三越札幌店
丸井今井札幌本店
札幌パルコ
狸小路商店街などがあります。

近隣のバス停留所は、
じょうてつバス、ジェイ・アール北海道バス「大通西4」(地下鉄乗継指定)
じょうてつバス「南1西3」、「南1西1」(地下鉄乗継指定)
じょうてつバス「大通西1」(地下鉄乗継指定)
北海道中央バス「南1条」(地下鉄乗継指定)があります。

西4丁目停留場は、Y型分岐となっており、2面1線のホームがあります。

単線部分の北側は降車専用で、単線部ホームに先発電車が入線している時には複線部分に延びている部分も降車専用ホームとして使用され、最大2両まで同時に降車させることができます(ただし、2両目の後端はホームからはみ出す)。

単線部分の南側は乗車専用で最大2両が停車でき、定期電車は手前の西側を利用します。

奥の東側(末端部)は主に臨時(貸切)電車や除雪電車が運行される際の待避場所となっています。

また、共通ウィズユーカードの自動券売機が設置されています。

朝夕ラッシュ時は降車専用ホームで職員が料金徴収を行っており、現金および定期券利用者は乗車用ドアからも降車できます。

ただし、共通ウィズユーカードや敬老優待乗車証の場合はカードリーダーにカードを挿入する必要があるため、降車口のみとなります。
posted by アリスト at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌市電

札幌市札幌市電過去の在籍車両

札幌市電(さっぽろしでん)は、札幌市交通局が運行している路面電車であります。

過去の在籍車両について

廃車車両の一部は地下鉄自衛隊前駅南側高架下にある札幌市交通資料館に保存・展示されています。

単車
10形:24両(11〜37、13・23・33欠番)1898〜1907年製、1918年購入。22号(旧29号)が交通資料館で保存。
40形:28両(41〜68)1921〜1924年製
100形:9両(101〜109)1925〜1926年製
110形:5両(110〜114)1927年製
120形:8両(120〜127)1929年製
130形:9両(130〜138)1931年製、初の半鋼製車。
150形:11両(151〜161)1936年製
170形:5両(171〜175)1937年製

335 (ひよどり電車文庫)
札幌市西区西野9条3丁目ボギー車
500形:5両(501〜505)1948年 日本鉄道自動車製 運輸省規格型 初のボギー車。
600形:20両(601〜620)1949〜1951年 日本車輌製 日車標準型 戦後復興期の主力車両 改造により前中扉・正面1枚窓化 615を601に改番し交通資料館で保存。
550形:10両(551〜560)1952年 汽車会社製 初の前中扉車 正面2枚窓
560形:10両(561〜570)1953年 汽車会社製 正面傾斜2枚窓
570形:10両(571〜580)1954〜1955年 汽車会社製 正面傾斜2枚窓Hゴム支持
580形:5両(581〜585)1956年 汽車会社製 正面2枚窓Hゴム支持 初のZ形パンタグラフ・ドアエンジン装備・蛍光灯照明(585号)。
320形:7両(321〜327)1957年 ナニワ工機製 正面3枚窓 1974年廃車。321が交通資料館で保存。
200形:8両(201〜208)1957年 札幌綜合鉄工共同組合製 初の道産電車 正面3枚窓 前折戸 1971年廃車
330形:5両(331〜335)1958年 日立製 札幌スタイルの原型 3300形に更新
210形:2両(215・216)1958年製 1989年廃車
220形:4両(223〜226)1959年製 1974年廃車
230形:8両(231〜238)1959年製 1974年廃車
240形:1両(245)1960年製 1970年に事故により廃車

路面ディーゼル車
D1000形:1両(D1001)1958年 東急車輛製 試作車 330形同様の車体は700形に転用。
D1010形:3両(D1011〜D1013)1959年 東急車輛製 ラジエター・エンジン部を開口 車体は700形に転用。
D1020形:3両(D1021〜D1023)1960年 東急車輛製 250形同様のやや角ばった車体は710形に転用。
D1030形:7両(D1031〜D1037)1963年 東急車輛製 中両開き扉 車体は720形・A870形に転用。
D1040形:2両(D1041〜D1042)1964年 東急車輛製 A820形同様のスタイル  1971年廃車 D1041が交通資料館で保存

ディーゼル車を電車化した車両
700形:4両(701〜704)1967年改造 D1000形・D1010形の車体と550形・560形の電装品の組合せ
710形:3両(711〜713)1968年改造 D1020形の車体と550形・560形の電装品の組合せ
720形:1両(721)1970年改造 D1030形の車体と240形245号の電装品の組合せ
連接車(表示上は「連結車」)
A800形:3編成6両(A801+A802〜A805+A806)1963年 日本車輌製 初の連接車 カーブでのせり出しを抑えるため極端に絞った車端部が特徴 A801+A802が交通資料館で保存
A810形:2編成4両(A811+A812〜A813+A814)1964年 日本車輌製 A800形の改良形 オーバーハングの適正化 パッセンジャーフロー方式初採用 前折戸 中特大片引扉
A820形:2編成4両(A821+A822〜A823+A824)1964年 日本車輌製 新・札幌スタイルとなる大型固定窓を採用 幅広貫通幌とともに地下鉄1000形へと受け継がれる
A830形:6編成12両(A831+A832〜A841+A842)1965年 東急車輛・日本車輌製 ドア配置を変更 ローレル賞受賞 ドア配置を変更 中扉は二重片引戸に D1040形とともに欧州の専門誌にもたびたび取り上げられる
名古屋鉄道にA837+A838〜A841+A842の3編成6両を譲渡、モ870形となる。なお名古屋鉄道は、歴史の項で前述した名古屋電気軌道が経営の母体となっており、かつて名古屋から札幌に電車が譲渡された後、今度は札幌から名古屋に電車が譲渡されたと言う、数奇なめぐり合わせとなっている。

連結車
Tc1形:1両(Tc1)1961年 日本車輌製 親子電車の「子」 1971年廃車 交通資料館で保存
A850形:5編成10両(A851+A852〜A859+A860)1965年改造 570形・580形を連結車化
A870形:2編成4両(A871+A872〜A873+A874)1969年改造 D1030形の車体と560形の電装品の組合せ
貨車:6両(貨1〜貨6)
貨:2両 貨1〜旧・貨2 1944年製
* 貨:4両 貨2〜貨6 1956年製
散水車:4両(水1〜水4)
水:4両 水1〜水4 1952〜1954年製

排雪車
雪1形 雪4〜雪8 ブルーム式排雪車(ササラ電車) 雪4〜雪7は路線縮小や老朽化のため廃車 雪8は木造車体のまま廃車され、交通資料館で保存
雪10形 雪11〜雪13 プラウ式排雪車 雪11が交通資料館で保存
DSB1形 DSB1〜DSB3 Diesel Snow Broom 鉄北線非電化区間用ディーゼルブルーム式排雪車 DSB1が交通資料館で保存。
posted by アリスト at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌市電

札幌市札幌市電車両

札幌市電(さっぽろしでん)は、札幌市交通局が運行している路面電車であります。

札幌市電の車両

現役車両(2005年2月)
210形:4両(211〜214)1958年製
220形:2両(221〜222)1959年製
240形:7両(241〜244、246〜248)1960年製
250形:5両(251〜255)1961年 泰和車両製 D1020形と同様のやや角ばった車体
M100形:1両(M101)1961年 日本車輌製 親子電車の「親」
8500形:2両(8501〜8502)1985年製 VVVFインバータ制御車
8510形:2両(8511〜8512)1987年製 8500形の増備車
8520形:2両(8521〜8522)1988年製 8510形の増備車
3300形:5両(3301〜3305)1998〜2001年改造 330形の電気部品・台車を利用した車体更新車
ブルーム式除雪車(ササラ電車)
雪1形:3両(雪1〜雪3)
雪10形:1両(2代目・雪11)

札幌市電の塗色
1950年代末から1970年代にかけては上が濃いベージュ、下がややくすんだグリーンで、前面には白塗装、またはステンレス板のヒゲ飾りを持ち、白ヒゲ車の場合は極細い帯が側面までつなげられ、線の上縁は水平で、下縁は徐々に上がる、ゆるいテーパーがついて、車体中央で最も細くなっていました。

その後ワンマン改造車は、上下2色の間(窓下)に蛍光オレンジの帯が入れられました。

これ以降の帯は一様の幅となった。1980年代の全車ワンマン化の後は帯色は白に変えられました。

M101号はこの塗装のまま残された唯一の車両であります。

1980年代に新製された車両や、その頃に改修された車両は上がクリームホワイト、下が濃淡2種類の緑色でありました。

1990年代中頃から札幌市交通局のCI活動として市営バス(当時)とともに、床から下のみ白、他はエメラルドグリーンという現在の塗色に変更されました。

1998年に札幌市屋外広告物条例の規制が緩和され、市電にもラッピング車両が認められました。

2006年現在は現役車両の約半数を占めています。

営業所・車庫に関しては、現在は全車両が南21条西16丁目の電車事業所内にある車輌センターに所属します。

かつては市内各所に営業所や車庫が置かれていたが、路線縮小や合理化に伴う統廃合により廃止・集約されました。

廃止された営業所は以下の通り。

幌北営業所(北24条西5丁目)
幌北車庫内
中央営業所(北4条西3丁目)
現・北海道銀行札幌駅前支店付近
一条営業所(南1条西14丁目)
旧・交通局庁舎に隣接
廃止された車庫は以下の通り。

中央車庫(南2条西11丁目)
現・中央区役所および札幌プリンスホテル付近
(旧)幌北車庫(北10条西4丁目)
幌北車庫(北24条西5丁目)
現・札幌サンプラザ付近

フィクションの中の札幌市電に関しては、
ガメラ2 レギオン襲来
すすきのに出現した「草体」をガメラが破壊する場面で停留場の屋根などが映っています(停留場も「草体」ごと破壊されたと思われる)。

ヒロインの家の目の前を市電(8522号)が走っている(ロケ地は山鼻線沿線)。彼女の部屋のシーンはセットで撮影されたが、効果音として実車の走行音が使われています。
Kanon(TVアニメ第2期)
不滅の愛
イ・ビョンホンが運転士を演じています。

posted by アリスト at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌市電

北海道札幌市札幌市電歴史もあります

札幌市電(さっぽろしでん)は、札幌市交通局が運行している路面電車であります。

札幌市電は、歴史もあります

民営時代

1918年8月〜9月に開道50周年を記念して北海道大博覧会が開催されることになったのを機に、馬車鉄道を路面電車化しようという動きが高まり、1916年10月には「馬車軌道」から「電気軌道」へ社名を変更しました。

改軌および電化の工事は1918年4月から始められました。

当初は軌間を1,372mmとする計画で、車両はイギリスのデッカー社から輸入する予定だったが、第一次世界大戦の影響でヨーロッパからの海上輸送は困難となり、急遽名古屋電気鉄道から中古の車両を譲り受け、またアメリカからやはり中古のレールを輸入しました。

この時、軌間は車両に合わせて1,067mmに変更されました。

こうした混乱のため、8月1日の博覧会開会に間に合わず、8月12日に停公線(札幌停車場〜中島公園、のちの西4丁目線および中島線)、南四条線(南4条西3丁目〜南4条東3丁目、のちの豊平線)、南一条線(南1条西14丁目〜南1条東2丁目)が開業しました。

その後、旧馬車軌道線を中心としてほぼ毎年のように路線の新設・延長が相次いだようです。

冬季は雪に悩まされ、馬そりによって代行輸送することも少なくなかったが、1925年からササラ電車が走り始めるとかなり改善されました。

今もなおササラ電車は軌道の除雪に活躍し、冬の風物詩となっています。

市営化〜最盛期
1927年12月1日に路面電車が市営化された時の総延長は16.3km、保有車両数は63両でありました。

その後も路線の拡充は続き、1931年には鉄北線を除くすべての路線が全線開通しました。

第二次世界大戦中は節電のために一部停留場の廃止や終電の繰り上げ、通学切符の最低距離制限などを行い、さらに乗務員不足を女子挺身隊で補っていました。

戦後の1946年冬には閑散路線を一時休止したほか、進駐軍の将兵およびその家族が藻岩山でスキーを楽しむために、都心部と山鼻方面の間に専用電車が運行されました。

やがて復興が進むにつれて輸送需要も増大し、ボギー車の導入や単線区間の複線化が進められました。

1950年代後半から60年代初期にかけて、隣接自治体との合併や郊外の人口増加に伴い、路線網の拡大が計画されたが、実現したのは鉄北線の新琴似延伸のみでありました。

この当時新設が検討された路線には以下のようなものがあった。

中央市場通から琴似方面

鉄北線から分岐して北光(ほっこう)方面

豊平線から分岐して菊水・上白石方面

一条線と北五条線を西15丁目通で短絡

豊平駅前から月寒(つきさっぷ/つきさむ)方面

この区間については1942年にも陸軍の要請で(月寒には陸軍病院があった)路線敷設が計画された。

一条線または豊平線を延伸、国鉄千歳線移設後の旧線に乗り入れました。

のちに地下鉄東西線を建設する際にも、当初はこのルートで計画されました。

1960年代に入ると輸送量の増加に対応するため、ラッシュ時のみ増結される親子電車や連接車を導入したが、一方で自動車の交通量も増加し、電車の運行に支障が出始めていました。

このころ一部の系統で「婦人子供専用車」が運行されたが、朝晩わずか1往復づつだったために利用しにくく、やがて廃止されました。

このほか、朝夕の通勤輸送の便を図ることを目的に「急行電車」が運転されたこともありました。

乗車人員は1964年度をピークとして減少に転じました。

また急行電車廃止の代替措置として1965年に各路線で停留場の統廃合を行ったことにより停留場間の距離が広がり、利用客にとっては逆に利便性が損なわれ、乗客の減少に拍車がかかったともいわれています。


縮小期
1972年の札幌オリンピック開催決定を機に地下鉄が建設されることになり、1968年から南北線北24条駅〜真駒内駅間の工事が始まりました。

さっぽろ駅〜すすきの駅間は市電の最高密度区間である西4丁目線の真下だったため、10m単位で切断した線路を最終電車の通過後に枕木ごと持ち上げて掘削し、朝までに覆工板を敷いて軌道を復旧するという綱渡りも行われたが、工事が手間取り、始発電車の予定時刻に間に合わないこともありました。

一方この頃、鉄北線を新琴似駅前から、当時は地平を走っていた札沼線の下を立体交差で抜け、防風林に沿って新札幌団地(現・石狩市花川南付近)まで延伸するという構想が地域住民の間から持ち上がりました。

北24条で南北線と接続し、都心に連絡するというものでありましたが、市電への新規投資は難しい情勢となっており立ち消えになりました。

南北線開業直前の1971年(2回)と開業後の1973年、1974年の4度にわたって多くの市電路線が廃止され、現在の区間のみとなった。全廃、または東西線との競合区間の廃止も検討されたが、公害問題や折りからの石油ショックなどで路面電車が見直され、1976年に存続が決まりました。

その後は車体の更新、軌道や停留場の改修などとともに経営の健全化が図られ、一度は赤字になっていた事業を立て直すことに成功しました。

2001年、函館市電と共に北海道遺産に指定されました。

2002年から、再び赤字に転落したことや車両の老朽化が進んでいること、将来的に乗客数の伸びが見込まれないことなどにより民間委託や廃止、あるいは逆に、都心部の活性化の核とすべく、路線の再延長、ライトレール化等が提案されていたが、札幌市長上田文雄は2005年2月に存続を決定しました。


路線延伸についての動き
2005年8月、まちづくりの中で市電を活用する方法について学識経験者や札幌市幹部が話し合う「さっぽろを元気にする路面電車検討会議」が発足した。12月には札幌市役所で同会議が開かれ、「札幌駅への延伸なしに存続は成り立たない」との判断に達しました。

同月、かねてより札幌市電の延伸・ライトレール化を訴えていた市民団体の一つが3通りの延伸案を公表しました。

西4丁目から東に直進して西3丁目で左折、札幌駅まで北進。札幌駅から右折して西2丁目線を南進し、南1条で西4丁目に戻る。

西4丁目から東に直進して西3丁目で左折、札幌駅まで北進。札幌駅から左折して駅前通を南進、西4丁目に戻る。

西4丁目から札幌駅前通を通って札幌駅前まで延伸、これを往復する。

なお、同団体を含む市電存続派の多くは西4丁目停留場とすすきの停留場の間を結ぶ事を主張していたが、この案ではとりあえず駅前延伸を最優先するとしています。

札幌市は検討会議に対して具体的な路線延伸案(上記民間案の通りになったかどうかは不明)を提案する予定であったが、札幌商工会議所や都心部の商業関係者からの慎重論が大きいことなどにより、2006年5月に当面の間は見送ることとしました。

札幌市はなお延伸に向け、商業関係者の理解を求めていくとしています。


現存・廃止路線一覧

路線名・停留場名は現行のもの(廃線については廃止時点のもの)に統一。

特に注記がない路線は全線軌間1,067mm、複線、直流600V電化。

現存路線の一条線・山鼻西線・山鼻線はそれぞれ直通運転している。

現存路線(一部廃止区間を含む)
一条線
一条橋 - 頓宮前 - (※)まるい前 - 西4丁目(廃止)
(※)「井」を丸囲み

西4丁目 - 西8丁目 - 中央区役所前 - (分岐) - 西15丁目(現存)
(分岐) - 医大病院前 - 長生園前 - 琴似街道 - 円山公園(廃止)
1918年8月12日 東2丁目〜西15丁目間開業。

開業時は西15丁目停留場が本線上にあり、そこから西に延伸した区間を当初「円山線」と呼称していました。

1920年 頓宮前〜東2丁目間開業。
1921年 西15丁目〜医大病院前間開業。
1923年 医大病院前〜琴似街道間開業。
1924年 琴似街道〜円山公園間開業。
1925年 一条橋〜頓宮前間開業。
1973年4月1日 一条橋〜西4丁目間、医大病院前〜円山公園間廃止。
地下鉄東西線開業時にも残存区間の廃止が検討されたが、見送られています。

山鼻西線
西15丁目 - 西線6条 - 西線9条旭山公園通 - 西線11条 - 西線14条 - 西線16条 - ロープウェイ入口 - 電車事業所前 - 中央図書館前

1931年11月 単線で開業。
1950年 一条線との分岐部付近を経路変更、複線化。
1951年 全線複線化。

山鼻線
中央図書館前 - 石山通 - 東屯田通 - 幌南小学校前 - 山鼻19条 - 静修学園前 - 行啓通 - 中島公園通 - 山鼻9条 - 東本願寺前 - 資生館小学校前 - すすきの

1923年8月12日 すすきの〜行啓通間開業。
1925年 行啓通〜一中前(現:静修学園前)間開業。
1931年11月21日 一中前〜師範学校前(現:中央図書館前)間開業(単線)。
1954年 全線複線化完了。
1994年 創成小学校前(現:資生館小学校前)〜すすきの間センターポール化。

廃止路線
西4丁目線
札幌駅前 - (苗穂線が合流→) - グランドホテル前 - 三越前 - すすきの
1918年8月12日 停公線として開業。
1971年12月16日 札幌駅前〜三越前間廃止。一条線と直交していた三越前 - すすきの間の軌道を西4丁目に接続、環状化。
1973年4月1日 全線廃止。

豊平線
すすきの - 4条東1丁目 - 豊平2丁目 - 豊平5丁目 - 豊平8丁目(定山渓鉄道廃止までの名称は「豊平駅前」)
1918年8月12日 すすきの〜松竹座前間は停公線として、そこから4条東3丁目まで南4条線として一部開業。
1924年 4条東3丁目〜大門通(のち廃止)間開業。
1925年 大門通〜平岸街道(のちの豊平5丁目)間開業。
1929年 平岸街道〜豊平駅前(のちの豊平8丁目)間開業(単線)。
1950年 豊平駅前に引込線竣工。
1954年 全線複線化。
1965年 豊平橋架替え工事に伴い一部区間運休、バス代行。
1966年 豊平駅前の引込線廃止、国道36号線上に停留場を移設。
1971年10月1日 全線廃止。

中島線
松竹座前 - 中央寺前 - 園生橋 - 市立高女前 - 中島公園
1918年8月12日 停公線として複線で開業。
1945年 単線化。
1948年8月 全線廃止。

苗穂線
グランドホテル前 - (西4丁目線より分岐→) - 道庁前 - 東3丁目 - 東7丁目 - 東10丁目 - 苗穂駅前
1919年5月 道庁前(西4丁目線上)〜東7丁目間開業。
1922年 東7丁目〜苗穂駅前間開業(単線)。
1934年 全線複線化。
1971年10月1日 全線廃止。

北5条線
札幌駅前 - (鉄北線が分岐→) - 中央郵便局前 - 北5条11丁目 - 予備校前 - 桑園学校通 - 中央市場通
1927年6月 開業。
1932年 西5丁目陸橋建設工事に伴い一部区間運休。
1971年10月1日 全線廃止。

西20丁目線
中央市場通 - 開発建設部前 - 長生園前
1929年11月 開業。
1971年10月1日 全線廃止。

桑園線
桑園駅通 - 桑園市場前 - 桑園駅前(単線)
1929年10月 開業。
1960年6月 全線廃止。

鉄北線
札幌駅前 - (←北5条線に合流) - 北大正門前 - 北大病院前 - 北17条 - 北21条 - 北24条 - 北27条 - 北30条 - 北33条 - 北37条 - 麻生町 - 新琴似駅前
1927年12月 北7条通(のちの北大正門前)〜北18条(のち、北16条と統合)間開業。
1932年 西5丁目(のちに廃止)〜北7条通間開業。跨線橋によって他路線とつながる。

1952年 北18条〜北24条間開業(単線)。
1954年 北18条〜北24条間複線化。
1959年 北24条〜北27条間開業
1963年 北27条〜麻生町間を非電化路線として開業、全国でも珍しい路面ディーゼルカーを導入。
1964年 麻生町〜新琴似駅前間開業(非電化)。
1967年 全線電化。また、函館本線電化にともなう陸橋改修により、その区間のみ専用軌道化。
1971年12月16日 札幌駅前〜北24条間廃止。
1974年5月1日 全線廃止。

過去の運転系統
最盛期の1958年ごろの系統は以下の通り。

1系統 一条橋 - まるい前 - 西4丁目 - 札幌医大前 - 長生園 - 円山公園〔一条線〕

2系統 北二十四条 - 札幌駅前 - すすきの - 静修学園前 - 学芸大学前(現:中央図書館前)〔鉄北線、西4丁目線、山鼻線〕
※臨時系統は郵政研修所前(現:ロープウェイ入口)まで延長運転

3系統 西保健所前(のちの長生園前) - 桑園学校通 - 札幌駅前 - 豊平駅前〔西20丁目線、北5条線、西4丁目線、豊平線〕

4系統 苗穂駅前 - 道庁前 - 三越前 - すすきの - 中島公園通〔苗穂線、西4丁目線、山鼻線〕
※臨時系統は南十六条(現:静修学園前)まで延長運転

5系統 桑園駅前 - 札幌駅前 - すすきの - 豊平駅前〔桑園線、北5条線、西4丁目線、豊平線〕

6系統 まるい前 - 学芸大学前〔一条線、山鼻西線〕
12系統 北二十四条 - 札幌駅前 - 中島公園通〔鉄北線、西4丁目線、山鼻線〕
※臨時系統は南十六条まで延長運転
路線縮小が始まる直前(1970年ごろ)の系統は以下の通り。

1系統 一条橋 - まるい前 - 西4丁目 - 医大病院前 - 長生園前 - 円山公園

2系統 北24条 - 札幌駅前 - 三越前 - すすきの - 静修学園前 - 教育大学前(旧:学芸大前 現:中央図書館前)

3系統 医大病院前 - 長生園前 - 中央市場通 - 札幌駅前 - 三越前 - すすきの - 豊平8丁目(豊平駅前)〔一条線、西20丁目線、北5条線、西4丁目線、豊平線〕

4系統 苗穂駅前 - 道庁前 - 三越前 - すすきの - 静修学園前

7系統 新琴似駅前 - 北24条 - 札幌駅前 - 三越前 - すすきの〔鉄北線、西4丁目線〕

8系統 三越前 - すすきの - 静修学園前 - 教育大学前 - 西線16条 - 交通局前 - 西4丁目 - まるい前〔西4丁目線、山鼻線、山鼻西線、一条線〕

臨時2系統 北24条 - 札幌駅前 - 三越前 - すすきの - 静修学園前

臨時3系統 札幌駅前 - 中央市場通 - 長生園前

臨時7系統 北37条 - 北24条 - 札幌駅前 - 三越前 - すすきの

臨時7系統 北27条 - 北24条 - 札幌駅前

臨時8系統 まるい前 - 交通局前 - 西線16条 - 教育大学前

臨時8系統 西4丁目 - 交通局前 - 西線16条

過去の接続路線

桑園駅前停留場(桑園線):国鉄函館本線、札沼線

札幌駅前停留場(西4丁目線、北5条線、鉄北線):国鉄函館本線

札幌駅乗り入れ:国鉄札沼線、千歳線、定山渓鉄道(1969年11月1日廃止)

苗穂駅前停留場(苗穂線):国鉄函館本線、千歳線(旧線)

苗穂駅乗り入れ:定山渓鉄道

北24条停留場(鉄北線):札幌市営地下鉄南北線(南北線開通から鉄北線全線廃止まで)

新琴似駅前停留場(鉄北線):国鉄札沼線

豊平駅前停留場(豊平線):定山渓鉄道

円山三丁目停留場(後の琴似街道:一条線):札幌温泉電気軌道(1929年6月〜1933年:1930年10月に札幌郊外電気軌道と社名変更)
posted by アリスト at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌市電

札幌市札幌市電運賃割引そして藻岩山ロープウェー割引

札幌市電(さっぽろしでん)は、札幌市交通局が運行している路面電車であります。

運賃
以下の記載金額はいずれも2006年現在のものです。

全線均一運賃を採用しています。

大人1乗車170円(子供90円)です。

また、午前7時までに乗車の場合は早朝割引が適用され、現金で乗車の場合のみ大人150円となります。

なお、子供運賃には早朝割引の設定はありません。

市電車内、定期券発売所および札幌市交通案内センター(地下鉄大通駅コンコース内)などで下記の割引乗車券を販売しています。

午前10時〜午後4時のみ使用可能な市電専用「昼間割引回数券」(2000円で2500円分乗車可能)

土日祝日限定の市電専用1日乗車券「どサンこパス」(1枚300円、家族割引として同伴の子供1名が無料になる)

この他、地下鉄および各バス会社の市内線と共通の1日乗車券もあります。

詳細な利用区間は札幌市営地下鉄#一日乗車券や各種割引乗車券を参照してみてください。

共通1DAYカード(1枚1000円)

エコキップ(1枚700円、毎月5・20日のみ)

札幌市電から地下鉄乗継割引に関しては、市電と地下鉄を乗り継ぐ場合、現金または共通ウィズユーカードを利用すると運賃が割引になります。

共通ウィズユーカードの場合は、カードリーダーにカードを通すことにより自動的に乗継割引が適用されるが、各種回数券での乗り継ぎはできません。

なお、乗り継ぎができる停留場・地下鉄駅は指定されています。

現金乗り継ぎの手順に関しては、つぎのとおりです。

市電→地下鉄の場合
市電降車時に乗務員に乗継券の発行を申し出て、大人290円(子供150円)を運賃箱に投入します。

乗継券を受け取り、地下鉄駅の改札機に通して地下鉄に乗車します。

乗継券のみで乗車できる区間は地下鉄運賃が200円の区間(1区)まで、これを超えて乗車した場合は下車駅で精算します。

地下鉄→市電の場合
地下鉄乗車時に市電乗継券を購入します。

金額は乗車駅により異なる(大人290〜400円)ので、各駅の運賃表で確認して購入してください。

乗継券を改札機に通して地下鉄に乗車します。

降車時に改札機から乗継券が出てくるので、それを持って市電に乗車します。

市電降車時に乗継券を運賃箱に投入します。

ロープウェイ乗継割引に関しては、藻岩山ロープウェイは1958年に市営として開業し、現在では札幌振興公社の経営となっているが、市電との乗継割引も行われています。

電車内に置かれている割引券を運転手にチェックしてもらうと、ロープウェイ往復1,100円(大人)が900円になります。

なお、割引券のみでも100円割引されます。


posted by アリスト at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 札幌市電

北海道札幌市札幌市電

札幌市電(さっぽろしでん)は、札幌市交通局が運行している路面電車であります。

1909年(明治42年)に山鼻〜石切山間に石材輸送のため開通し、1912年からは市街地にも路線網を広げていた札幌石材馬車鉄道(のち札幌市街馬車軌道)を基とし、1918年(大正7年)に札幌電気軌道として開業しました。

(市営化されたのは1927年)。以後長い間札幌市民の足として利用されています。

最盛期には市内の東西南北を結ぶ総延長25km余りの路線を有していたが、乗客の減少や地下鉄の建設などの要因から順次縮小され、現在の西4丁目停留場〜すすきの停留場間が残るのみとなりました。

市電のほか、定山渓鉄道と共に、単に電車と呼ばれることも多く、札幌市交通局の刊行物などでもその表記が見られることがあります。

また今でも停留場は「電車のりば」と案内されています。

これは札幌市内を通る国鉄函館本線の電化が1968年と遅く、汽車や気動車が主力であったことと、市民のあいだには「国鉄」はあくまでも長距離輸送を担う、「鉄道」のイメージが強かったことが関係していると思われます。

路面ディーゼルカーも、「市電」「電車」と呼ばれていました。

現行路線データ
路線距離:8.41km
軌間:1,067mm
停留場:23
複線区間:全線(起終点の停留場部分を除く)
電化方式:直流600V、架空電車線(側柱方式・センターポール方式)

現存路線は、 以下の3路線からなり、多くの電車が直通運転しています。

全区間を総称して「一条・山鼻軌道線」または単に「軌道線」ともいわれています。

一条線(西4丁目停留場〜西15丁目停留場)

山鼻西線(西15丁目停留場〜中央図書館前停留場)

山鼻線(中央図書館前停留場〜すすきの停留場)

2005年度の一日平均乗車人員は2万1438人で、1995年度以来10年ぶりに増加に転じました(前年度比 +5.99%)。

運行に関しては、かつて多くの路線があったころ、多数の系統が存在していたが、現在はほとんどの電車が「西4丁目〜すすきの」の全区間通しで運転されています。

所要時間は約45分。なお、路線縮小前からの名残として、この主系統には系統番号「2」が設定されていたが、1991年3月限りで廃止されています。

このほか、以下の系統が存在します。

西4丁目〜西線16条(主に平日朝ラッシュ時)
通勤・通学客を中心に特に利用客の多い区間である。

西4丁目〜中央図書館前(主に早朝・夜間)

すすきの〜中央図書館前(主に早朝・夜間)
車庫(電車事業所)への回送を兼ねて運転されています。

電車事業所の最寄り駅は「電車事業所前停留場」であるが、出入庫線は隣の中央図書館前停留場に繋がっているため(札幌市電配線図(外部リンク)参照)、「中央図書館前」発着となります。

方向幕は通常「西4丁目←→すすきの」「西4丁目←→西線16条」「中央図書館前」の3種類が使われています(中央図書館前発の電車は「西4丁目←→すすきの」表示)。

他には事故や積雪などで区間運転する場合に表示される終点の停留場名のものや、「貸切」「非営業」などがあります。

日中、9〜17時は概ね7〜8分間隔での運転となっています(2005年12月現在)。

また、平日の朝ラッシュ時は西4丁目〜西線16条間で概ね3分間隔の運転となっています。

起・終点である西4丁目停留場とすすきの停留場は徒歩でも約5分と距離が近いうえ、中途半端に路線が切れているため、不便という声もあり、かつての西4丁目線やさらに東側に路線を新設して環状線にする延伸案が出されています。

また、札幌駅前まで延伸させる案もあります。

停留場一覧

西4丁目停留場 札幌市営地下鉄:南北線 (N07)・東西線 (T09)・東豊線 (H08)(大通駅) 南1条西4丁目

西8丁目停留場 南1条西8丁目

中央区役所前停留場 札幌市営地下鉄:東西線 (T08)(西11丁目駅)
南1条西10丁目

西15丁目停留場 札幌市営地下鉄:東西線 (T07)(西18丁目駅)
南1条西14丁目

西線6条停留場 南6条西14丁目

西線9条旭山公園通停留場 南9条西14丁目

西線11条停留場 2.68 南11条西14丁目

西線14条停留場 3.16 南14条西14丁目

西線16条停留場 3.53 南16条西14丁目

ロープウェイ入口停留場 南19条西14丁目

電車事業所前停留場 南21条西14丁目

中央図書館前停留場 南22条西13丁目

石山通停留場 南22条西11丁目

東屯田通停留場 南22条西9丁目

幌南小学校前停留場 南21条西7丁目

山鼻19条停留場 南19条西7丁目

静修学園前停留場 札幌市営地下鉄:南北線 (N10)(幌平橋駅) 南16条西7丁目

行啓通停留場 南14条西7丁目

中島公園通停留場 南11条西7丁目

山鼻9条停留場 札幌市営地下鉄:南北線 (N09)(中島公園駅) 南9条西7丁目

東本願寺前停留場 南7条西7丁目

資生館小学校前停留場 南4条西6丁目

すすきの停留場 札幌市営地下鉄:南北線 (N08)(すすきの駅)・東豊線 (H09)(豊水すすきの駅) 南4条西4丁目






タグ:札幌市電
posted by アリスト at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌市電
アフィリエイトなら

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。